ANA/JAL 2019年度Q1-3の決算について

 

2020.2.2

 

ANA/JAL 2019年度Q1-3の決算について 

 

両社の発表資料をもとに、2019年度Q1-3連結決算を簡単に比較・概観しました。
(末尾処理の関係で両社の発表値とずれているところもあります。)

 

 

 

1.  売上高と利益; ANA増収、JAL横ばい収入 
           ⇒営業利益は両社とも減益で1200億円規模で並ぶ
 

 

 

① 売上高; 国内旅客は両社ともに増収(特にANA)。

 

国際旅客はANA増収に対し、JALは減収。

 

ANALCC10月末にPeachVanillaを統合)は移行に伴うVanillaの規模減があり減収。
貨物郵便は両社減収、特にANAは大型貨物機を導入(B7772機)
したが大幅減収。
 

 

 

    営業費用; 供給規模(ASK)はANAが国内線+2%、国際線+6%、
        JALは国内+2%、国際は+1%。

 

       両社ともに燃油費が減少(単価減等)の一方で、機材費(新機材増)と

 

       整備費が増加、特にANAの整備費は大幅増。

 

       労務関係費用(人件費、増便に伴う委託費増)も増加。 

 

    営業利益; ANAは減益(▲370億円)の1,197億円(利益率7.6%)、
        JALも減益(▲253億円)の1,202億円(利益率10.6%)。

 

    当期利益(親会社株主帰属分); ANAは▲204億円減益の864億円、
        JALは▲303億円の763億円。
       ANAの当期利益が上回っているのは、ANAに特別利益(補償金等) 
        があり、JALに特別損益(減損処理等)があったことによる。
 

 

 

 

2.2019年度年間見通し; JALは下方修正、利益レベルは同規模

 

 

ANA; 売上高は前年比+317億円の2.09兆円で、営業利益1400億円を見込む。

 

JAL; 国際線の下降を反映して売上高と利益レベルを下方修正した。

 

1.49兆円の売上高で、営業利益はANAと同じの1400億円を見込む。

 

なおANAは前回(上期発表時)に下方修正し、今回はそれで据え置き。 

 

 

《図表1》 連結損益計算書の概要比較

  

3. 国内旅客、国際旅客にかかわる指標の比較;

 

  国内、国際ともにANAが規模で圧倒し、今期の増収幅も大きい

 

     LCC収入も加味した旅客収入規模はANAJALの約1.4

 

 

    国内旅客

 

      両社ともに旅客数と収入が+3%、但し規模の関係でANAの増収幅が大。

 

      搭乗率はJALがかなり高く74%、但し機材の大きさ(平均的にANAが大きい)や機内仕様の差(中間クラスの多いJALは席数が少ない)といった事情の影響もあると考えられる。 

 

 

    国際旅客

 

 ANA増収に対してJALは減収。

 

      ANAは長距離の欧米路線やハワイ線が増、短距離の中国線が減少。

 

      JALは北米路線で増、ハワイ線で大幅減。

 

      搭乗率は両社とも低下、特にJALの低下幅が大きかったものの、絶対値ではなおANAを大きく上回り、81%となっている。 

 

 

《図表2》 旅客にかかわる指標の比較

  

国際線の路線別収入(推定)の比較; ANAはハワイ路線で躍進

 

(概算推定値であり、厳密な実態とは差がある可能性もあります)

 

① 路線別の収入と対前年増減幅(推定値)

 

・ハワイ/グアム路線ではJALが上回っているが、その他は全てANAが上回っている。

 

ANAは中国線では減収ながら、他の路線では増収で、特にハワイ絡みの路線は超大型機(A380)就航の効果で大幅増収となっている。

 

JALは北米線は大幅増収ながら、他の路線では減収となっており、特にハワイ絡みの路線での減収は大きい。

 

② 路線別搭乗率(推定値)

 

JALの搭乗率は総じてANAを上回っているが、ハワイ絡みの路線ではANAJALを大きく上回っている。 大幅な供給席数増に旅客数が伴っているようである。

 

 

《図表3》 国際線の路線別収入(推定額;億円)の比較

 

《図表4》 国際線の路線別収入;前年との増減差額(推定額)の比較

 

《図表5》 国際線の路線別搭乗率(推定値;%)の比較

  

機材数の比較;

 

    当期に入って両社ともに大型化が進行

 

・両社ともに中大型機(B787/B777/A350)が増加、小型機(B737/A320)が減少。

 

 中大型機の割合は、ANA58%、JAL5割を超えた(52)。

 

ANAの貨物専用機は当期に新たに導入された2機の大型機(B777F1機は中型機との入替)を含めて12機となった。

 

ANAはこのほかに傘下LCCが約40機の小型機を有している。 

 

 

《図表6》 機材数の比較

  

財務状況尾の比較;

 

    両社、社債発行で新たな資金を調達

 

JALは現預金拠出で退職給付債務を900億円圧縮

 

ANAの利益剰余金規模はJALに近づきつつある

 

純資産は同規模、株価時価総額(1/31時点)はANAが大きい

 

                 →ANAは純資産の1.1倍、JAL0.87

 

 

《図表7》 貸借対照表の比較

 

以上(Y.A

 

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500