掲載記事検索


JAMRレポート

■2月1日 

 

ANA/JAL 2018年度第3四半期の決算について

 

 

 この度発表されたANAJALの第3四半期連結決算を簡単に比較・概観しました。

JAMRコラム

■お知らせ  

 

首都圏在住の大学生向け北九州ツアーのご案内 

~桜美林大学×スターフライヤー 共同プロジェクト 

 

当該ツアーは、当研究所主席研究員、丹治隆桜美林大学教授のゼミより発案・企画されたツアー

です。 

日程 往路:227日(水)SFJ73便 / 復路:228日(木)SFJ90便

 

詳細はこちらからご確認ください。 スターフライヤープレスリリース1.28

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=47997&code=9206

■1月6日 

 

 “誰もが客室乗務員・グランドスタッフになれる” 2019年の採用

 

(来年からの就職協定廃止の影響で今年のCAGS就職戦線は混乱?)

 

                   

                     主席研究員 光岡寿之

CAPA分析特別号

■2月23日 特別号⑥ NEW!

 

 

2019CAPA航空業界見通し:流通の進化(革命)が加速

 

04-Feb-20192

 

 

■2月3日 特別号⑤ 

 

 

アジア太平洋のLCC:確実に市場占有率を獲得した20年間

 

 

 

 

17-Jan-2019

 

  ■1月22日 特別号④ 

 

 

 2019年アフリカ航空業界の見通し:変化は空中にあり

 

©エチオピア航空

 

15-Jan-2019

■1月20日 特別号③ 

 

 

2019年、中東航空業界の見通し:サウジアが均衡を破る

 

 

 

 

 

14-Jan-2019

■1月7日 特別号② 

 

 

 

2019年欧州航空業界の見通し:持てる者対もたざる者

 

 

 

29-Dec-2018

1月6日  特別号① 

 

 

北米航空業界の見通し:2019(初頭)は楽観論が支配

 

 

 

 

22-Dec-2018

CAPA分析 最新HEADLINES

■2月17日 NEW! 

 

CAPA分析。毎週アジア太平洋を中心に、その序章部分をご紹介します。今週、アジア太平洋からは、デリーの新空港計画、ミャンマーのエアライン統合の動き、ベトナムの空港の国際化、大洋州から豪州クイーンズランドにアジア便が急成長、米州からはブランド運賃の動き、ジェットプルーとスピリットの収入創出策、デンバー空港好調、欧州からはBrexitを控えて北大西洋のJVの審査の行方は、ノルウエーエアのSWOT分析、ウクライナが欧州-アジアのハブになりたいと願う、そして低コストエアラインへの航空機リースの隆盛、などなどの話題をCAPAアナリストが分析して居ます。またCAPAの世界LCCサミットの告知もご覧ください。(T.A) 

 

  1. ベトナムの空港
       :エアアジアと共にカントーが国際線のトレンドに参入
  2. ウクライナ、欧州ーアジア間の航空ハブを熱望
       =
    LCCを誘致
  3. 世界LCCサミット
       :CAPAの「LCC15年」イベント於シンガポール
  4. デンバー国際空港
       :目覚ましい成長と将来計画
  5. ノルウエーエアのSWOT分析
       :革新的だが拡大し過ぎて居る
  6. 北大西洋エアラインの共同事業
       :規制の脚光を浴びる中で
  7. ジェットブルーとスピリット
       :目の前にぶら下がった果実を利用して付帯収入を引き上げる
  8. クイーンズランド航空事情
       :急速なアジアの成長、ブリスベーンに
    7
  9. ブランド運賃
       :米国の付加価値ハイブリッドエアライン、ベーシックエコノミーを発展させる
  10. 低コストエアラインへの融資を惹きつける
       :リースは楽し
  11. ミャンマーの航空事情:統合の時が来た
       ;
    MAIとエアKBZが拡大
  12. デリー新空港
      :建設開始へ、2022年開港予定

■2月10日  

  1. 英国-中国間航空事情
       :英国航空、中国南方とのコードシェア拡大
  2. 欧州のエアライン
       :「同じブランド、違うオペレーター」モデルが伸びて居る
  3. CAPAインドの航空と空港サミットそして見通し
  4. シアトル-アジア間航空ブーム
       :アジアの主要プレミアムエアラインが拡大
  5. 欧州エアライングループ、2018年ランキング
       :ルフトハンザグループが依然トップ
  6. 2019CAPA航空業界見通し
       :流通の進化(革命)が加速
  7. メキシコシティー
       :新空港無し、本当の代替案無し
  8. ライオングループ保有機群
       :航空機の納入を遅らせる、良い戦略
  9. デルタ航空
       :
    細分化運賃提供のため販売チャネルを進化させる

フォーカスライトJapan       海外事情

 

 最新の海外事情は こちらから 

 

 

                                               ■2月16日 NEW!

 

この号では、航空流通とホテル流通の面白いニュースがありました。 

 

2030年の航空会社流通 Part 1」は、少々長い読みものですが、Part 1なので、”2030年の予測としながらも、現在の航空会社の流通をわかりやすく解説しています。部分部分には、旅行業界全般にも共通した流通の問題が発見されます。Part 2以降は、次号に掲載します。

            

■2018年11月28日  好評発売中!

 

「日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 2018年12月4日販売開始

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/ 

  

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500 

 

日本のオンライン旅行市場第4版PRESS RELEASE.pdf
PDFファイル 579.0 KB

■2018年4月2日         

 

TD勉強会のサイトをリニューワルしました

e-tdb-world.wixsite.com/index  をご覧ください。 

このサイトに掲載した「海外事情」のニュースの全てを閲覧することができます

 

      閲覧には、以下の手順により会員登録が必要です。

            ステップ 1) 「お問い合わせ」ページより、会員情報を登録

            ステップ 2) 「ログイン/会員登録」→「新規登録」より、

                                Wixアカウント(メルアドと任意のパスワード)を登録

 

旅の写真カフェ

業務内容

 
 

  執筆・著作

  
  

  調査・分析 

 

 

    講演・講座


   CAPA総代理店

 

 

 

  その他:

 

  航空関連翻訳 など


TD(旅行流通)勉強会

旅行流通に関する世界のニュース

 

■2月16日

この号では、航空流通とホテル流通の面白いニュースがありました。 

 

2030年の航空会社流通 Part 1」は、少々長い読みものですが、Part 1なので、”2030年の予測としながらも、現在の航空会社の流通をわかりやすく解説しています。部分部分には、旅行業界全般にも共通した流通の問題が発見されます。Part 2以降は、次号に掲載します。