掲載記事検索


JAMRレポート

■11月6日 NEW!

 

 

この度発表されたANAJALの連結決算数値を簡単に比較した。

 

ANAは事業規模でJALを一段と引き離し、営業利益でも逆転してJALを上回った。

 

収益性向上の余地はANAが大きく、今後2社の差は更に拡大するとの方向性を鮮明に示唆するような結果といえるのではないか。

 

 

JAMRコラム

■11月10日 NEW!

 

東洋経済ONLINE(11月10日号)へ 当研究所/風間主席研究員がパイロット問題について寄稿しています。是非ご一読ください。

 

http://toyokeizai.net/articles/-/196676

 

「日本の空を覆い始めたパイロット不足の難場 今の養成スタイルでは需要を埋めきれない」

 

Business Journal  

航空経営研究所「航空業界の“眺め”」第16回 

 

9月13日  掲載

巨象中東航空3社を待ち受けるのは過酷な運命、・・・欧米大手、容赦ない全面戦争発動か?

                                  副所長 牛場 春夫

 

この原稿は、ビジネスジャーナル(9.13http://biz-journal.jp/2017/09/post_20557.html) 

 の下原稿となったものです。

 

 

Business Journal  

航空経営研究所「航空業界の“眺め”」第15 

 

9月14日  

 

ヨーロッパ大手航空会社の憂鬱、長距離国際路線でもLCCとの必死の攻防

~将来は日本にも波及するのか?~

                             

                             主席研究員 橋本 安男

 

 

この原稿は、ビジネスジャーナル(8.4http://biz-journal.jp/2017/08/post_20176.html 

米国便、JALとANAの牙城存続の危機か…LCC、長距離国際線参入で大手の脅威に) の下原稿となったものです。

 

CAPA分析特別号

■11月1日 特別号⑦ NEW!

 

エアアジアジャパン・マークII、2017年10月29日開業

を計画
   =日本最初の主要独立LCCに

 

24-Oct-2017

 

 エアアジアジャパン・マークⅠ

 

■10月20日 特別号⑥ 

 

 

欧州-日本間エアライン市場:反競争的共同事業が懸念
      =供給総量の81%を3グループが占める

 

05-Sep-2017

 


CAPA分析 最新HEADLINES

■11月19日 NEW!

 

CAPA分析。毎週アジア太平洋を中心に、その序章部分をご紹介します。今週は、まずアジアから、キャセイ航空はカタール航空の10%買収でどう変わるか、エアアジアXのロンドン線再開を遅らせる保有機材計画、香港エクスプレスのSWOT分析、アシアナの財政危機、ベトナムの航空業界事情、米州からデルタの機材発注を巡るメーカーの動き、そして空港での手続きを進化させるテクノロジーについてなど、様々な話題をCAPAアナリストが分析して居ます。(T.A)

 

 

  1. ボーイングの競争力衰えず、デルタの商談を巡り
      =ボンバルディアとの受注争いで
  2. ベトナム国内線市場:拡大は鈍化
          =ベトナム航空が市場占有率をベトジェットから奪還する中で
  3. アシアナ航空、リストラが緊急性を帯びる
      =負債が嵩み、投資家の信頼を失う
  4. 空港の科学技術ー旅客は何を求めるか
      =空港手続きのより大きな人間管理
  5. 香港エクスプレスSWOT
      :コスト基準、定時性そしてHNAの戦略内に居場所を探す事に再度注目
  6. エアアジアX、A330neoの退潮でロンドン復便を更に遅らせる
      =ceoをより多く使うべく保有機群計画を調整
  7. キャセイパシフィック:カタール航空が10%を取得するも、現状維持が圧倒
      =中国国際航空は長期に亘る提携社

11月13日 

 

  1. スピリット航空、2017年供給の氾濫に直面
      =実収単価が圧力を受け続ける中で
  2. 「開かれた公平な空への連合は、カタール航空CEOの「今年の人」賞受賞に物申す」
      =CAPAは答える
  3. 米国の世界的エアライン、2018年にコストの逆風を相殺するために熱く戦う
      =2017年のコスト高騰の後で
  4. ユーロウイングズのケルン/ボン-ケープタウン線開設
      =欧州-アフリカ乗継利便の向上を示す
  5. エアアジア、ベトナム航空、そしてアクバル・アルバーキル
      =CAPA航空優秀賞受賞の顔ぶれ
  6. サウスウエスト航空、達成可能を確信
      =2018年にプラスのRASMとゼロコスト上昇
  7. シンガポール航空A380:座席密度向上
      =新たな客室商品は、保有機の収益性を改善
  8. アメリカン航空、2018年のASM拡大でライバル・デルタに追従
      =第4四半期のRASM上昇で

フォーカスライトJapan

 

   海外事情」   NEW!

 

         ■11月12日更新しました。     

 

        好評発売中!

 

フォーカスライトJapanは、2015年度の日本のオンライン旅行市場(旅行商品のオンライン販売)の規模・トレンド・特徴を調査し、このたび「日本のオンライン旅行市場調査 第3版」を出版しました。

 

BookWay書店 

https://bookway.jp/bookway/

      にてオンライン販売をしています。

 

発刊日 2016年11月


旅の写真カフェ

■10月30日

 

旅物語 第21回 「北八ヶ岳/八千穂高原・白駒池の秋」

 

20179月初旬 「妙高高原」 夏の「ダリア」と秋の「コスモス」


妙高高原から望む「野尻湖」


業務内容

 
 

  執筆・著作

  
  

  調査・分析 

 

  
  

  講義・セミナー


  
  

 

 

  

 

 CAPA日本総代理店

 

 

  航空関連資料翻訳

 

 

 

 その他、航空に関すること

 


世界の航空及びツーリズム最新ニュース

 最新ニュースはこちらからご覧

 頂けます。

 

 

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版      

 

KLM - Bluey The Wellness Centre