掲載記事検索

JAMRレポート


5月17日 NEW! 

 

スターフライヤーの2018年度決算 

国際線の運営が課題!   

 

先週発表されたスターフライヤー(SFJ)の業績は、増収ながら営業利益は半減だった。 

国際線の赤字に足を引っ張られた形になっている。 

ここではSFJの国際線黒字化のカギも含めて考察した。

■5月8日 

 

ゴールデンウィークの旅客実績概観 

 

国内航空各社が発表した2019GW4/265/6)の旅客実績を概観した。 

(注)各社数値をまとめた日刊航空の記事をもとにしています。(前年数値は変化率から逆算) 

なおAirAsiaJapanはこれに含まれていない。

 

■4月29日 

 

ANA/JAL 2018年度の決算について

  

 

この度発表されたANAJAL2018年度連結決算を簡単に比較・概観しました。 

 

マラソン講座:データから読み解いた航空事業

■4月5日   

 

データから読み解いた航空事業 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解き、シリーズで解説してまいります。

                  

第15回から国際旅客概観

 

   ■5月11日   第15回:国際旅客概観(1)~需要推移~

 

       ■5月15日 第16回:国際旅客概観(2)~需要の日外人内訳

 

       ■5月17日 第17回:国際旅客概観(3)~発着空港でみた旅客数~

 

       ■5月19日  第18回:国際旅客概観(4)~本邦会社の旅客数~

 

       ■5月21日  第19回:国際旅客概観(5)~本邦会社の内訳~

JAMRコラム

■4月22日 

 

 

 737MAX事故と航空機開発

                                                  

 

                                主席研究員 稲垣秀夫

 

■1月6日 

 

 “誰もが客室乗務員・グランドスタッフになれる” 2019年の採用

 

(来年からの就職協定廃止の影響で今年のCAGS就職戦線は混乱?)

 

                   

             主席研究員 光岡寿之

CAPA分析特別号

■5月5日 特別号⑧ NEW!

 

 

  ユナイテッド航空とエクスペディア:ユナイテッドの大詰めは不明 

 

 

 

23-Apr-2019

 

   ■4月10日 特別号⑦  

  

 

   ジップエア:JALの防御的動き、エアアジアXが日本で拡大する中で

 

 

     出典;ジップエアHP

21-Mar-2019

CAPA分析 最新HEADLINES

5月19日 NEW!

 

 

CAPA分析。毎週アジア太平洋を中心に、その序章部分をご紹介します。今週は、アジア太平洋からは熊本空港民営化コンソーシャムの状況、豪州=タイ間航空市場の情勢、大洋州からメルボルン・タラマリン空港の現状、パキスタン空域の閉鎖でインド=中央アジア間に影響、米州からロサンゼルス郊外オンタリオ空港の話題、ミネソタのサンカントリー航空の現況、カナダのウエストジェットの身売りの行方、欧州からはエーゲ航空グループの活況、マンチェスター空港の状況、ベルリンテーゲル空港の戦略、などの話題をCAPAアナリストが分析して居ます。また、5月24日メルボルン、6月3日ソウルでの二つのCAPAサミットの告知もご覧ください。(T.A)

  1. メルボルン・タラマリン空港の異常な10年
       ;今や成長は鈍化
  2. ウエストジェットとオネックス、新しい民営化のトレンドか?
  3. CAPAメルボルン航空と業務渡航サミット
  4. 熊本空港民営化
       :ANA、JALがコンソーシャムに参加
  5. CAPAのIATA後サミット於ソウルでCEO達に会おう
  6. 豪州-タイ航空市場
       :エアアジアが間隙を埋める
  7. ベルリン/テーゲル
       :イージージェットの運航が空港を甦らせるが、時間が必要
  8. マンチェスター空港、英国第3位の空港、モナークの退場を払いのける
  9. ミネアポリスのサンカントリー航空、新たな商機を創り出す
  10. パキスタン空域閉鎖
       :インド=中央アジア間市場に大きな影響
  11. SWOT分析
       :エーゲ航空グループ、ギリシャのレジェンド
  12. ロサンゼルス郊外オンタリオ空港
       :新たな国際線便、好転の見通し

 

■5月12日 

  1.  エアフランス-KLM対TAPポルトガル航空、フォルタレザにて
  2. 長距離LCC狭胴機
            :エアアラビア、ジャジーラ航空が仲間入
  3. ルフトハンザとコンドル、鶴のロゴを再結成か
  4. 米国の空港
            :2020年大統領選が曇らせる新たな2兆ドル資金計画
  5. 米国エアラインのNPS:デルタ、アラスカ、ジェットブルー
  6. カナダの超LCC
            :フレアとスウープ、成長目標を追及
  7. チリのLCC、ジェットスマート、スカイ、ラテンアメリカに羽根を広げる


フォーカスライトJapan       海外事情

 

 最新の海外事情は こちらから 

 

 

                                               ■5月13日  NEW!                                                         

      

                               41526日までの主要海外旅行ニュースをお届けします。

 

■2018年11月28日  好評発売中!

 

「日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 2018年12月4日販売開始

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/ 

  

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500 

 

日本のオンライン旅行市場第4版PRESS RELEASE.pdf
PDFファイル 579.0 KB

旅の写真カフェ


 

根津神社ツツジ遠景           ツツジ赤色                    谷中界隈ツツジ薄紫     ツツジ薄紫

 

業務内容

 
 

  執筆・著作

  
  

  調査・分析 

 

    講演・講座


   CAPA総代理店

 

 

 

  その他:

 

  航空関連翻訳 など


■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。