掲載記事検索


JAMRレポート

■11月13日 

 

中国主要3社の最近の客況と業績

9月;国内線は回復著しく、前年を上回る

Q3;収支は改善、中国南方航空は黒字計上

 

■11月8日 

 

 米国LCC4社の収益力と財務力は?

SouthwestAlaskaJetblueSpritQ3実績

 

米国主要3社に次ぐ、サウスウエスト等4社(注1)第3四半期(19月)決算について、収益力・財務力の視点で比較整理しました。 

先(1023日)にレポートした「米国主要3社(DL/UA/AA)の収益力と財務力と合わせてご覧頂くことで、コロナの影響を大きく受けている米国航空会社の現在の様子が理解できると思います。

■11月2日 

 

ANA/JAL 2020年度上期決算を比較・解説する

~ 課題は資金 ~

 

この度発表されたANAJALの連結決算を比較し、課題と思われる点について述べたい。

なお「解説」は筆者の見解です。

  (内容) 1.上期の収益性比較

               2.上期の財務状況比較

             3.下期と通年の収支予想 

             4.下期の資金予想

■10月30日 

 

国内線の復便状況-11月

ANA vs JALは? Peach vs Jetstar-Jは?

■10月29日 

タイの航空市場;構造と現状(2) 

 

国内線、プーケット空港の旅客市場構造、そしてタイ航空旅客市場の現況。

10月27日 

タイの航空市場;構造と現状(1

 

今回はタイの航空旅客市場の構造と現在の状況について2回に分けて概観します。

 概観とバンコク2空港(スワンナブーム/ドンムアン)における国際線旅客市場の構造。

■10月23日 

 

米国主要3社の収益力と財務力をみる
2020年第3四半期(19月)

 

■10月22日 

 

英国航空市場の構造と現状(2)

 

 後半の今回は国内線、国際線の構造をもう少し掘り下げ、そのあとコロナの影響を受けている現況について述べます。

■10月20日 

 

英国航空市場の構造と現状(1

 

コロナは欧州の航空市場にも甚大な影響をもたらしていますが、今回は英国に注目し、その市場の構造と現在の状況について2回に分けて概観します。

CAPA分析特別号

■11月24日 CAPA分析特別号㉒ NEW!

 

ANAとJAL:広胴機LCC、国際線サービスを広げる

 

23-Nov-2020

■10月26日 CAPA分析特別号㉑ 

 

CAPA Live:東南アジアの航空旅行市場、失速

  

22-Oct-2020

■10月12日 CAPA分析特別号⑳ 

 

航空貨物の好況、エアラインの旅客収入の低迷を相殺できず

 

06-Oct-2020

CAPA分析 最新HEADLINES

■11月22日 NEW!

 

CAPA分析。毎週アジア太平洋を中心に、その序章部分をご紹介します。今週も、長引くコロナ危機、第2、第3波の襲来の厳しい影響と、ワクチン開発成功のニュース後の希望の光と展望、そして以前からの空港の動きと、11/11のオンラインイベント「CAPA Live11月版」でのCEOたちの話が中心となって居ます。アジアからは無し、大洋州からは豪州国内線のエアライン回復は州境の開放から、創立100年のカンタス前CEOの展望、米州からは北米エアラインが集中で貨物が流行に、コロンビアが本拠のアビアンカの難しい選択、欧州からは、ハンガリーのウイズエアが供給回復減速だがNOOPでもキャッシュは2年間もつ!、欧州エアライン供給は再た下落も楽観論広がる、欧州LCCはFSCより上手に危機を乗り切る、KLMのCEOが航空業界回復には乱高下を覚悟、ブダペストのフランツ・リスト空港の民営化の行方は、などの話題をCAPAアナリストが分析して居ます。また、世界の空港の財政について分析記事と、11月11日~13日開催の世界空港開発会議の報告があります。(T.A)

 

  1. ブダペスト空港のコンソーシアム入札;見た目以上に政治的?
  2. GAD-世界空港開発会議2020年レビュー第2部
  3. CAPA Live:KLMのCEO、航空業界の乱高下する回復を覚悟
  4. カンタス創業100年の展望:ジョン・ウォード前CEO
  5. 欧州のLCC各社、伝統的エアラインのライバル達より上手く危機を漕ぎ抜ける
  6. 州境の決断、豪州国内線エアラインの回復を支配する
  7. 欧州のエアラインの供給が再び落ちる、然し楽観論広がる
  8. CAPA Live:アビアンカ、長期的な成功のための難しい選択
  9. 貨物、再び流行に=北米エアラインにとって
  10. GAD-世界空港開発会議レポート第1部 
  11. ウイズエア、供給回復を減速、キャッシュに護られて
  12. 空港の財政:2020年9月30日までの3/9カ月概観

■11月15日 

 

  1. エアライン地点間旅行が流行;ハブが力を取り戻す
  2. CAPA Live:ヴァージン・アトランティックCEO、生き残りを確信、収益への道を示す
  3. 現実と向き合う時:CAPA2030年の航空業界を見つめる=今日(CAPA Live11月編)
  4. 欧州の航空業界、更に後れを取る。ワクチンのニュースに希望が湧く
  5. 航空業界のパンデミックの勝者と敗者:CAPA Live、11月11日
  6. 小規模でエアライン1社のみのフロリダの空港、プンタ・ゴルダ、リース/P3を目指す可能性
  7. ロシアの航空業界、回復力を示す;国内旅行に支えられて
  8. パリCDG空港、今や欧州で最も忙しい空港=ロンドン・ヒースローを抜いて
  9. バイデン 政権と航空業界。11月11日のCAPA Liveを観よ 

フォーカスライトJapan       海外事情・旅行流通最新号

■11月25日 NEW!  

海外事情・旅行流通 11月16日号 

 

 SoftBank Vision FundSVF)が、欧州のマイクロモビリティブランドであるTier25,000万ドルの投資ラウンドを主導した記事が「20. 119日の週の資金調達」に掲載されている。今年の海外事情におけるソフトバンクの旅行関連投資については、中国配車サービス滴滴に5億ドル(629日号(2))、米カーシェアーGetaround14,000万ドル(1026日号)、T&A OTAGetYourGuide(ドイツ)に11,400万ユーロ(112日号)の記事が見つかる。Wikipediaに掲載されているSVFの主な関連投資のうちの旅行関連では、配車サービスGrab(シンガポール)、バジェットホテルOYO(インド)、配車サービスUber(米)、T&A OTA Klook(香港)が並ぶ。この他にもソフトバンクグループが、今年6月、モビリティスーパーアプリSplyt(英)のシリーズBラウンド19.5百万ドルを主導している。

ソフトバンク グループは、特定の分野において優れたテクノロジーやビジネスモデルを持つ多様な企業群に投資する「群戦略」をグループの成長戦略にしている。旅行に対するこれらの投資、すなわち“旅行群戦略”投資は、COVID-19終息後の金の卵になるか。「12. アジアでトラベルテック回復、他地域リード」は、アジアの旅行とモビリティーのテクノロジーが世界をリードすると予想し、KlookGrabの提携などのコラボが中長期的には多くなると言っている。KlookGrabもソフトバンクの投資先だ。

ソフトバンクの投資は、WeWork投資、TikTok米大統領売却命令、アリペイ上場中止に振り回されている。このうちWeWorkは、最近のリモートワークの増加で業績回復、2021年に黒字化してIPOを検討するという。

 

COVID-19といえば、ワクチン開発成功のニュースを受けて欧米市場で旅行関連企業の株価が急騰した。「7. ワクチン開発、政府規制緩和が市場回復促進」は、『201912月の発生以来、間違いなく最初の真にポジティブなニュース』と喜ぶ。そして、このパンデミックによる甚大な影響が、事業の“リセット”の重要な機会でもあると言っている。

ワクチン開発のニュースの一方で、感染拡大が止まらず欧州の一部都市では再びロックダウンが開始された。そのためか、株式市場の過剰な反応に注意呼びかける投資家も少なくない。急落有り・・・と警鐘を鳴らしているようだ。米FRB議長は、米国景気回復は2021年末までかかると予想する。

 

この他、「10. オンライン旅行プラットフォーム、ゲートキーパー規制要求」が、欧州委員会のデジタル経済新規制の動きを伝える。海外事情1026日号のいくつかの記事が伝えた米司法省のGoogle提訴の記事と比較すると、欧州サイドの規制の方が断然に厳しい。この問題を担当している欧州競争監視当局の幹部は『最大のゲートキーパーは、我々の自由、機会、さらには民主主義さえも脅かしている。したがって、世界最大のゲートキーパーにとって、状況は変化しなければならない。彼らは我々の安全と機会に与える影響について、より多くの責任を負わなければならないだろう』と断固たる決意を述べる。

もっとも米司法省が起こした裁判の行方も、民主党新大統領に変われば様相が変わったものになる可能性が強いのではないだろうか。

(編集人) 

 

目次

1. (TJ) スカイスキャー、COVID-19保険開発

2. マリオット業績回復、中国市場がリード

3. 2021年のホット25スタータップ                  11/9週 閲覧第1

4. 新興企業ステージ:Float

5. ホテルのファンネルトップデータ利用

6. 旅行イノベーションのデジタルと持続可能性トレンド

7. ワクチン開発、政府規制緩和が市場回復促進   11/9週 閲覧第2

8. リフト 第3四半期 前期比47%改善

9. Lastminute.com Group夏需要旺盛なるも通期55%減収

10. オンライン旅行プラットフォーム、ゲートキーパー規制要求

11. 航空会社のAI装備収入管理                              11/9週 閲覧第4

12. 私の足跡エピソード50Paul Melhus, ToursByLocal

13. アジアでトラベルテック回復、他地域リード

14. VIDEOGoogleダイバーシティー           11/9週 閲覧第3

15. Despegar、メキシコとブラジルで静かな回復

16. トラベルテックショウ

17. 米感謝祭、目的地選択シフト

18. 直言:企業のダイバーシティー(多様性)

19. 収入管理、システムから戦略へ          11/9週 閲覧第5

20. 119日の週の資金調達

Tier25,000万ドル調達

 

旅の写真カフェ

2020年10月1日

「中秋の名月」

2019年10月

箱根・仙石原ススキ

2020年10月2日

「十六夜の満月」

2019年10月

箱根・仙石原ススキ

2019年10月

箱根・仙石原ススキ

2019年10月

箱根・仙石原ススキ


業務内容

  

執筆・著作

 

分析

 

翻訳

 

講演


新宿ブックファースト店のセレンディピティを起こす150冊に選ばれました!

マラソン講座