掲載記事検索

JAMRレポート

    

10月1日 Jetstar-J 2021.6月期は▲200億円の赤字

 

  売上げはコロナ前の1/4、旅客単価は2割低下

    

9月12日 中国LCCの春秋航空、上期黒字化、規模拡大続く

 

  底堅い国内線市場を積極的に捉えて

    

9月4日 ニュージーランド航空の決算(2021.6月期)

 

    ~ 国内線はコロナ前の7割に回復 ~ 

   

9月2日 豪カンタス航空の決算(2021.6月期)

 

    ~ 巨額赤字にリストラで対応 ~ 

  

    7月以前のレポート

  

CAPA分析

CAPA分析特別号

■10月3日 CAPA分析特別号⑰  NEW!

 

裁判所、東南アジアのエアラインの改革を監督

 

14-Sep-2021

 

■9月13日 CAPA分析特別号⑯ 

 

航空業界の生存への脅威はCOVIDでは無いー環境問題だ。

 

07-Sep-2021

 

■8月30日 CAPA分析特別号⑮  

 

ニューヨーク/ラガーディア空港:エアトレイン、廃案の危機に

 

18-Aug-2021

 

■8月11日 CAPA分析特別号⑭  

 

航空旅行:ワクチン接種と信頼感が回復への鍵

 

29-Jul-2021

 

CAPA分析:NEW HEADLINES

■10月17日 NEW!

 

CAPA分析。毎週アジア太平洋を中心に、その序章部分をご紹介します。今週は、アジアからは、エアインディアを予想通りタタ・グループが買収するも新たな問題が、大洋州から、豪州で新規起業する超LCCボンザが国内線運賃戦争に火をつける、米州からは無し、欧州からは、航空業界の今年第4四半期スケジュールを見ると回復が次の段階へ、イスタンブールとモスクワの空港が旅客数で上位独占、また世界のグローバルエアラインは引き続き貨物需要に支えられる、などの話題をCAPAアナリストが分析して居ます。(T.A.)

  1. エアインディアの買収、タタ・グループに新たな課題を齎す
  2. ボーイング対エアバス:納入、受注、そして就航機数が増加
  3. イスタンブールとモスクワの空港、欧州のリーグを主導
  4. 欧州エアラインの2021年第4四半期スケジュール、回復へ次の段階への上昇を指し示す
  5. 貨物、パンデミックからの回復でグローバル・エアライン各社を支え続ける
  6. 豪州の超LCCボンザ、国内線運賃戦争に火を付ける

■10月10日 

  1. フライカーナ、カリブ地域に新たな超LCCの競争を注入 
  2. パンデミック後の大波、アジア太平洋MROの能力を圧迫する可能性 
  3. エアバルティックCEOマルティン・ガウス:多分、2023年IPO後に民営化
  4. 欧州の航空業界、供給の回復は次の上昇段階への勢いを欠く
  5. ベトナム、小規模空港は地方当局が管理としたい
  6. 米国の航空業界:手に負えない米国の航空旅客の振る舞い、引き続き多発
  7. ウルトラエア、コロンビアに新たな超LCC間競争を持込む
  8. 見当違いな「環境保護の姿勢」、ブリストル空港拡張に反対 

■10月3日  

  1. エアニュージーランド、保有機計画で排出ゼロの航空機を目指す 
  2. 英国航空のガトウィック近距離便断念、長距離への疑念を産む
  3. エティハド航空、グループCEOトニー・ダグラス:「良き危機を無駄にするな」
  4. 欧州の航空業界:北大西洋路線、供給回復は高原状態から上昇へ 
  5. CAPA-エンベスト・グローバル分析報告:エアラインの環境保護上の障害 
  6. ウエストジェットCEOエド・シムズ:「これはジェットコースターだ。」 
  7. 仁川空港の30年間の拡張工事、40億ドルの第4期で完了 
  8. 米国の低コストエアライン、パンデミック対策で新路線に集結 

フォーカスライトJapan       海外事情・旅行流通最新号

 

2020年以前の海外事情は、www.e-tdb.comでご覧になれます」

 

 

10月 19日掲載 NEW   全文をお読みになりたい方は ここをクリック

 

TD海外事情 1011日号

 

AirAsiaマレーシアが、大人の搭乗旅客にワクチン接種を求めている(「14. エアアジア、アプリでワクチン接種チェックイン」)。 ニュージーランド航空、カンタス航空、エアカナダも、同様の搭乗制限を計画しているという。

ワクチン接種を嫌っている旅客には、3日以内のPCR検査陰性証明により搭乗を許可するのだろうか?

これは、DISCRIMINATIONにも繋がりかねない難しい問題だ。 AirAsiaは、感染予防に加え同社の従業員を保護するためでもあると言っている。 AirAsia Groupのマレーシアの航空会社だけに限ってこの規則を導入しているところにこの難しさがあるのではないか・・・。

 

搭乗制限の話に加え、この記事から強く印象に残ったのは、コロナパンデミックがトラベルテックを急速に加速させていると言う点である。 AirAsiaは、ワクチン接種証明に加え、同社のスーパーアプリを介してチェックインすることを乗客に要求している。 どこでもかしこでも非接触テクノロジーの導入が急ピッチで進んでいる。

 

人と人との繋がりを基本とする観光に携わる企業が、実際のオペレーションで、

それと矛盾するとも考えられる非接触技術をセッセと導入している。 そしてCOVID感染対策とオペレーションの効率化に励んでいる。 AirAsiaのオンラインチェックインのように、空港旅客部門の無人化がますます進むだろう。 旅行会社のリアルのB&M販売店が無くなって行くように・・・。 新しいテクノロジーが仕事に取って代わってしまい、人間性溢れる“おもてなし” ができなくなってしまったならば、観光業は大変なことになってしまう。

 

19. デジタルファースト、ホスピタリティ人手不足へ対応」は、『2020に展開されたタッチレスのデジタル機能は、当初は安全性と社会的距離の対策に対応していたが、予期しない結果をもたらした。 それは、今日の消費者とより緊密に連携する、より優れたゲストエクスペリエンスと利便性である。 パンデミックは、インターネット以来、私たちの業界で最大のイノベーションの章になる』と言って、そのような懸念を吹っ飛ばす。 観光業に従事する企業は、このトラベルテック主導のニューノーマルに対応したビジネスモデルの構築を迫られている。

 

この他、「12. エアビー、エクスペリエンスへの限定的進出が貢献」が、Airbnb Experiencesは、ツアーやアクティビティ業界にはるかに大きな影響を与えた(ている)と言っている。 地元のホストたちが、熟知している地元のエクスペリエンスを自ら案内するのだから当たり前じゃないか。 これこそが、人のつながりのホスピタリティだと思う。

(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) Trainline、全列車チケットGoogle Mapsに統合

    (TJ) = トラベルジャーナル118日号参照ください

2. 期待される旅行と予約される旅行 ― 現時点の現実

3. Outdoorsy、グーグルクラウドで顧客獲得

4. VIDEO:新人CuddlyNestの事業規模拡大

5. ホテル2021年第4四半期、増収に懸命                       閲覧第1位

6. サイトマインダー、提携者プラグインでホテルダイレクト向上

7. パンデミック、旅行ロイヤルティプログラムには影響せず

8. グローバルOTA、マーケティングMIXで業績回復      閲覧第3

9. 航空会社と旅行会社のための仮想インターライン

10. 休暇旅行再開、マーケターの心得

11. グーグル、航空便検索に排ガスデータ追加

12. エアビー、エクスペリエンスへの限定的進出が貢献      閲覧第4

13. Hotel Engine、短期レンタルプロバイダSonder在庫販売

14. エアアジア、アプリでワクチン接種チェックイン

15. VIDEO:代替宿泊施設における全てで変化                   閲覧第2

16. WATCH:旅行回復、デジタル旅行増収

17. 社説:エアビーの全て成すことが主流となる

18. VIDEORV、代替宿泊施設のニッチな機会

19. デジタルファースト、ホスピタリティ人手不足へ対応

20. 104日の週の資金調達記事

旅の写真カフェ

10月初旬の良く晴れた日に、町田市にある「野津田公園」の”上の原ススキ草地”を訪れました。

秋風にススキがそよいでいました。

ドングリは公園を散歩中に拾ったものです。秋です。





活動内容

 

執筆・著作

 

分析

 

翻訳

 

講演


6月4日

九州で大手系列越え初の共同運航

米ユナイテッド航空、超音速機購入へ