掲載記事検索

JAMRレポート

■8月20日 NEW!

 

 

国内各社2019年夏期繁忙期の旅客実績

 

 

各社が発表した夏期繁忙期間(8/918日)の旅客実績を概観した。
(数値は各社および「日刊航空」による。)

 


■8月6日

 

日韓航空路線の現状

日韓の関係悪化に伴う航空旅客輸送への影響

今年7月に入ってから、輸出管理上の優遇措置撤廃に伴う韓国との関係悪化による、訪日韓国人の急減や就航便の縮小などが伝えられているが、今後の分析に資するために、今回の問題が生ずる直前の日韓の人の往来を整理した。その意味で、今回の分析では数字を見た論評はない。

 

マラソン講座:データから読み解いた航空事業

データから読み解く日本と世界の航空事業

  

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解き、シリーズ26回で解説しています。   

 

 

(内容) JALANALCC・中堅航空会社等日本の航空会社、世界の航空会社 

 

     国内旅客事業、国際旅客事業、貨物事業、空港事業

 

               事業構造・財務構造、業績 など 

 

 

JAMRコラム

■7月19日 

航空経営研究所「航空業界の“眺め”」

Business Journal 第21回

 

エアバス「単通路型」新旅客機に世界中から発注殺到…事故続出のボーイングに圧倒的な差 

https://biz-journal.jp/2019/07/post_110260_3.html

 

                   航空経営研究所主席研究員  橋本安男

 

■7月11日 

航空経営研究所「航空業界の“眺め”

Business Journal  第20回

 

 

ボーイング最新航空機、なぜ鳥の衝突や一部品の故障で墜落事故が多発しているのか?

https://biz-journal.jp/2019/07/post_108341.html

 

                   航空経営研究所主席研究員  稲垣秀夫

CAPA分析特別号

■6月19日 特別号⑨  

 

  

  熊本空港民営化:ANA、JALがコンソーシャムに参加

 

 

 

 

16-May-2019

 

CAPA分析 最新HEADLINES

■8月18日 NEW!

 

 

CAPA分析。毎週アジア太平洋を中心に、その序章部分をご紹介します。今週、アジア太平洋からは日本・北九州の空港民営化について、セブパシフック航空の拡大戦略について、米州からは大西洋横断市場の状況、ボストン・ローガン空港の好調な現況、欧州からはエアライン各社の労使関係について、エアマルタの黒字転換計画、そしてエアラインのストライキというキーワードで過去の記事を紐解くと、また世界経済と航空業界の行く手についてなどをCAPAアナリストが分析して居ます。(T.A)

 

 

  1. セブパシフィック航空
      :大型化が混雑空港マニラで40%の拡大を牽引
  2. エアマルタの黒字転換計画
      :保有機群刷新と路線網の統合
  3. 世界の経済に何が起こっているのか?そして航空界はどこに向かうのか?
  4. エアラインのストライキ
      :収益性との相関関係は?CAPAの研究
  5. 欧州のエアラインの労使関係
      :複数組合は課題
  6. 日本の北九州空港
      :民営化、改善がやって来る
  7. ボストン ローガン空港
      :デルタ、ジェットブルー、出発便毎日200便に近づく
  8. 大西洋横断の航空事情
      :依然不安定、夏場
    に盛り返した後で

 

■8月12日  

 

  1. CAPAエアライン収益見通し
       :下降して軟着陸へ
  2. アジア太平洋のエアラインと労働組合
       :ストライキは他地域に比べて稀
  3. 日本北海道の空港民営化、結論に近づく
  4. 英国航空界の競争力
       :IATAの課題に対応する必要あり
  5. デルタ、アメリカン、ユナイテッド航空、ラテンアメリカの事業が改善
  6. 米国-カナダ国境超え
        :主要エアラインが投資、彼らの計画が見えて来る中で

 

フォーカスライトJapan       海外事情

 

 最新の海外事情は こちらから 

 

 

                                                ■8月16日 NEW! 

 

                             

■2018年11月28日  好評発売中!

 

「日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 2018年12月4日販売開始

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/ 

  

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500 

 

日本のオンライン旅行市場第4版PRESS RELEASE.pdf
PDFファイル 579.0 KB

旅の写真カフェ

業務内容

 
 

  執筆・著作

  
  

  調査・分析 

 

    講演・講座


   CAPA総代理店

 

 

 

  その他:

 

  航空関連翻訳 など


海外事情

毎日、外国の旅行流通ニュースを読んでいると、トラベルテックの急速な変化 に驚かせられると同時に、それが達成する能力や機能のレベルの高さにワクワ クする高揚感を禁じ得ない。 OTA の市場における勢力が勢いを増し始めた 2010 年頃に、伝統的オフライン の旅行会社は無くなってしまうと喧伝されたが、それから20 年近くたった今で もそうなっていない。TTA のヒューマンタッチのサービスは、オンライン専業 のOTA には真似られないというのがその理由だ。しかし近のトラベルテック の凄まじい進化と発展を見ると、この理由は根拠を失いつつあるようだ。旅行 ではパーソナルなエクスペリエンスを提供できた者が勝利者となる。AI(人工 知能)を駆使してビッグデータを分析すれば、パーソナルなエクスペリエンス の提供が可能なると想像するのは間違いではないかもしれない。 すでに、「もの」の世界で Amazon がこれを実現して大きな成功を収めている。 「こと」の世界でも同じようなことが起きるだろう。事実、旅行者のポケット に収まる24/7のパーソナルアシスタントが実用化し始めている。こんなことを、 「12. ホスピタリティー教祖Dave Berks とのQ&A」を読んで考えた。(編集人)