掲載記事検索


JAMRレポート

■1月13日 NEW!

 

活況を呈する航空貨物市場 

収入単価高騰、NCAが躍進

 

 ■1月6日 

 

年末年始の旅客 前年の4割(国内線) 

国際線は1/20PeachJetstar-Jが対照的

 

■12月10日 

スターフライヤーの収支・財務状況(上期実績分析)

コロナ禍でANAへの依存度高まる

 

スターフライヤー(SFJ)の2020年度上期業績を、公表されたデータをもとに分析した。 

コロナの影響で自社販売収入が大幅減となる中で、ANAからのコードシェア(座席販売)収入に大きく依存する結果となった。

■12月8日

国内線上期の実績をひもとく

(大手2社、中堅4社のコロナ禍対応)

 

■11月2日 

 

ANA/JAL 2020年度上期決算を比較・解説する

~ 課題は資金 ~

 

この度発表されたANAJALの連結決算を比較し、課題と思われる点について述べたい。

なお「解説」は筆者の見解です。

  (内容) 1.上期の収益性比較

                 2.上期の財務状況比較

               3.下期と通年の収支予想 

               4.下期の資金予想

JAMRコラム

■1月7日 

Business Journal 

航空経営研究所「航空業界の“眺め”」第25回

 

抽選倍率150倍も…航空、遊覧フライトが活況 ANAは超大型機、JALは星空フライト

 

赤井奉久/航空経営研究所所長

12月21日

Business Journal 

航空経営研究所「航空業界の“眺め”」 第24回

 

ANAJAL、苦境下でLCC推進は無謀か賢策か…欧米路線に就航や傘下に2社設置 

            橋本安男/主席研究員

■1月1日 

 

 

 展望2021:航空業界は正念場、大手2社残すべき=桜美林大・橋本客員教授

 

  1月1日付ロイターの記事に、橋本安男/主席研究員の見解を取り上げて頂いています。

 

CAPA分析特別号

■1月24日 2021年CAPA分析特別号② NEW! 

 

最近のCOVID-19急増、日本の国内線旅行回復を叩き潰す 

 

19-Jan-2021

■1月18日 2021年CAPA分析特別号① NEW!

 

Brexitと航空業界:終わり良ければ全て。ほぼ良し。。。... 

 

07-Jan-2021 

■12月28日 CAPA分析特別号㉔ 

 

 CAPA Live:エアアジア:巨大なデータの商機〜そして。。 

  エアアジアグループCEO:トニー・フェルナンデス講話筆記録


18-Dec-2020

CAPA分析 最新HEADLINES

■1月24日 NEW!

 

CAPA分析。毎週アジア太平洋を中心に、その序章部分をご紹介します。
今週は、アジアからは、日本の緊急事態宣言とエアラインの対応(特別号参照)、中国春秋航空が国内線で拡大、CAPA Liveでのエアアジア.comCEOの話、大洋州から、豪州航空界の最新動向、中東から、カタール航空の貨物が世界No1を維持、米州から、アズール・ブラジル航空の危機戦略、米国超LCCアレージアントエアの強み、メキシコシティー空港はどうなるのか、欧州から、欧州航空業界は供給の冬季雪崩現象悪化へ、などの話題をCAPAアナリストが分析して居ます。そして、空港民営化の動きの2020年の報告と21年への見通しの第2部があります。(T.A)

 

  1. メキシコシティーの空港、集中制御下に入る
  2. 欧州航空の状況:冬季の供給雪崩現象、益々悪化へ
  3. CAPA Live 講演記録:エアアジア.comのディジタルトランスフォーメーション(DX)
  4. 貨物の需要と供給:カタール航空、世界第1位の地位を更に強化
  5. 春秋航空、中国の国内線市場で拡大の大波
  6. 空港民営化2020年報告と2021年見通しー第 2部
  7. しゃっくり効果:豪州、2021年の国際航空を指し示す
  8. 最近のCOVID-19急増、日本の国内線旅行回復を叩き潰す
  9. CAPA Live:アレージアントエア、2021年に向かって強固な弾薬庫を持つ
  10. CAPA Live:アズールブラジル航空、危機にあって多彩な武器を使う 

■1月17日 

 

  1. 欧州エアラインの供給、COVID-19第1波以来最大の落ち込み
  2. 英国航空とイージージェット:英国輸出金融庁の新方式の国家支援
  3. インドの航空業界、変革の後に、より強力に台頭の可能性あり
  4. 空港民営化、2020年の報告と2021年の見通しー第1部
  5. カナダの新たなCOVID検査、2021年の波乱の幕開けを迎える
  6. アレージアントとサンカントリー:パンデミックが中古機の集積を拡大する
  7. ベトナム、ロンタイン空港を起工:大きな野望
  8. アルゼンチンでコーポラシオン・アメリカ・エアポーツ、AA2000の営業権を10年間延長
  9. CAPA展望ー国際線航空旅行、2022年に離陸へ苦闘 

フォーカスライトJapan       海外事情・旅行流通最新号

■1月25日 NEW!   

海外事情・旅行流通 1月18日号 

 

9. IATAトラベルパス」が開発されている。 このような国際統一のクリデンシャルが作られなければ「13. 分散COVID規則、2021年の旅行を不確実にする」のような困った状況になってしまう。 あちこちバラバラでは、いったい何を信頼したら良いのか皆目分からなくなるからだ。

115日付日経夕刊は、「米マイクロソフト、オラクル、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムなどでつくる有志連合は14日、新型コロナウイルスのワクチン接種記録をスマートフォンのアプリで証明できる世界共通の国際電子証明書を開発すると発表した」と伝える。 各国でのワクチン接種の拡大に合わせ、国境間の移動や経済活動の早期再開を促すと書いている。 またユナイテッド航空をはじめ大手航空会社数社は、昨年末からCOVID-19感染陰性を証明するCommonPassアプリを試験している。

 

18. エアアジアのOTAになる野心」は、LCCOTAになると言っている。

インターネットの普及は、産業間の業際の垣根を取り払い、誰でもどんな産業にでも参入する機会を増しているのだから驚くに当たらない。 参入障壁を取り払い、市場経済の一層の民主化に成功しているのだから、LCCOTAを兼業しても全く不思議はない。 航空会社のWebトラフィックは極めて巨大である。 つまりGoogleなどの検索エンジンに依存することなく、パーフォーマンスマーケティングコストがかからないトラフィックを航空会社がもっと利用しない手はない。 AirAsiaは、AirAsia.comプラットフォームの7,500万人の顧客ベースが同社の武器だと言っている。

これは、「3. VIDEO: 繋がる旅行とは」の“コネクテッドトラベル”の通り、タビマエ→タビナカ→タビアトを一気通貫にシームレスに繋げる戦略だ。

 

(経済の一層の民主化と書いたが、現実はGAFAの一人勝ちで民主化どころか独占に近い状況が生まれはじめ、富の偏在による格差が拡大しているという大きな問題も露呈している。世界の競争法監視当局による是正に期待したい。)

 

そしてこの「18」の記事は、インドネシアのTravelokaOTAの取扱商品を拡大し、GojekOTA進出を狙っているようだと言っている。 というよりも、彼らはアジアで流行りのスーパーアプリの開発を狙っているのだろうか。 そのスーパーアプリだって、アジアの巨大な旅行市場で、COVID-19後のニュ―ノーマルを睨んで、タビマエ→タビナカ→タビアトの全てのモーメントでトラベルサービスをシームレスに繋げようとしている。 ニンブルでアジャイルな旅行のプレイヤーたちがスタータップを含めて準備中だ。

 

このようなアジアの旅行業界の最近を見るにつれ、未だにインターネット以前の古い規制で動かされている市場は、経済のグローバル化が進展した現在、否応無しにこれらの新進気鋭で革新的な海外資本に淘汰されてしまうだろう。 イノベーションを拒む規制は、掛け声だけでなく “岩盤規制打破”の果敢な実行が必要だ。 118日付のトラベルビジョンは、「【コラム】業法改正待った無し!ポストコロナ・グローバル競争に対応出来る業法改正に声をあげよう」で、テレワークが旅行業法違反になる可能性があり、営業委託契約や業務委託契約(所謂「ソリスター」)についても現行法に照らすとグレーな部分が多いという。これでは、米国で増加している、旅行業のインデペンデント・コントラクターやホームベースエージェント(在宅旅行業エージェント)の制度を日本には持ち込めないこととなってしまう。(編集人)

 

 

目次

1. (TJ) ジェットブルー、競争法裁判

2. (TJ) トリアド、社会的距離旅行支援ツールをテスト

3. VIDEO: 繋がる旅行とは

4. 2021年の8つの出張旅行リスク        11日の週 第1位閲覧記事

5. フォカスライトの「ミーティングとイベント」発表

6. パンデミック後のT&A

7. ホスピタリティー現場、多様性にサイロ打破必要

                                                        11日の週 第4位閲覧記事

8. Hot 25スタータップ2021

9. IATAトラベルパス

10. TravelPerkNexTravel買収

11. VIDEO: 持続可能ツーリズムのテック 11日の週 第3位閲覧記事

12. トリバゴ、Weekend.com買収

13. 分散COVID規則、2021年の旅行を不確実にする

                                                        11日の週 第5位閲覧記事

14. 2021年の法人旅行のデジタル見通し

15. Fetch.aiAIトラベルエージェント立ち上げ

16. 後払いのAffirm、時価総額240億ドル

17. 直言:ベンチャキャピタル、ダイバーシティーの投資遅れ

18. エアアジアのOTAになる野心        11日の週 第2位閲覧記事

19. 111日の週の資金調達記事

 

 

 

旅の写真カフェ

山中湖から見る富士山 2019年元旦

山中湖に映る「逆さ富士」 2018年元旦

山中湖から見る初日の出の「赤富士」

2018年元旦


業務内容

  

執筆・著作

 

分析

 

翻訳

 

講演


新宿ブックファースト店のセレンディピティを起こす150冊に選ばれました!

各国航空会社のコロナ禍への対応

マラソン講座