掲載記事検索


マラソン講座:データから読み解いた航空事業

■4月5日 NEW!   

 

データから読み解いた航空事業 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解き、シリーズで解説してまいります。 

 

           1回:日本の航空会社の系譜を示した図表

 

                                                     ■4月6日 第2回:国内航空会社の系譜(概説)

                                           

                                                    ■4月8日 第3回:国内旅客の概観(1)                             


                                                     ■4月9日 第4回:国内旅客の概観(2)
                              

                                                    ■4月11日 第5回:国内旅客の概観(3)会社別にみると                              

 

                                                  ■4月15日 第6回:国内旅客の概観(4) 

                                                                                        

                                                    ■4月16日 第7回:国内旅客の概観(5)市場別にみると                       

 

                                                   ■4月19日 第8回:国内旅客の概観(6)
                              

JAMRコラム

■1月6日 

 

 “誰もが客室乗務員・グランドスタッフになれる” 2019年の採用

 

(来年からの就職協定廃止の影響で今年のCAGS就職戦線は混乱?)

 

                   

                     主席研究員 光岡寿之

CAPA分析特別号

   ■4月10日 特別号⑦  NEW! 

  

 

   ジップエア:JALの防御的動き、エアアジアXが日本で拡大する中で

 

 

     出典;ジップエアHP

21-Mar-2019

CAPA分析 最新HEADLINES

■4月21日 NEW!  

 

CAPA分析。毎週アジア太平洋を中心に、その序章部分をご紹介します。今週は、アジア太平洋からは無し。中東アフリカからは両地区のLCCの現状と将来、米州からは大西洋航路のジェットブルーの現状、米国の新規起業エアラインの行方、そして欧州から、ロシアのエアライン統合、アイスランドからWOWエア破綻とケプラヴィーク空港の2本、欧州の主要航空市場の実績、英国の空港とフライビーの現状、そしてアフリカ沖カーボベルデで空港コンセッションの動きなどの話題をCAPAアナリストが分析して居ます。(T.A)

 

  1. 英国の空港:フライビーのリストラ
        :域内やその他の空港に衝撃
  2. ケープベルデ諸島
        :政府は空港にコンセッションを募集
  3. ケプラヴィーク空港
              :WOWエアの破綻、そしてアイスランドエアはこれから何処へ
  4. 欧州の主導的航空市場
              :イタリアとアリタリアが期待に応えず
  5. 米国の新規起業エアライン
              :モクシーとエクストラ、新たな競争の火花を狙う

  6. アイスランドのエアライン
              :WOWエア、膨張し過ぎて破裂

  7. ロシアのエアライン統合、高原 状態に至る
  8. 大西洋線のジェットブルー
              :A321LRとミントを使って共同事業を活用
  9. 中東とアフリカのLCC
               :巨大な成長の機会、だが障害も

 

■4月14日 

 

  1. 突如、中東の航空業界が無風状態に
        ;アフリカも再び失速しつつある
  2. コロンビアのエアライン
        :成長を利用しようと努力して居る
  3. ロンドン・ガトウイック空港
        :BAとノルウエーエアが広胴機の拡大を牽引
  4. 北アジアLCC市場の24社のLCC、そして活発な新規起業組
  5. レベル、アムステルダム空港に参入
        =ブエリングの犠牲のもとに
  6. ブラジルの航空業界見通し
        :積極的なトレンド、そしてアズールは、依然日和見的

 

フォーカスライトJapan       海外事情

 

 最新の海外事情は こちらから 

 

 

                                               ■4月16日  NEW!          

                                                          

 

「オフラインの世界に戻る Part 4(最終回)ハイテック対ハイタッチ ホテル」が、H.I.S.の「変なホテル」とForbes 5つ「Boston Harbor Hotel」の極端な2つのケースを比較していて面白い。宿泊業界は、ハイテックで割安なホテルと、高価であるがそれに見合う人的サービスを提供するホテルの2つのセグメントに別れるのだろう。航空業界におけるLCCFSAの違いと似通った話なのかもしれない。それにしても、Boston Harborの徹底したCRMは物凄い。

 

しかし宿泊施設では、これにホームシェアー(private lodgingとかalternative lodging facilityとも呼ばれている)の新経済が加わる

                    など盛りだくさんの内容でお届けします。

 

■2018年11月28日  好評発売中!

 

「日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 2018年12月4日販売開始

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/ 

  

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500 

 

日本のオンライン旅行市場第4版PRESS RELEASE.pdf
PDFファイル 579.0 KB

旅の写真カフェ

千鳥ヶ淵お堀 (20193月末)

千鳥ヶ淵歩道 (20193月末)

国立劇場前  (20193月末)

千鳥ヶ淵お堀 (20193月末)

国立劇場前  (20193月末)


業務内容

 
 

  執筆・著作

  
  

  調査・分析 

 

 

    講演・講座


   CAPA総代理店

 

 

 

  その他:

 

  航空関連翻訳 など


■4月5日 NEW!

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

TD(旅行流通)勉強会

旅行流通に関する世界のニュース

 

■4月16日  NEW! 

 

「オフラインの世界に戻る Part 4(最終回)ハイテック対ハイタッチ ホテル」が、H.I.S.の「変なホテル」とForbes 5つ「Boston Harbor Hotel」の極端な2つのケースを比較していて面白い。宿泊業界は、ハイテックで割安なホテルと、高価であるがそれに見合う人的サービスを提供するホテルの2つのセグメントに別れるのだろう。航空業界におけるLCCFSAの違いと似通った話なのかもしれない。それにしても、Boston Harborの徹底したCRMは物凄い。

 

しかし宿泊施設では、これにホームシェアー(private lodgingとかalternative lodging facilityとも呼ばれている)の新経済が加わる。 

 

Google 民泊拡大」は、GoogleHotel Searchにバケーションレンタル施設を加えたと報じている。

 

Expedia Groupなどの提携サイトの掲載施設をリストすると言う。これはバケーションレンタルのメタサーチ?Googleの旅行市場への参入はとどまるところを知らない。そのGoogleが、先々週、欧州委員会から独禁違反で14.9億ユーロの制裁金支払いを命じられた。これでGoogleの独禁違反は3回目となる。中核事業(特に個人情報集約)の先行きを案じて旅行業を含む事業の多角化を目指していると勘ぐる。 

 

「エアビー5億人利用」によれば、民泊本家のAirbnbが累計で5億人の利用者獲得を達成し、600万軒の代替宿泊施設をリストしている。Booking.com570万軒を上回ったと言っているが、即予約(インスタント・ブッキング)できる施設数ではBooking.comが追い抜いていると理解している。Airbnbは、OTAHotelTonightを買収したと思ったら、今度はインドのOYO$150M~$200Mを投資したらしい。年内上場を睨んで、Airbnbの事業拡大戦略が継続している。

            (編集人)