掲載記事検索


JAMRレポート

2月26日 

 

 

欧州で躍進中の第3LCCNorwegian
ついて

 

近年、欧州でノルウエーに本部を置くLCCNorwegianが急激に伸びている。

その会社について、LCCのトップ2であるRyanaireasyJet、そして同じような地域で競合しているSAS(スカンジナヴィア航空)と比較しながら概観した。

    (Norwegian Facebookより)


■2月6日 

 

ANAとJALの路線便数比較(概観)

 

ANAとJALの時刻表(2月末時点のもの)等をもとに、両社の路線便数を比較した。

ここではコードシェア便にも着目している。 

 

 

■2月1日 

 

ANA/JAL 2016年度第3四半期決算の簡易比較

 

この度発表されたANAJALの上期連結決算を簡単に比較した。

 


■2月3日 

 

主要空港の国際線就航会社・便数概観

 

日本の主要4空港(成田、羽田、関西、中部)における国際線(旅客便のみ)の就航会社と便数について概観した。

 

 

■1月30日 

 

 

国内線旅客市場と、その中でのLCCについて、4つの市場に区分して現状2015年度ベース)を把握・分析し、最後に今後の展望を6回シリーズでお届けします。

■1月19日

 

国内線LCCの現状分析と国内市場の展望(1) 

~ 全体の枠組み ~

 

国内線LCCの現状分析と国内市場の展望(2) 

~ 関西圏市場 ~

 

1月22日

 

国内線LCCの現状分析と国内市場の展望(3)

~ 首都圏市場 ~ 

 

■1月25日

 

国内線LCCの現状分析と国内市場の展望(4)

             ~ 中部空港市場 ~ 

■1月27日

 

国内線LCCの現状分析と国内市場の展望(5)

        ~ その他市場 ~

 

■1月30日

 

国内線市場でのLCCの現状(6)

 

~ 今後の展望 ~

 


JAMRコラム

■4月10日 NEW!

 

 

 

    僕のミャンマー修行の旅

 

          主席研究員:稲垣 秀夫

  

航空経営研究所「航空業界の“眺め”」第12回 NEW!

 

4月21日掲載

日本航空のNY線開設に思う横綱相撲が取れない全日空

                           副所長 牛場 春夫

 

 

 この原稿は、ビジネスジャーナル4.21 (http://biz-journal.jp/2017/04/post_18798_2.html

 

「全日空、羽田発着枠優遇の「隠れた政府援助」で巨額利益でも日航との不公平を訴え」 

として掲載されています。

CAPA分析特別号

2017年 特別号② 

 

日本航空の米国路線再編、新たな拡大の開始を表す
                  =政府の規制終了の後に

8-Feb-2017

2017年 特別号① 

 

ライアンエア、2016年の11,700万人の旅客が欧州のエアライングループの首位にLCCがランキングでトップとなるのは初

 

17-Jan-2017

CAPA分析 最新HEADLINES

■4月24日 NEW!

 

今週のCAPA分析。アジア太平洋を中心に、その序章部分をご紹介します。まずは、中国のエアラインが政府の指示でラテンアメリカへ進出、ついで中東からは、エミレーツの最新の動き、米州からULCCフロンティア、スピリットの戦略、アラスカエアのバージンアメリカと統合後の動き、欧州からはグルジア特集など、様々な話題をCAPAアナリストが分析して居ます。またCAPA空港フォーラムは5/16,17ドバイで開催の告知があります。(T.A)

 

  1. エミレーツ航空、米国線の供給カットには多くの理由が
  2. グルジアの航空市場 第2
      =自由主義的政策が急速な空港の成長をもたらすケーススタディ
  3. グルジアの航空市場 第1
      =2016年、旅行客が26%の成長を牽引;2017年は40%成長を想定
  4. 空港都市、そしてアエロトロポリスのビジネスモデル
      =成功の保証は、多分ある、多分ない
  5. アラスカエア・グループ、統合によるシナジー効果目標を上方修正
      =2017年の利益が縮小する中で
  6. フロンティアとスピリット航空、保有機群を強化
      =旅客刺激策に強気の見通しを支えるために
     
  7. 中国のエアライン、ラテンアメリカで存在感を拡大
      =中国東方航空はメキシコシティを検討中

■4月16日 

 

  1. エアアジアX、米国に飛ぶ9番目のアジア太平洋の低コストエアラインとなる
      =ハワイへは
    3番目
  2. アビアンカ・ブラジル、困難な環境、激しい競争に直面
      =新たな国際路線便で
  3. 空港投資、政治、エアライン間の関係:CAPA空港リーダーフォーラム
      =於ドバイ、51617
  4. 台湾の中華航空、エアバス機の発注を考慮
      =フランス乗入れ権獲得の手段として
  5. バージン・アトランティック:クリーガーCEOの下で、多くの事が変わった
      =然し、依然、謎は残る
  6. フィンエアとTAPポルトガル
      =両社の地元を基地とした長距離戦略の比較
  7. 米国3大エアライン、年金を削減へ
      =責任ある貸借対照表管理を維持しつつ

フォーカスライトJapan

 

   海外事情」  

 

      NEW! ■4月15日更新しました。

 

     

 

        好評発売中!

 

フォーカスライトJapanは、2015年度の日本のオンライン旅行市場(旅行商品のオンライン販売)の規模・トレンド・特徴を調査し、このたび「日本のオンライン旅行市場調査 第3版」を出版しました。

 

BookWay書店 

https://bookway.jp/bookway/

      にてオンライン販売をしています。

 

発刊日 2016年11月


業務内容

 
 

  執筆・著作

  
  

  調査・分析 

 

  
  

  講義・セミナー


  
  

 

 

  

 

 CAPA日本総代理店

 

 

  航空関連資料翻訳

 

 

 

 その他、航空に関すること

 


世界の航空及びツーリズム最新ニュース

 3月21日より世界の航空

 及びツーリズム最新ニュースの

 掲載を始めました。

 

 最新ニュースはこちらからご覧

 頂けます。

 

■4月28日

 

ユナイテッド航空

搭乗拒否旅客に最高1万ドル、手荷物紛失に1,500ドル

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版