掲載記事検索

JAMRレポート


■11月1日 

 

 

ANA/JAL 2019年度上期の決算について 

 

両社の発表資料をもとに、2019年度上期連結決算を簡単に比較・概観しました。
(末尾処理の関係で両社の発表値とずれているところもあります。)

 

■8月6日

 

日韓航空路線の現状

日韓の関係悪化に伴う航空旅客輸送への影響

今年7月に入ってから、輸出管理上の優遇措置撤廃に伴う韓国との関係悪化による、訪日韓国人の急減や就航便の縮小などが伝えられているが、今後の分析に資するために、今回の問題が生ずる直前の日韓の人の往来を整理した。その意味で、今回の分析では数字を見た論評はない。

 

マラソン講座:データから読み解いた航空事業

データから読み解く日本と世界の航空事業

  

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解き、シリーズ26回で解説しています。   

 

 

(内容) JALANALCC・中堅航空会社等日本の航空会社、世界の航空会社 

 

     国内旅客事業、国際旅客事業、貨物事業、空港事業

 

               事業構造・財務構造、業績 など 

 

 

JAMRコラム

 

■10月19日

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

内容 :「FSCの生き残り戦略、LCCの世界的躍進、中東・アジアなどの新興国市場の急成長など急激に変化する世界の航空業界を俯瞰したうえで、日本の航空業界・市場の低迷原因につき客観的なデータに基づいて分析・政策提言を行う。さらに、長距離線LCCの発展可能性と課題についても論じる。」

 

出版年月日

2019/09/30

晃洋書房

ISBN

9784771032194

判型・ページ数

4-6234ページ

定価

本体2,600円+税

 

 

リンク先 

https://www.koyoshobo.co.jp/book/b477879.html 

 

■1月6日

航空経営研究所「”誰もが客室乗務員・グランドスタッフになれる”2019年の採用」

 

来年からの就職協定廃止の影響で今年の就職戦線は混乱?

 

          航空経営研究所主席研究員 光岡寿之

CAPA分析特別号

■11月15日 特別号⑫ NEW!

 

 

各地域の航空安全当局、ボーイング737MAXの復帰について対応が分かれる

 

 

06-Nov-2019

 

■11月14日 特別号⑪ ー再録ー

 

 

ボーイング737MAXの運航再開:よくある質問集

 

 

19-Jul-2019

■11月5日 特別号⑩ 

 

 

「飛ぶのは恥だ」とジェット燃料税の脅威

 

 

08-Oct-2019

 

CAPA分析 最新HEADLINES

■12月1日 NEW!

 

 

CAPA分析。毎週アジア太平洋を中心に、その序章部分をご紹介します。今週、アジア太平洋からは、無し、米州からはアラスカエア・グループがバージン・アメリカとの合併後の力を発揮し始める、超LCCのスピリット航空が2020年も順調な業績の伸びを予測、コロンビアのアビアンカは再建にまだ時間がかかりそう、欧州からは、英国の地域航空の動向、英国=カナダ間航空事情、欧州空港評議会と空港投資の関係、英国総選挙で航空・観光界は無視される、などの話題をCAPAアナリストが分析して居ます。また、CAPAとAWN の「エアライン事業リーダーサミット」於セビリア、2019年12月2日3日の告知があります。(T.A)

 

  1. アビアンカ
      :エアラインの再建、結実までには時間が
  2. CAPA-AWNエアライン事業リーダーサミット
      :2019年12月2日/3日於セビリア
  3. 英国総選挙に於ける航空と観光
      :概して無視される
  4. ACIヨーロッパと空港、「投資のギャップ」
  5. 英国-カナダ間航空事情
      :欧州-カナダ間最大の市場
    が停滞
  6. スピリット航空
      :2020年、市場の成熟が業績の上昇を創り出すかも知れない
  7. 英国の地域航空フライビーとローガンエア、コードシェアで仲直り
  8. アラスカエア・グループ
      :合併後の力を発揮し始める
     

 

  1. コパ航空、コスト目標達成のため、保有機群を単一機種へ
  2. セントルイス空港、リース資格取得申請に順調な18件の反応
  3. 韓国ー日本間航空市場
      :国家間紛争が需要をへこませる
  4. CAPAの「2020年世界航空界の見通し」会議於マルタ、2019年12月5日/6日
  5. 英国ー中国間のエアライン
      :バージン・アトランティック、AF-KLM/中国東方の共同事業に加盟
  6. 米国エアラインの法人渡航需要、2019年は堅調;2020年は不確か
  7. ジェット2.com、イージージェット、トーマスクック航空の発着枠の過半を継承

 

フォーカスライトJapan       海外事情

 

 海外事情

 

 ■11月16日 NEW!

                12月9日号

 

               ■12月3日 NEW! 

                11月25日号  

 

  

 ■海外事情 中国特集 

これは、PhocusWire Daily が今年の2月、中国正月である春節のタイミングで編集した4つの記事にまたがる中国特集である。

 

■2018年11月28日  好評発売中!

 

「日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 2018年12月4日販売開始

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/ 

  

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500 

 

日本のオンライン旅行市場第4版PRESS RELEASE.pdf
PDFファイル 579.0 KB

旅の写真カフェ

10月15日 

 

全国一宮 第28回 「美濃一宮 南宮大社」

 

箱根 仙石原 (2019年10月初旬撮影)

業務内容

 
 

  執筆・著作

  
  

  調査・分析 

 

    講演・講座


   CAPA総代理店

 

 

 

  その他:

 

  航空関連翻訳 など


海外事情

 

今週号では、「7. アゴダの多角化戦略」、「8. ブッキング、民泊の新戦略」、「13.ブッキング、法人旅行テックプロバイダー買収」、「15. ブッキング、配車アプリのグラブと提携促進」と、BKNGの関連ニュースが4つもあった。BKNGの「Connected Travel」戦略の遂行が進んでいる。BKNGの場合は、Internet of Things (IoT)が、Internet of Travel (IoT)と読み替えているように感じられる? 

 

それよりも、3つの記事が印象深い。「10. 本当のディスラプション」、「22. ソーシャルメディアと旅行」、「24. 東南アジア市場の2つの問題、OYOとインスタ」の3つだ。

 

10. 本当のディスラプション」では、ディスラプティブのプロダクトは、必ずしも既存企業よりも良いわけではなく、今まで既存企業が不経済なために手を出さなかったサービスのニーズに取り組んだか、以前は特定できなかったニーズのいずれかであると説いている。そして、ディスラプティブを起こしているのは、テクノロジーでなくて、創造性を発揮したクリエイティブなモデルであることを再確認させてくれた。

 

22. ソーシャルメディアと旅行」は、旅行とソーシャルメディアの相性が抜群に良く、旅行業界がソーシャルメディアを誰よりもうまく使っていると言っている。ソーシャルメディは、人と人の繋がりをインターネットで補完するコミュニーケーションサービスなのだから、顧客とのエンゲージメントに優れているのは当たり前だ。これを上手に使っていないとすれば問題だ。

24. 東南アジアの2つの問題、OYOとインスタ」は、この地区における観光公害の実態を報告している。オンライン旅行ガイドTravelfishStuart McDonaldが、過去15年間で悪化している観光公害の実態を、歯に衣着せずのタッチで断罪している。(編集人)

海外事情12月9日号 

 

2つのIATA NDC標準に関する記事「4. NDC進捗状況」、「16. 航空会社の3つのテクノロジートレンド」が有った。4.の記事は、NDCは安定的に進展しているものの、乗り越えなければならないハードルがまだまだ存在すると述べている。その反対に16.の記事は、開発進展状況は計画通り順調だと述べている。後者は、IATAが主催した航空会社リテーリングシンポジウムに関する記事のため、多分にIATA寄りになっていると思われる。4.がより正確に実態を表しているのだろう。「技術的な問題よりも“人と金と政治”(people, money, politics)の問題が進展を阻んでいる」と言っている。NDC APIで接続して流通経費をできるだけ削減したい航空会社と、反対していたNDC に今では積極的に対応して、新たに登場したアグレゲータとの競争に勝利するためと、航空会社に“中抜き”させないための両方で頑張っているGDSとの、これからのせめぎわいが激しくなるだろう。 

 

グロバールOTAの第3四半期決算で、EXPE22%大幅減益となった「9. エクスペディア 3Q 減益」。その反対にBKNG10%増益した「15. ブッキング3Q、増収増益達成」。どちらもnet incomeベースだ。EXPEの減益は、GoogleSEOに関するアルゴリズム変更が影響しているという。BKNGは、このチャネル規模がそんなに大きくなく影響が軽微であったという。TRIP3Qも減収減益となった「12. トリアド、トリップ・コムと中国合弁設立」。TripAdvisorブランドホテル収入が、Google自身のホテルプロダクト検索増加が原因で14%減少したのだ。Googleの旅行領域参入がますます本格化しているようだ。

 

117日、3社の株価は、EXPE27%BKNG8%TRIP22%、と値を下げた。市場は、オンライン旅行市場におけるOTAの今後の競争力維持を懸念しているのだろうか。OTAは、サプライヤー直販拡大はもとより、Airbnbなどの新たな販売モデルの台頭やGoogleなどのグローバルプラットフォーマーとの競争激化に直面している。(編集人)