掲載記事検索

JAMRレポート

 ■8月21日

 

国内各社2019年夏期繁忙期の旅客実績

 

 

各社が発表した夏期繁忙期間(8/918日)の旅客実績を概観した。
(数値は各社および「日刊航空」による。)

 


■8月6日

 

日韓航空路線の現状

日韓の関係悪化に伴う航空旅客輸送への影響

今年7月に入ってから、輸出管理上の優遇措置撤廃に伴う韓国との関係悪化による、訪日韓国人の急減や就航便の縮小などが伝えられているが、今後の分析に資するために、今回の問題が生ずる直前の日韓の人の往来を整理した。その意味で、今回の分析では数字を見た論評はない。

 

マラソン講座:データから読み解いた航空事業

データから読み解く日本と世界の航空事業

  

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解き、シリーズ26回で解説しています。   

 

 

(内容) JALANALCC・中堅航空会社等日本の航空会社、世界の航空会社 

 

     国内旅客事業、国際旅客事業、貨物事業、空港事業

 

               事業構造・財務構造、業績 など 

 

 

JAMRコラム

■1月6日

航空経営研究所「”誰もが客室乗務員・グランドスタッフになれる”2019年の採用」

 

来年からの就職協定廃止の影響で今年の就職戦線は混乱?

 

          航空経営研究所主席研究員 光岡寿之

CAPA分析特別号

■6月19日 特別号⑨  

 

  

  熊本空港民営化:ANA、JALがコンソーシャムに参加

 

 

 

 

16-May-2019

 

CAPA分析 最新HEADLINES

■10月13日 NEW! 

 

 

CAPA分析。毎週アジア太平洋を中心に、その序章部分をご紹介します。今週、アジア太平洋からは無し、米州からエアライン業界の経営に女性の進出問題、デルタ航空がA220を高く評価し採用拡大中、欧州からは、スウェーデンから始まった「飛ぶのは恥だ」運動の影響、欧州エアライン事情:IAGの業績下方修正の意味するものは、などをCAPAアナリストが分析して居ます。またサミット、CAPAから10月のハンブルグLCCサミットとニュージーランド航空と業務渡航サミットの告知があります.(T.A)

 

  1. デルタ航空
      :A220が性能と顧客体験の向上を実現する
  2. 欧州のエアライン
      :IAGの業績下方修正は、循環的下振れのもう一つの兆候である
  3. エアラインの性差の多様性
      :エアカナダとウエストジェットの
    試み
  4. 飛ぶのは恥だ」とジェット燃料税の脅威
  5. CAPAニュージーランド・航空と業務渡航サミット
      :10月16日・17日於オークランド
  6. CAPA低コスト長距離世界サミット
      :10月10日・11日於ハンブルグ

 

■10月6日  

 

  1. ウィズエア、ポーランドでライアンエアとLOTに圧力をかけ続ける
  2. 欧州-南アフリカ間航空事情
      :バージン・アトランティック、ケープタウンを検討
  3. インタージェットの課題拡大、メキシコ市場での競争が激化する中で
  4. バージン・アトランティック航空、拡張されたヒースロー空港で英国航空への挑戦を計画
  5. トーマスクックの撤退が英国ーカリブ間の航空市場の勢いを変える
  6. 737MAX
      :ブラジルのGOL、長期的な強気を維持
  7. ライアンエア、ロシアの飛行禁止後のグルジアへ
      ;ウイズエアと対決

フォーカスライトJapan       海外事情

 

 最新の海外事情は こちらから 

 

 

                  ■10月1日 NEW!

 

2. OYO、欧州で1,000人採用」、「5. OYO データサイエンスのダナミカ買収」と、インドのユニコーンOYO2013年設立)の威勢が良い。

10. グーグル、バケーションレンタルにVacasa追加」、「13. グーグルのホテル最低価格保証はあるのか?」を読んでみても、Google Tripの勢いも止まらない印象だ。

 

                                                ■9月16日 

 84~16日の主要ニュース19本のうち、いつもはPhocusWire Dailyにはほとんど表れない法人旅行に関する記事が7本(目次の下線箇所)もあった。

 

                 ■9月16日B 

81923日のニュースに加え、法人旅行に関する特集シリーズ3部作の第1部を掲載する。(お盆休みのために、1週間のニュース配信となります。)

 

■2018年11月28日  好評発売中!

 

「日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 2018年12月4日販売開始

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/ 

  

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500 

 

日本のオンライン旅行市場第4版PRESS RELEASE.pdf
PDFファイル 579.0 KB

旅の写真カフェ

■9月1日 

 

・旅物語 第26回「千畳敷カール・伊吹山と高山植物」

 

山中湖・「花の都公園」 (20198月初旬撮影)

  ひまわり     ひまわり畑   ブルーサルビア      百日草        桔梗

業務内容

 
 

  執筆・著作

  
  

  調査・分析 

 

    講演・講座


   CAPA総代理店

 

 

 

  その他:

 

  航空関連翻訳 など


海外事情

 

2. OYO、欧州で1,000人採用」、「5. OYO データサイエンスのダナミカ買収」と、インドのユニコーンOYO2013年設立)の威勢が良い。201810月には日本にも進出、20194月には、ソフトバンクと組んで合弁会社「OYO Hotels Japan合同会社」を立ち上げた。ソフトバンク・ビジョンファンドも、作9月に数億ドルを投資している。OYOは、Airbnbに次いで宿泊施設オンライン販売のグローバル プラットフォームになりつつある。“売り”(セールスポイント)はテクノロジーのサポート。 

 

10. グーグル、バケーションレンタルにVacasa追加」、「13. グーグルのホテル最低価格保証はあるのか?」を読んでみても、Google Tripの勢いも止まらない印象だ。Googleは、自身の事業のコアコンピタンスは、あくまでオンライン広告事業であり、旅行領域の拡大は、単にそれを保管するものだと言っているのだが・・・、タビマエ・タビナカ・タビアトのエンドツーエンドの旅行サービスをこれだけ多くシームレスに一気通貫に提供するとなれば、最早 立派な総合旅行会社となっていると言われても間違いない。(編集人)