英国航空市場の構造と現状(2)

2020.10.22.

英国航空市場の構造と現状(2

 

コロナは欧州の航空市場にも甚大な影響をもたらしていますが、今回は英国に注目し、その市場の構造と現在の状況について2回に分けて概観します。

後半の今回は国内線、国際線の構造をもう少し掘り下げ、そのあとコロナの影響を受けている現況について述べます。

なお市場構造は2019年の実績を、現況は202018月の実績をもとにしております。

(注) データは英国空港当局による。

 

1.         英国の国内線概観; 

下表7は、国内線旅客(発着カウントで4502万人)を空港ペア(路線)で整理したものである。

 

1)ロンドン6空港の発着旅客は1231万人。

その他の空港で、ロンドン路線を除いた発着旅客は2039万人(実旅客は1020万人)

2)ロンドンとエジンバラ、ベルファスト、グラスゴーを結ぶ路線の旅客だけで806万人を占める。

王室属領4島の旅客も147万人ある。

3)ロンドン路線以外では、ベルファスト、エジンバラ、マンチェスター、グラスゴー、バーミンガム間を結ぶ旅客が

  多い。

 

             【(表7)国内線の空港ペア別旅客数】

 4         英国の国際線概観; 

下表8は、国際線旅客の路線別(行先別)内訳を示したものであり、下表9はさらにその内訳を示したものである。

 

1)EU&国際線の旅客数2.55億人のうち、欧州(EU以外を含む)は1.9億人である。

*1) 国別ではスペインが最も多く3443万人(ほかにカナリア諸島で1020万人)。

    以下イタリア、ドイツ、アイルランドと続く。

    トルコも652万人あるのに比べて、ロシアの「92万人」と少ないのが目立って
    いる。
 

2)米国とカナダで2579万人と、欧州以外では最も多い。

3) 中近東も1411万人と多いが、UAEとカタールで1000万人をしめている。

イスラエルも130万人。

アフリカは595万人で、南ア、モロッコ、エジプトの順で多い。

 

2)極東では香港、中国、シンガポールが多く、日本はタイより少ない78万人。

ベトナム、台湾は1416万人の規模。

3)油田との往来旅客(北海油田へのヘリコプター輸送か?)も66万人ある。

 

 

       【(表8)EU&国際線の路線別(行先別)旅客数】

【(表9)表8旅客数の更なる内訳】

 

Ⅱ.コロナの影響; 回復は鈍い

 

1.         1~8月の旅客数推移; 

下図1011202018月の旅客数と対前年比率の推移を示したグラフであり、
下表127月と8月の旅客数(前年比較)である。

 

1) コロナの影響で46月の旅客需要はほぼ消滅状態であった。

     78月は回復の気配がみえてきたが、勢いは強いものではない。

   2) 世界的に回復が進みつつある「国内線」についてもその勢いは弱く、8月もEU路線(国際線)並みの25%である。

 

 

【(図1018月旅客数推移(万人)】  【(図11) 同 対前年j比率推移(%)】


【(表1278月旅客数(前年比)】 


 2         英国系会社別旅客数(前年7月対比); 

下表13は、7月の英国系航空会社の旅客実績(前年対比)である。

  英国航空、easyJetJet2ともに前年の1割程度に留まっており、長距離便中心のVirginはほぼゼロ、TuiBA cityflerは前年の23%である。

  またFlybeThomas cookの運航停止があるとはいえ、英国系航空会社のシェアが1/3程度

  (外国社の回復の方が大きい)ということも、英国のコロナ影響が大きいことを物語っていると

  思われる。

 

【(表13)英国系航空会社の7月旅客状況(前年比)】   

 

以上

注目した記事10.14

【独自】ピーチ 中部発着国内線 12月下旬…新千歳・仙台便 有力(読売10.14)

 

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20201014-OYT1T50129/

注目した記事10.5

エアアジアが12月に日本撤退 国内航空、コロナ禍で初(日経10.5)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64621680V01C20A0TJ1000/

エアアジア、日本撤退に透けるしたたかな戦略(日経ビジネス10.1) 

(全文を読むためには会員登録が必要です。)

エアアジアについての当研究所の分析も併せてお読みください。 

マラソン講座