米国主要3社の収益力と財務力をみる 2020年第3四半期(1~9月)

2020.10.23.

米国主要3社の収益力と財務力をみる
2020
年第3四半期(19月)

 

米国主要3社(※1)の第3四半期決算が出揃ったので、収益力・財務力の視点で整理しました。

まず添付の表「米国主要3社の財務指標比較」をご覧下さい。

金額はUSD108円(※2)で円に換算して表示しています。 

その表をもとに以下簡単に解説します。

参考表示の表1,2は添付表の中から抜粋した項目です。

  (※1) Delta Air LinesDL)、United AirlinesUA)、American AirlinesAA

   (※2) 過去半年の当方の分析レポートで採用したレートと整合させたものです。

 

(はじめに)

  2020年度の収支は四半期ごとにわけ、その累計値(Q1Q32019年同期と比較した。

  損益は4段階に整理して表示した。 即ち、

      事業損益; 収入から通常の費用(含金利負担)を控除した、いわば「ありのまま収支」

      調整後損益; それに政府補助金を加味した「実際の収支」

      税前損益; それから「リストラ費用」を控除した税前損益

      当期損益; 更に税金要素を控除した当期の最終損益

    (注)アメリカン航空のQ3の補助金の一部は「事業損益」に潜り込んでいる可能性
                   がある。

     Q113月)はコロナの影響が部分的であった。

   Q246月)はコロナの影響が最大になった時期であった。

   Q379月)は国内線を中心に小幅ながら回復がみられた時期であった。

 

1.       収益力をみる

    3社の年間収入規模(2019年営業収益)は5兆円、総資産も6兆円規模(2019期末)で

ほぼ横並びである。

一方収益性(2019Q3累計の税前利益)は、DLUAAAの順である。

2019期末(=2020期首)の純資産額(下記⑤参照)でも、留保利益を反映して同じ順となっており、過去の収益性も総じてこの順であったことを物語っている。

 

    営業収益と旅客㌔(RPK)について、Q3Q3累計値を前年と比較すると、

Q3値は前年の2割程度(収入は貨物等旅客以外の要素を含むため、旅客だけのRPK

比べて減少の規模がややゆるやか)である。

累計値は前年比3割台となっている。

3社の各指標について、対前年で減少が少ない順では、AADLUAとなっている。

これは事業に占める国内線割合の大きさの順と一致し、コロナの影響(回復)が反映

されているといえよう。

 

    調整後損失はQ3Q3累計値ともに、DLUAAAの順で大きくなっている。

(当然ながら事業損益もこれと同順である。)

 

    リストラ費用はDLが圧倒的に大きい。

LATAMへの投資額の減損(Q2に実施)等、コロナ影響での資産棄損が大きかったこともあるが、不良要素の除却に熱心ともいえよう。

Q3の巨額リストラ費用は、主に除却予定機材(383機)の減損※による。

  ※総額▲4781億円、最も大きいのはB777の▲1555億円。

 

    当期損失(Q1Q3累計)は1兆円を超すリストラ費用の関係でDLが最も大きい。

この損失により、DLUAは純資産が大幅に減少、AAは債務超過が膨らんだ。

なおこの間UAAAは増資を行った分だけ減少幅が圧縮されている。

 

 

           【(表1)収益力を示す指標(添付表からの抜粋)】

 

2.       財務力をみる

   各社ともに手元の資金を大幅に拡大、特にDL2兆円も積み上げた。

9月末の残高は、DL2.3兆円、UA1.5兆円、AA9500億円規模になっている。

その額を収入額(2019年)に換算すると、DL5.5ヵ月分、UA3.8ヵ月分、AA2.3ヵ月分ということになる。

 

    「借入金(含リース債務)」の残高も大きく膨らんだ。

DL3.8兆円、UA3.5兆円、AA4.4兆円である。

その額を収入に換算すると、DLUA9.1ヵ月分、AA10.8ヵ月分である。

「借入金-現預金」の差は、DL3.6ヵ月分、UA5.3ヵ月分、AA8.5ヵ月分となり、資金的にはDLUAAAの順で厳しく、特にAAが厳しいということになる。

 

    期中の手元資金(現預金)の増加を、要素(理論値)別に拾ったのが⑧である。

 

   (参考)決算資料からDLの長期借入金(3.66兆円)について、金利負担を大雑把に試算
       すると「平均4.5%程度」となる。 

即ち年間の金利負担は1600億円規模ということになる。

               その負担と、年々の返済額を考慮すると、コロナが航空会社に及ぼしている影響
       は
財務面だけでみても尋常ではないことがわかる。

          (AADLよりも更に厳しいということになる。)

 

 

           【(表2)財務力を示す指標(添付表からの抜粋)】

以上

 

 <別表>

 

米国主要3社の財務指標比較

2020年第3四半期(1~9月)

             3社公表データをもとに整理、金額はUSD=108円で円換算

注目した記事10.23

アメリカンなど米航空大手3社の79月、赤字1兆円 (日経10.23)https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65354930T21C20A0000000/

 

注目した記事10.22

国産ジェット旅客機開発、凍結へ 三菱重工業のスペースジェット(共同10.22) 

https://news.yahoo.co.jp/articles/5007320467f7f42091d9faaef14749bc78fb1e90

【独自】LCCジップエア、コロナ禍で採用拡大へ…航空業界で異例の経営判断(読売10.22)

 

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20201022-OYT1T50022/

注目した記事10.5

エアアジアが12月に日本撤退 国内航空、コロナ禍で初(日経10.5)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64621680V01C20A0TJ1000/

エアアジア、日本撤退に透けるしたたかな戦略(日経ビジネス10.1) 

(全文を読むためには会員登録が必要です。)

エアアジアについての当研究所の分析も併せてお読みください。 

マラソン講座