米国主要4社の1~3月決算

 

2020.5.2..

 

米国主要4社の13月決算

 

 

 

米国主要4社の第1四半期(13月)は以下のとおり。(各社データによる)

 

 

 

4社ともに約2割の減収で、軒並み赤字に転落している。

 

United AirlinesAmerican Airlinesの赤字は日本円にして2000億円規模、

 

Delta500億円超規模、長年黒字を続けているSouthwestも赤字に転落した。

 

各路線ともに落ち込んでいるが、太平洋線の落ち込みが特に大きい。

 

各社ともに借入金を増やして手元資金を積み増している。

 

Q1では、純利益が赤字ながら減価償却費で何とかプラスの基本キャッシュ稼得であったが、

 

4月以降の赤字は甚大で、それも大幅に不足すると予測される。

 

 

 

1月までは前年を上回る客況であった。それが2月に暗転、3月は急激に落ち込んだ。

 

4月には極端に悪くなり、前年の9割超の減の見込みだからだ。

 

各社ともにさらに大規模な資金調達(現有機材の売却→リースバックを含む)に駆けずり

 

回りながら、費用削減に取り掛かっている状態といえよう。

 

 

 

【米国4社の13月業績】(単位;百万ドル)

 

 

(注)AAの純資産はマイナス

 

 

以上(Y.A

 

注目した記事8.7

大韓航空、驚きの黒字転換でも喜べないワケ(JB press8.7)

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61615

注目した記事8.3

JAL、新中期計画を20年度末までに策定へ 4-6月期は最終赤字937億円

https://www.aviationwire.jp/archives/208147 

Aviationwire2020.8.3. 全文を読むためには会員登録が必要です。)

注目した記事7.31

世界の航空需要の回復、24年に遅れ IATA予測を1年先送り(日経7.29)

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62024070Z20C20A7000000/

 

お盆の航空各社予約率はほぼ半分。

お盆の国内線予約数、昨年の半分以下 新型コロナで伸び鈍化

(AVIATIONWIRE7.31) https://www.aviationwire.jp/archives/207800

注目した記事7.26

中国の運航は約8割、旅客数は7割近くまで回復とのこと。

7/26 AFP 中国民間航空の運航、コロナ前の約8割まで回復

https://www.afpbb.com/articles/-/3295591

 

 

注目した記事7.25

エミレーツ航空、新サービスで乗客の新型コロナ医療費を負担(AFP7.24)

 

https://www.afpbb.com/articles/-/3295482

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座