移動自粛の解除で国内線は復便に拍車

 

2020.6.20.

 

移動自粛の解除で国内線は復便に拍車 

 

 

 619日に感染対策としての移動自粛が全面解除され、夏季繁忙期に向かうのを機に、 

国内線各社は減便の復旧を急ピッチで進めている。

 

 約4ヵ月間にわたる移動制限から解放されて、この週末の客況も久しぶりに活気を取り戻しているようにみえる。

 

  (注)各社の公表資料や予約画面(6/20時点)をもとに、特定日の便数を取り纏めた。 

     また便数上位5ANAJALSKYPeachJetstar-Jの動きを特に注目した。

 

 

 

1611(自粛中)21(自粛解除後最初の週末)の動き

 

 ・国内線13社の合計便数は約200便(1.6倍)増えて520便となった。 

  うち主要5社だけで約180便(1.8倍)増えている。

 

  JALは約2倍になり、運航率(計画便数に対する率)は50%となった。

 

  ANAも約1.3倍に増えたが運航率は33%であった。 

自社便を絞って、中堅3社等提携会社とのコードシェア便でカバーする形といえる。

 

  SKYPeachは全路線再開(減便は残る)で、運航率は5割以上となった。

 

  Jetstar-Jの復便は小規模であった。

 

  FDAも再開路線を拡げて、運航率は4割を超えた。 

 

 

2.夏場に向けて716日と23日の予定便数)

 

 ・ JAL7/16には54%の運航率となる。17日以降については未発表。

 

  ANA7/16には45%の運航率となり、23日には6割を超える。

 

  SKYは7月の予定は未発表であるが、減便規模を縮小させると考えられる。

 

  Peach7/22に全便数を原計画の規模に復旧させるとしているほか、8月には増便(17%程度)も行うとしている。

 

  Jetstar-Jも徐々に増便し、23日には原計画の約8割の規模になる。 

 

 

3.6/21の便数規模のANA/JALの比較

 

 ・ 6/21時点の両社の運航規模には大きな差があり、特に羽田発着の幹線と羽田=ローカル線で大きい。ANAは中堅3社を中心とするコードシェア便を活用することで自社便を絞ったものと考えられる。但し夏繁忙期にむけて自社便を復旧させる。

 

  那覇=ローカル線と純ローカル線での便数差は、もともとJALの便数が多いという事業構造の差による。  

 

 

(表1)国内線各社の便数と運航率の推移

 

 

(表26/21ANA/JAL便数・運航率の比較(路線別)

 

以上(Y.A

 

注目した記事8.7

大韓航空、驚きの黒字転換でも喜べないワケ(JB press8.7)

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61615

注目した記事8.3

JAL、新中期計画を20年度末までに策定へ 4-6月期は最終赤字937億円

https://www.aviationwire.jp/archives/208147 

Aviationwire2020.8.3. 全文を読むためには会員登録が必要です。)

注目した記事7.31

世界の航空需要の回復、24年に遅れ IATA予測を1年先送り(日経7.29)

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62024070Z20C20A7000000/

 

お盆の航空各社予約率はほぼ半分。

お盆の国内線予約数、昨年の半分以下 新型コロナで伸び鈍化

(AVIATIONWIRE7.31) https://www.aviationwire.jp/archives/207800

注目した記事7.26

中国の運航は約8割、旅客数は7割近くまで回復とのこと。

7/26 AFP 中国民間航空の運航、コロナ前の約8割まで回復

https://www.afpbb.com/articles/-/3295591

 

 

注目した記事7.25

エミレーツ航空、新サービスで乗客の新型コロナ医療費を負担(AFP7.24)

 

https://www.afpbb.com/articles/-/3295482

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座