欧州主要3社の最近の業績

 

2020.6.4.

 

欧州主要3社の最近の業績

 

 

欧州の主要航空会社3グループについて、各社のIR資料をもとに2019年度と2020年度第1四

半期(13月)の収支・財務状況を概観した。

 

3社ともに、3月からコロナの影響が著しく、2020Q1決算は大幅赤字となった。 

会社存続のためには資金面での支援を急ぐ必要があろう。 

 

 

(はじめに) 各社゚の事業構造 

 各社とも基幹となるFull Service会社を中心にLCCを含む航空会社群で成り立ち、 

 LH(ルフトハンザ)はほかに整備、ロジスティック、ケイタリング等の周辺事業も多い。 

 AF-KLも整備事業を持っている。 

 事業規模と機材数はLHがやや多く(763機)、AF-KLIAGがほぼ同じといえる。

 

  

1.         コロナの影響

 

13月の需要(旅客㌔)の対前年変化率をみると、コロナの影響が出始めたのは2月からであり、3月に入って急激に悪化した。

 

LHAF-KLは1月まではむしろ前年を上回っていた。
IAG
は月別実績を発表していないが、これら2社と同傾向と思われる。

 

当四半期(13月)の業績悪化は、その殆どが3月に起因している。

 

4月~現在は3月よりも悪化が激しいと考えられる。

 

従ってこのまま推移すれば、年間業績=赤字の規模は、Q1の4倍ではなく、10倍の
イメージとなる。

 

事業存立のためには大掛かりな支援を必要とする所以である。 

 

     【需要(RPK)の対前年変化率(%)】

  

2         2020年第一四半期の収支・財務状況 (2019との対比) 

 

  2019年度は各社ともに大幅な利益を計上した。

 

  営業利益は3285百万ユーロ(約4000億円)のIAGを筆頭に、LH1857mユーロ(約2200億円)、AF-KL1141mユーロ(約1400億円)であった。

 

  IAGLHは最終利益でも1000mユーロを上回った。

 

  純資産; LHは留保利益が多く、AF-KLは累損があって純資産が少ない。

 

 

  2020Q1は一転して各社大幅赤字となった。

特にLHの赤字規模は大きく、営業損失▲1220mユーロ(約▲1450億円)、最終損失は▲2124mユーロ(約▲2590億円)である。

 

また最終損失▲1803mユーロのAF-KLは累損が膨んで債務超過ギリギリであり、Q2では債務超過必定と思われる。

 

但しコロナの影響は余りに大きく、このままでは年内には他の2社も同様となろう。 

 

  LHAF-KLは短期借入れによって現預金を積み増ししたが、赤字の規模から判断して、今後これをはるかに上回る規模の資金が必要となろう。 

 

 

【欧州主要3社の収支・財務状況】

 

以上(Y.A

 

注目した記事9.23

国際線乗客に空港で出発前コロナ検査を、IATAが利用促進案(ロイター9.23)

 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-airlines-iata-idJPL3N2GJ2Z1?il=0

COVID-19関連レポート 国内

マラソン講座