日本の航空会社の国際線 コロナの影響は?

 

2020317

 

日本の航空会社の国際線

 

コロナの影響は?

 

 

 

コロナの影響で減便が相次いでいるが、日本の航空会社の減便状況について

 

各社の時刻表と発表資料(316日時点のもの)をもとに整理してみた。

 

   運航状況は328日時点を基準としてカウントした。 

 

 

 

1.        JAL減便▲36%、ANA減便▲46%、;運航する便数はほぼ同じ  

 

  減便は両社ともに巨大な規模だが、もともと便数の多いANAがより大幅。

 

  減便は、個々の便の運休のほか、曜日の圧縮、機材小型化、日を定めての

 

Spot減便のほか、臨時便による運休の補完も入れている。

 

  JALは中国/香港/韓国及び台湾線を中心とした減便、ANAの減便はその他路線にも及ぶ。

 

  減便後の便数(3/28時点)は両社ほぼ同じ規模(1日に47便程度を運航)。 

 

 

     【ANAJALの減便と運航の状況(328時点)】

 

 

2        LCCと中堅会社は、全面運休に近い

 

ANA/JALと同じように減便と運航の状況を整理した。

 

LCC&中堅6社では、9割が運休、運航は日に4便。 

 

 

  Peach30便を全面運休

 

  Jetstar-Jはマニラ線(成田、中部発)を残し、その他は運休

 

  Spring-Jはハルビン、上海線の特定曜日のみ残し、その他は運休

 

  AirAsia-J(台湾線)は運航するが、Spot減便を実施。

 

  スカイマーク(SKY); サイパン線をダイヤどおりに運航する。

 

  スターフライヤー(SFJ); 台湾線を全面運休。

 

 

 

大手とLCC&中堅を合わせた合計(206便)では、過半の106便が運休。

 

事態の厳しさが如実に表れている。 

 

 

     【LCCと中堅会社の運航の状況(328時点)】

 

以上(Y.A

 

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500