国際線の運航状況 (主要空港)

 

2020328

 

国際線の運航状況 (主要空港)

 

 

 

コロナウイルスの影響による国際線の減便状況について、先般(316日時点)まとめたが、

 

その時点では運航便のあった主要7空港について、328日の状況を整理してみた。

 

なお通常時の便数規模に近似するものとして2019夏ダイヤでの便数(往復/日)と比較してみた。

 

 

 

1.         主要7空港の運航状況

 

          ※成田/羽田/関西/中部/福岡/那覇/新千歳

 

 

 

      運航されているのは成田、羽田、関西、中部の4空港のみ

 

      いずれも316日時点の半分以下

 

      羽田・成田は通常規模の1/4程度、関西・中部は1割未満

 

      福岡、新千歳、那覇は全便運休/欠航

 

      ANA41便運航、JAL22便、2社あわせた便数は外国社より多い
(=外国社の減便規模がはるかに大きい)

 

 

 

(図表1) 主要7空港の国際線運航状況(328日出発便)

 

 

 

2         4空港の路線別運航状況

 

 

 

      韓国/中国・香港線の運航は成田と関西空港のみでごく少数

 

      台湾線は少数ながら、4空港で運航されている。

 

      その他の路線についても、各地域の基幹空港への便である。

 

(ニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ロンドン、フランクフルト、バンコク、シンガポールなど)

 

 

 

(図表2) 主要4空港での路線別運航状況(328日出発便)

 

以上(Y.A

 

注目した記事 5.29

 

深刻な経営危機にあるルフトハンザ航空に対してドイツ政府は90億ユーロ規模の救済策を示したが、ルフトハンザ監査役会はこの受入れを拒否(保留)した。 

 

これに関して「現代ビジネス(講談社)」は下記で詳しく述べている。

 

倒産危機のルフトハンザが「ドイツ政府の救済案」を拒否した理由(2020.5.29

 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72923

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座