国際線の運航状況 (コロナの影響は今?)修正版

 

2020317

 

 

国際線の運航状況 (コロナの影響は今?)修正版

 

 

 

コロナウイルスの影響で国際線に欠航が相次いでいる。

 

その影響はどれだけだろうか?

 

316日の各空港の運航状況と2019年の夏ダイヤから推定し結果は以下のとおり。

 

(算出方法)各空港の316日の運航状況から「運航便」と「欠航便」を抽出。

 

「欠航」のほか、既に「運休」処理され「欠航」に表れないものもあるため、2019夏ダイヤ(国交省「国際線就航状況」)に照らして「運休」便数を推定し「欠航運休」便とした。

 

 

 

1.         主要7空港※の運航/欠航運休の状況(推定値)

 

          ※成田/羽田/関西/中部/福岡/那覇/新千歳

 

 

 

      全体の6割以上が欠航運休

 

      運航されているのは成田で6割、羽田で約半分、他の5空港は1/4以下

 

      地方空港で運航されたのは2便だけ(岡山/鹿児島の台北便)

 

 

 

(図表1) 主要7空港の国際線運航/欠航の状況(316日出発便)

 

  

 

         韓中香線で運航は6%、台湾線は35%(7空港での推定値)

 

7空港に限っては;

 

      韓国/中国/香港線は94%が欠航運休
(成田/関西では21便が運航) ANAJAL7便、韓国系3便、中国系11便

 

運航先は上海8、北京3、香港2、他中国4、ソウル3、釜山1空港

 

・ 台湾線は21便(35%)が運航されている。

 

      東南アジア線の欠航は約2割、その他は12 

 

 

 

(図表2) 主要7空港での運航/欠航運休の路線別内訳(316日出発便)

 

 

 

         地方空港は壊滅的

 

地方空港では既述の2便を除き、全く運航が止まっている。

 

因みに下表は、2019年夏ダイヤによる週間便数(国交省資料)である。
23
空港で、本来なら飛んでいるであろう週間324便(1日当り46便)の殆ど全てが欠航運休ということである。 

     

 

  (図表3)地方空港の国際線;2019夏ダイヤ;国交省資料

 

以上(Y.A

 

注目した記事 5.29

 

深刻な経営危機にあるルフトハンザ航空に対してドイツ政府は90億ユーロ規模の救済策を示したが、ルフトハンザ監査役会はこの受入れを拒否(保留)した。 

 

これに関して「現代ビジネス(講談社)」は下記で詳しく述べている。

 

倒産危機のルフトハンザが「ドイツ政府の救済案」を拒否した理由(2020.5.29

 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72923

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座