国際線の運航状況 (コロナの影響は今?)修正版

 

2020317

 

 

国際線の運航状況 (コロナの影響は今?)修正版

 

 

 

コロナウイルスの影響で国際線に欠航が相次いでいる。

 

その影響はどれだけだろうか?

 

316日の各空港の運航状況と2019年の夏ダイヤから推定し結果は以下のとおり。

 

(算出方法)各空港の316日の運航状況から「運航便」と「欠航便」を抽出。

 

「欠航」のほか、既に「運休」処理され「欠航」に表れないものもあるため、2019夏ダイヤ(国交省「国際線就航状況」)に照らして「運休」便数を推定し「欠航運休」便とした。

 

 

 

1.         主要7空港※の運航/欠航運休の状況(推定値)

 

          ※成田/羽田/関西/中部/福岡/那覇/新千歳

 

 

 

      全体の6割以上が欠航運休

 

      運航されているのは成田で6割、羽田で約半分、他の5空港は1/4以下

 

      地方空港で運航されたのは2便だけ(岡山/鹿児島の台北便)

 

 

 

(図表1) 主要7空港の国際線運航/欠航の状況(316日出発便)

 

  

 

         韓中香線で運航は6%、台湾線は35%(7空港での推定値)

 

7空港に限っては;

 

      韓国/中国/香港線は94%が欠航運休
(成田/関西では21便が運航) ANAJAL7便、韓国系3便、中国系11便

 

運航先は上海8、北京3、香港2、他中国4、ソウル3、釜山1空港

 

・ 台湾線は21便(35%)が運航されている。

 

      東南アジア線の欠航は約2割、その他は12 

 

 

 

(図表2) 主要7空港での運航/欠航運休の路線別内訳(316日出発便)

 

 

 

         地方空港は壊滅的

 

地方空港では既述の2便を除き、全く運航が止まっている。

 

因みに下表は、2019年夏ダイヤによる週間便数(国交省資料)である。
23
空港で、本来なら飛んでいるであろう週間324便(1日当り46便)の殆ど全てが欠航運休ということである。 

     

 

  (図表3)地方空港の国際線;2019夏ダイヤ;国交省資料

 

以上(Y.A

 

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500