国内線の復便状況について

 

2020.7.3

 

 

国内線の復便状況について(RVSD)

 

 

 運航の回復が進まない国際線をしり目に、国内線の復便が進んでいる。

 

国内各社の発表資料や予約サイトから調べたところでは、夏繁忙ピークに入る723

 

の運航は、計画の8割まで戻る模様。

 

    同様にして調べた55日以降の5つの時点の数値を比較した。

 

 

 

    全体では、繁忙期に入る7/16には5割を超え、ピーク期に入る7/23には8割まで
復便する。

 

    7/23には、JAL9割復便に対し、ANA 6割復便と、両社に大きな乖離が見られる。

 

これにはANAが、自社便は極力減便、中堅3社等とのコードシェア便を活用して、

 

全体の運航規模はJAL並み規模を確保しているようである。

 

    LCCでは、Peachが夏繁忙期に対して積極的で、100%まで運航率を戻すのに対し、
Jetstar-J
は戻し方が比較的に慎重である。

 

Spring-Jはピーク期に復便するが、AirAsia-J7月中は運休を続ける。

 

 

 

【国内各社の便数と運航率の推移】

 

 

 

 

   ANAと強い提携関係にある中堅3社、IBEXORCは復便ペースが比較的に早いが、
ANA
とのコードシェアとの関係もあると考えられる。

 

   JAL/ANAの復便規模の差は主に以下から発生している。

 

      羽田=ローカル線、及び伊丹/中部/札幌/福岡絡みのローカル線での差。

 

      JALが圧倒的に多い純ローカル線がほぼ計画並みの規模まで復便すること。

 

      羽田=九州5地点路線が、ANAJALの復便の考え方の差を象徴的に表して
いる。

 

 

   【ANA/JALの便数比較】     ANAは自社便+CS便で  ほぼJAL並みの規模

 

    【ANA/JAL路線別便数比較】     規模差はローカル線による。

 

    【羽田=九州5地点路線の比較】  ANAは自社便ではJALの約半分だが、

                    CS便を合わせるとJALを上回る。

 

以上(Y.A

 

注目した記事8.3

JAL、新中期計画を20年度末までに策定へ 4-6月期は最終赤字937億円

https://www.aviationwire.jp/archives/208147

 

Aviationwire2020.8.3. 全文を読むためには会員登録が必要です。)

注目した記事7.31

世界の航空需要の回復、24年に遅れ IATA予測を1年先送り(日経7.29)

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62024070Z20C20A7000000/

 

お盆の航空各社予約率はほぼ半分。

お盆の国内線予約数、昨年の半分以下 新型コロナで伸び鈍化

(AVIATIONWIRE7.31) https://www.aviationwire.jp/archives/207800

注目した記事7.26

中国の運航は約8割、旅客数は7割近くまで回復とのこと。

7/26 AFP 中国民間航空の運航、コロナ前の約8割まで回復

https://www.afpbb.com/articles/-/3295591

 

 

注目した記事7.25

エミレーツ航空、新サービスで乗客の新型コロナ医療費を負担(AFP7.24)

 

https://www.afpbb.com/articles/-/3295482

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座