コロナ禍への対応力は?LCCの雄 Southwestの超財務力

2020.7.2

コロナ禍への対応力は?
                                  LCCの雄 Southwestの超財務力

 

  先回は米国の主要フルサービス3社の収益力と財務力をみました。

今回は世界のLCCの頂点に立つサウスウエスト航空の収益力と財務力をみます。

更にはFSCでは優良のデルタ航空と比較します。

 

      SWは赤字によるCash流出リスクに備えて、積極的に資金を調達、

6月末の手元資金は、売上の7.7ヵ月分となっている。

      これは借入金を上回る規模である。

      FSCでは優良のDLに比べても、財務力で上回っている。

 

 

1.         SWの旅客実績; Q2は前年の6分の1

      コロナの影響がほぼ3月だけだったQ1の旅客実績(RPM)は前年比▲22%だった。

      Q2は影響がフルに出て、旅客実績は前年比▲84%(供給は▲55%)だった。

      搭乗率も大きく落ち込んで31%となった。

      なおコロナの影響は、国内線は国際線より小さいこともあって、SWの収入減少規模は、FSC3社に比べると、僅かながら少なくなっている。

 

 

    【供給座席量と旅客数】(四半期対比)

 2.SWの収支状況; Q2内の税前赤字は▲1338億円

      Q2の旅客収入は旅客実績に連動して大幅減となった。

(前Q25,926億円 ↘ (当Q2わずか760億円、▲87%である。

      税前利益は、(前Q21,045億円↘(当Q21,338億円と、約2400億円悪化した。

      但し当期には政府からの補助金で人件費負担が約850億円軽減されているため、実質的赤字は▲2200億円規模といえよう。

      Q2の最終損益は▲988億円であった。

 

 

 【収入と損益、輸送実績】

 

3.SWの財務状況; 手元資金は潤沢 ⇒借入金を上回る

 

    徹底した手元資金積み上げ; 

赤字継続による大幅な資金流出リスクに備えて、2020年に入ってからの資金調達は極めて積極的であった。 即ち;

・ 新規借入金12,400億円(但し返済▲5300億円)

・ 機材のセール&リースバック 880億円

・ 増資2480億円   総額1.6兆円規模である。

 

    手元資金と借入金の変化;

手元資金;(2020期首) 4400億円 ⇒(6月末)1.56兆円(+1.12兆円)に。

      借入金;  (2020期首) 2900億円 ⇒(6月末)1.04兆円(+7500億円)に。

    6月末の手元資金は借入金を5200億円上回っている。 

 

 

 【財務の状況】

 

4.デルタ航空との比較; SWの財務力はDLを上回る

 

①収益力; これまでSWが上回っていたが、今決算の状況に限ればほぼ同じくらい?

      期首純資産; 2019年までの稼ぎの累積が反映された期首の純資産額(大規模な自己株式取得があるSWは利益剰余金をみた)は、DL1.66兆円に対してSW1.9兆円。
売上規模に照らしてもSWの方が高収益といえる。

      機材効率(航空機回転率); 売上高を航空機価額で除した航空機回転率(航空機の収入獲得力を示す)をみると、DLがやや上回っている。

      2020上期損益; SW1300億円、DL2300億円は、売上規模(2019)に照らして
ややDLがよさそう。

 

②財務力; SWの手元資金は、借入金の規模を上回る

      手元資金; DL1.69兆円で売上(2019)の4.0ヵ月分、

SW1.56兆円で売上の7.7ヵ月分。

      借入金;  DL2.66兆円で売上の6.3ヵ月分

       SW1.23兆円で売上の6.1ヵ月分

  

 

     【収益力と財務力の指標】(金額;億円)

以上

 

 

注目した記事9.25

台湾航空2社、上期利益が世界1位と4位に(NNA ASIA9.25)

 

https://www.nna.jp/news/show/2098206

Fly better with enhanced health and safety measures | Emirates Airline

マラソン講座