コロナの影響、国内線は?

 

2020318

 

コロナの影響、国内線は?

 

 

 

国内線も減便が相次いでいるが、その程度はどれくらいだろうか?

 

一定の条件のもとに整理してみた。

 

  (一定の条件)各社が発表している情報(317日現在)をもとに、328日(冬ダイヤの最終日)の

 

    運休便数をピックアップし、それを総便数※と比較して減便率を算出。

 

   大手2.社は前年度の路線別平均便数、その他は3/28時点の時刻表便数。

 

全て各社の公表情報に基づく。

 

 

 

1.減便率は平均13%、LCCは高く、リージョナルは低い。

 

  国内線の1日の便数は約1200便(往復/日)、運休は160便で13%にあたる。

 

  LCCの減便率は高く、17%。Peachは高め。

 

→影響を受けやすく、収益性に敏感なためか?

 

  リージョナル航空は低めの7%。

 

→影響が少なく、公益性(離島等)が高いためか?

 

  ・ 中堅も低め。 ソラシドは運休設定はない。

 

  ・ 大手はANAよりJALの方が減便率が高い(国際線とは逆)。

 

 

 

   【国内各社の1日の便数と運休便数((328)】  SFJSpring-Jは記載の日のデータによる。

 

2.会社別、路線別にみた減便の状況

 

 ・ 冬ダイヤの最終日にあたる328日(土)の状況。

 

   事態は流動的と思われるので、今後ともウオッチしていきたい。

 

   以下、各社の状況です。

 

以上(Y.A

 

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500