コロナの影響、国内線は?

 

2020318

 

コロナの影響、国内線は?

 

 

 

国内線も減便が相次いでいるが、その程度はどれくらいだろうか?

 

一定の条件のもとに整理してみた。

 

  (一定の条件)各社が発表している情報(317日現在)をもとに、328日(冬ダイヤの最終日)の

 

    運休便数をピックアップし、それを総便数※と比較して減便率を算出。

 

   大手2.社は前年度の路線別平均便数、その他は3/28時点の時刻表便数。

 

全て各社の公表情報に基づく。

 

 

 

1.減便率は平均13%、LCCは高く、リージョナルは低い。

 

  国内線の1日の便数は約1200便(往復/日)、運休は160便で13%にあたる。

 

  LCCの減便率は高く、17%。Peachは高め。

 

→影響を受けやすく、収益性に敏感なためか?

 

  リージョナル航空は低めの7%。

 

→影響が少なく、公益性(離島等)が高いためか?

 

  ・ 中堅も低め。 ソラシドは運休設定はない。

 

  ・ 大手はANAよりJALの方が減便率が高い(国際線とは逆)。

 

 

 

   【国内各社の1日の便数と運休便数((328)】  SFJSpring-Jは記載の日のデータによる。

 

2.会社別、路線別にみた減便の状況

 

 ・ 冬ダイヤの最終日にあたる328日(土)の状況。

 

   事態は流動的と思われるので、今後ともウオッチしていきたい。

 

   以下、各社の状況です。

 

以上(Y.A

 

注目した記事9.23

国際線乗客に空港で出発前コロナ検査を、IATAが利用促進案(ロイター9.23)

 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-airlines-iata-idJPL3N2GJ2Z1?il=0

COVID-19関連レポート 国内

マラソン講座