コロナの影響、国内線の運航状況(減便は更に拡大)

 

2020.5.26.

 

コロナの影響、国内線の運航状況(減便は更に拡大)

 

611日の運航・運休状況) 

 

 

526日時点での各社の運航・運休情報や予約検索により、611日の国内線運航・運休状況をまとめてみました。

 

緊急事態宣言が全面解除となって、国内線では需要復旧への期待感も芽生え始める一方で、

 

各社ともにCash流出が続いていることから、減便の深堀りによって収益性(特に運航費用の回収→粗利益確保)に敏感にならざるを得ない状況と思われます。 

 

 

1.         611日の各社の運航・減便の状況; 全体として▲75%程度の減便

 

      ANAは大幅減便した連休前より運航便を増やし、他方JALは連休前より減便を
深堀り → 結果的に大手2社の減便規模はほぼ並んだ。
 

(コードシェア便の規模で、ANAの運航規模はJALをかなり上回る。)

 

      SKY; 羽田発着便に特化して運航、その他の路線は殆どの便を運休。

 

連休前;路線ミニマム運航 ⇒羽田便で収益性Cash確保に転換した模様。

 

      中堅3/IBEX/ORCANA提携5社;路線ミニマム確保指向 ⇒運航率は高め。

 

      LCCは、徹底した減便でCash流出を避けているものと思われる。 

 

 

   【国内各社の国内線運航・運休の状況(611)

 

 

         会社別、路線別にみた運航・減便の状況(611日) 

 

  ANA/JALともに運航はダイヤの1/4程度。

 

ANAは提携5社とのコードシェア便で便数規模はJALを大きく上回る。

 

 

   SKYは羽田便に特化して運航   路線ミニマムより収益性優先か?        

 

 

 ADO6割減便 各路線ミニマム便数を確保

 

(注) ソラシド、SFJもほぼ同傾向

 

   IBEXの運航率は7割強  大半がANAの座席(⇒ANAの意向反映か?)

 

 FDAの運航率は約2

 

その他の航空会社については 

                                       表示を省略

 

 

以上(Y.A

 

注目した記事9.23

国際線乗客に空港で出発前コロナ検査を、IATAが利用促進案(ロイター9.23)

 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-airlines-iata-idJPL3N2GJ2Z1?il=0

COVID-19関連レポート 国内

マラソン講座