コロナの影響、国内線の運航状況  (5月5日の運航と減便の状況)

 

2020.4.25.

 

コロナの影響、国内線の運航状況

55日の運航と減便の状況) 

 

419日時点での各社の情報にもとづき、428日の国内線の運航と減便の状況を調べたものです。(各社の時刻表、運休情報、予約検索をもとにしています。)

 

 

1.        55日の各社の状況; 会社により対応の差 

 

      減便は更に拡大し、運航便は3割を切った。

 

      ANAJALの対応に差
ANA
; 徹底減便→運航は15%の57便、提携会社のコードシェア;77便でカバー。

 

JAL; 運航は38%の163便、路線ミニマムをほぼカバー。

 

      中堅も会社間の差

 

SKY; 徹底減便、運航は幹線に絞りこんでの15%。

 

他の3社; 路線ミニマム便数確保、全便ANAとコードシェア。

 

      リージョナル2社も大きな差

 

FDAは全便運休、IBEX87%を運航しANAとコードシェア。

 

      LCC Peachは路線ミニマムほぼ確保、Jetstar-Jは幹線に絞り運航、減便徹底 

 

 

  【国内各社の1日の計画便数と運航・運休便数(55)】(便数は往復/日)

 

 

2.会社別、路線別にみた減便の状況(55日) 

 

      ANAは幹線や主要ローカル線で大幅減便、提携5社とのコードシェア便で
路線ミニマム便数確保に努めている。

 

  ・ JALは路線ミニマム以上を確保し、運航は38%。

 

 ・SKYは幹線に絞っての運航減便徹底(▲85%)           

 

 

 ・ADOは61%減便 各路線ミニマム便数を確保

 

その他の航空会社については掲載省略

 

 

 

以上(Y.A

 

注目した記事 5.29

 

深刻な経営危機にあるルフトハンザ航空に対してドイツ政府は90億ユーロ規模の救済策を示したが、ルフトハンザ監査役会はこの受入れを拒否(保留)した。 

 

これに関して「現代ビジネス(講談社)」は下記で詳しく述べている。

 

倒産危機のルフトハンザが「ドイツ政府の救済案」を拒否した理由(2020.5.29

 

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72923

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座