コロナの影響、国内線の減便状況 (4月19日の運休状況)

 

2020412

 

コロナの影響、国内線の減便状況

 

419日の運休状況)

 

 

 

412日時点での各社の情報にもとづき、419日の国内線運休状況を調べた。

 

また夏ダイヤの便数に対する減便の割合を算出した(減便率)。

 

(注)各社は運休便の状況を公表しているが、Jetstar-Jはそれがなく、予約検索して

 

わかる形態となっている。

 

 

 

1.         419日の各社の減便状況

 

      ANAJAL;ほぼ半分を運休

 

      LCC; 運休が多く、Jetstar-J57便中運航は2便(4%)。
     AA-Jは全面運休

 

      中堅会社; SKYは減便20%、他の3社は34割を減便

 

      これまで運休が少なかったリージョナル会社も減便を拡大している。

 

 

 

   【国内各社の1日の計画便数と運休便数(419)

 

 

2.会社別、路線別にみた減便の状況(419日)

 

 ・JAL/ANAは幹線の約6割を運休            

  ・SKYの運休は2割と低い

 

 

 

LCC)  Peachは幹線(特に南方面)を中心に夏ダイヤの1/4を運航

 

Jetstar-Jは、成田=関西、成田=那覇の各1便のみ運航、あとは全面運休

 

AirAsia-Jは全面運休

 

 

以上(Y.A

 

注目した記事9.23

国際線乗客に空港で出発前コロナ検査を、IATAが利用促進案(ロイター9.23)

 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-airlines-iata-idJPL3N2GJ2Z1?il=0

COVID-19関連レポート 国内

マラソン講座