コロナの影響を受けて(4~6月)シンガポール航空の現状

2020.8.31

コロナの影響を受けて(46月)

シンガポール航空の現状

旅客▲99.6%、貨物収入1.35

 

シンガポール航空(SQ)は、政府系投資会社であるセマテクHD55%強※の株式を持つ航空会社である。(※孫会社NAPIERの保有分を含む)

全便国際線であることからコロナの影響をもろに受けて収支・資金状況は苦しいが、他方では

政府による支援も手厚い。 

その状況をSQIR情報等をもとに、一部推算を交えつつ概観したい。

なお金額は円貨で表示している(SGD=77.43円で換算)。

 

1.         SQの事業構造; 航空3ブランド+整備事業等  

1)SQグループの収入規模は1.23兆円、営業利益は46億円であった。

201942020.3月実績による。実績には3月のコロナ影響が含まれている)

2)シンガポール航空(本体); 中大型機によって中長距離旅客便、および貨物便を運航。

収入は1.0兆円(営業利益228億円)。

3)SilkAir 小型機によって短距離線を運営するフル・サービス会社。

      収入は688億円(営業利益▲87億円)。

4)Scoot SQグループのLCCとして、中型機及び小型機で中距離、短距離線を運営。

      小型機x短距離のLCC事業は「Tiger Air」としてスタートしたが、のちScootに統合
された。  収入は1258億円(営業利益▲153億円)。

5)整備事業; 整備業務の受託事業。

      他の付帯的事業も含め、外部からの収入は400億円強(営業利益は58億円)。

 

 

          FY20192019.42020.3)の実績】

 

6)SQ本体の旅客便は、年間約21百万人を扱い、売上は約8000億円。

平均距離は約5000kmで、旅客単価は約38,600円(㌔単価は7.7円)である。

7)フルサービスの短距離便(平均距離約1800km)を扱うSilkAirは、年間4.4百万人を扱い、
旅客単価は約15,500円(㌔単価は8.3円)である。

8)LCCとして中距離線と短距離線を扱う(平均距離約2700kmScootは約1000万人を

運び、旅客単価は約12,000円(㌔単価は4.3円)である。

9)SQの貨物事業は、1511億円の収入で、営業利益142億円を稼ぐ。

㌧㌔単価は23.6

 

 

          FY2019の旅客、貨物の指標】

 

2.         SQの収支の現状; 旅客数はほぼ壊滅の▲99.6%、貨物収入は1.35倍に増加  

2019年度(2019.42020.3)と2020.Q146月)の収支実績は下表のとおり。

1) 2019年度はQ3まで好調で、営業利益も667億円を稼いでいた。

年明けにコロナ禍で急変、Q4には▲621億円の営業損失となった。

旅客減収(▲702億円;主に3月)に加えて、燃油のヘッジ損(▲550億円)を計上した

ことにもよる。

2)2020.Q1になるとコロナの影響は激甚であった。

旅客数はわずか38千人;前年比▲99.6%である。

供給量(ASK)も▲96%減としたものの、搭乗率は10%に落ち込んだ。

一方、旅客減便でBellyスペースが払底し、これに対し医療等の緊急貨物が増加。
貨物専用機を増便して、貨物収入は1.35倍(513億円)に増加した。

なおタイのLCCNok Scoot」が廃業6月)したことにより、▲98億円を特別損失として

処理した。

 

 

     【FY20192020Q1の収支実績】

 

3)貨物事業は大幅黒字となった。

   旅客減便で貨物スペース(AvailableCargoTonKM)は前年の1/3 →そのスペースで前年の半分の貨物(RCTK)を運んだ。

   単価は2.7倍に跳ね上がって(㌧㌔単価2363円)、収入は1.35倍の513億円。

   一方、旅客便のスペース減→ハンドリング減等で費用は前年の▲27%減。

   これにより、営業利益は27257億円とほぼ10倍になったもの。

 

 

     Q1の貨物実績】

 (注)8/22のレポート(航空貨物の現状;運賃急騰で軒並み増収)の中で、SQ

        貨物実績を「赤字」としていましたが、これは誤りでした。

        ここで訂正してお詫びを申し上げます。

 

3.         財務状況; 借入金と増資で手元資金を積み増し  

最近半年の財務、資金の推移は下表のとおり。

1)夏場以降の資金不足に備えて手元資金を積み上げている。

2019.12月末(1216億円)→2020.3月末(2078億円)→6月末(7413億円)

2)借入金も、7454億円→9125億円→9322億円と増加。

3)赤字で減失の純資産を、増資で補強。

 

9407億円→(▲赤字)7212億円→(▲赤字+増資)13,612億円

 

4.         手厚い政府からの支援; 資金支援と人件費補助など  

島国シンガポールの交通インフラを担うSQに対し、政府の支援は手厚い。

1) 資金的支援; 

      増資88億ドル(6814億円); 全額政府系投資会社(テマセクHD)が払込済。

      追加的に62億ドル(4800億円)の転換社債による支援を予定。

      17億㌦のコミットメントラインの更新と+5億㌦の積み増し。

      16.5億㌦の航空機ファイナンス支援

(注)SQは今後5ヵ年にわたり、各年50億ドル(3870億円)程度の設備投資を予定

   している。

 

2) 人件費等への支援

      従業員給与の75%補助。

 

      着陸料、賃料料の減免とグラハン、貨物取扱費用への補助。

以上

新宿ブックファースト店のセレンディピティを起こす150冊に選ばれました!

マラソン講座