コロナの影響を受けて カンタス航空の現状

2020.9.3

コロナの影響を受けて

カンタス航空の現状

国際線、10月まで全運休

 

オーストラリア政府は320日に全ての渡航者の入国を禁止、それが今も続いている。
(国内での安全が確保されてから解除するとしている。)

それ以降カンタス航空;QF(含子会社のJetstarJS)の国際線はストップしたままであり、10月末までは再開されない。 数少ない運航便は全て外国航空会社である。

国内線も6月時点では15%が運航目標であった。

なおQFには特定の大株主がなく、豪州の投資会社Pendal4.4%を保有する筆頭株主である。

(注)  当レポートはQF社のIR資料等をもとに作成しました。

金額は円貨で表示しています(AUD=77.60円で換算)。

(参考)豪州のコロナ感染者は約25千人(死者572人)である(8/28時点)。

 

 

1.         QFの事業構造; 傘下にLCCJetstar)とLoyalty事業  

1)QFグループの収入規模は1.4兆円、事業利益は925億円であった。

2018年度実績;コロナ影響のない年度;による。)

2)カンタス航空(本体); 収入は1.0兆円規模。国内線、国際線(含貨物便)を運航。 

傘下にコミューター会社(カンタスリンク)を持つ。

3)Jetstar LCCとして国内線、国際線を運航する。

またシンガポールベースの子会社;Jetstar Asiaも連結対象に含めている。

他には外国企業と合弁で設立したJetstarPacific(ベトナム)、Jetstar-Japanがある。

なおJetstar香港は設立したものの運航許可が下りず解散した。

4)Loyalty事業; カンタスの常顧客の制度とシステムを通じて旅行や種々のサービスを提供したり、顧客戦略をサポートする(詳細不詳)。

 

 

    【売上高の割合(2018年度)】        【事業別売上高(過去2年)】


 

5)QFグループの機材数; 2020.6末時点の機材数は下表のとおり。

      A38012機あり、B7474機; これらは機材リストラの対象となっている。

      QF-Link; プロペラ機中心に小型Jet機も含め91機を保有。

      JSは中長距離用B787と短距離用A320を保有(中距離可能なA3218機)。

 

 

         【QFグループ保有機材】(2020.6月)

 

2.         旅客事業の実績; 46月は国際線ゼロ  

QFJSの旅客実績を際内別にみた。

まずコロナ影響のない2018年度の旅客量(RPK平均距離(RPK÷旅客数)をみた。

次に2019年度のRPKについて、コロナ影響のない上期(7-12月)、部分的に影響あるQ31-3月)、全面影響のQ4(4-6)について、前年同期比(率)をみた。

 

1)QF国際線; 規模が大きく長距離路線中心(平均6780km)であることがわかる。

上期は前年並みの旅客規模だったが、Q3に▲17%減となり、Q4は旅客ゼロとなった。

2)JS国際線およびJS Asia; JS国際線は中距離(日本等)と短距離の混合で、平均距離は2870km。 JS Asiaはシンガポール起点の短距離運営で平均距離は1480km

いずれも上期は前年を上回っていたが、Q3は落ち込み(特にJS Asia)、Q4は旅客ゼロとなった。 

3)QFおよびJS国内線; 平均距離は1200km程度、上期は前年並み以上であったが、Q3に落ち込み、Q4は▲97~▲99%の落ち込みとなった。

 

 

          【20182019年度の旅客指標】

 

3.         シドニー空港における現在の運航状況; 国際線は外国社のみ日に約10便  

シドニー空港での82829日の出発便をみた。

 

1)国際線は2日間で21便; 中東路線はエミレーツ、エティハド、カタール航空が積極的と思える 

便数。 日本からはANAのみ(週3便)。 Air Newzealandが日に1便。

2)国内線は2日間で53便; QFJSで計30便、Virgin Australia 7便、ほかにプロペラ機(SAAB)によるRegional Express12便であった。

3)この間の平均37出発便(/日)は、シドニー空港の発着数(約900/日)の8%であり、

国内線目標15%(6月時点)の半分強にあたる。

 

 

          【シドニー空港の出発便】(2020.8.28292日間)

 

4.         QFグループの収支状況; 2019下期(2020.16月)に大幅赤字

下表は2018年度と2019年度(上期、下期別)の収支をみたものである。

 

1) 2018年度及び2019年度上半期(2019.712月)は順調で、利益を計上しているが、

下期(2020.16月)にコロナ影響で大幅な赤字となった。

即ち、定常的な事業利益(営業利益-支払利息)は約▲400億円であった。

大幅な減収に、変動費を含む費用減で資金流出を緩和したと述べている。

因みに46月は国際線は▲100%運休、国内線も▲96%(ASK)減としている。

 

2)期末に2200億円規模の特別損失を計上※し、税前利益は約▲2600億円となった。

(※)減損処理; この時点でその多くは資金流出を伴っていない。

主な内訳; ▲ 844億円; A38012機分

    446億円; 6000の人員削減のリストラ費用

    443億円; 燃油ヘッジ損(単価及び量)

    134億円; B747早期退役、その他資産の減損

     76億円; JS-AsiaJS-Pacific(ベトナム)の評価損

     55億円; 旅行会社Helloworld株売却に伴る損失

            

 

          【QFグループの収支状況】(20182019年度)

 

5.         財務状況; 増資借入金で手元資金確保し  

下表は、主なBS科目の2019年度期首→半期末(12月)→期末(12月)推移と、

主なキャッシュフロー項目の半期末(12月)→期末(12月)推移をみたものである。

 

(主なBS項目)

1)下半期中で、現預金は13542732億円と、+1378億円増加。

           借入金は56666615億円と、+949億円増加。

           純資産は21231184億円と、▲939億円減少。

  純資産の減少は、最終赤字▲1869億円(減損を含む)を増資等で補った結果による。

  また航空機等も1139810217億円と、▲1181億円減少しているが、これはA380
リストラ対象機材の減損処理によるもの。

 

(主なキャッシュフロー項目)

2) 手元資金は、増資(1041)と新規借入(1345)で増えたが、借入返済(▲464)や赤字によるキャッシュ流出(▲234)、そして設備投資(▲215)等で減殺されて、最終的に1378億円増の2732億円となったものである。

 

3) 手元資金は収入(2018年度)の2.7ヵ月分、借入金残高は5.7ヵ月分となっている。

    ⇒ 2020年度に入っても収入が殆ど途絶えた状態であることから、減便やリストラ策の遂行で影響を緩和したとしても、新たな資金調達が急がれよう。 

 

 

          【主なBS科目とキャッシュフロー項目】

 

6.        リストラ策; 規模の適正化とコスト効率強化(3ヵ年計画)  

 

1) 事業規模;

     国際線; 全面運休を2020.10月まで継続し、

2022年に2019年の50%まで回復と想定。

     国内線; 2021年に2019年の70%まで、2022年に100%回復を想定。

2) 機材; 

     A321B787-9の導入を先送り

     B7476機を早期退役(2機は退役済)

     A380x12機を長期駐機とし、退役タイミングを伺う

3) 人件費等;

     人員を6000人削減

     一般コストを10%削減する

4) ブランド等;

     ブランド価値の維持向上で国内での競争力を高める

     Loyalty事業の規模を倍増させる

5) 財務・資金力;

     上述施策によって収益力を高めryことで負債を圧縮し、資金効率も高める。

 

以上

 

(余談)  QFの財務資料では、既に成長したJetstar-Japanについては触れていない。

      独力で切り拓け(資金面での支援は考えていない)ということであろうか?

      もしそうであればJetstar-Jの事業運営は収支に保守的とならざるを得ないで

      あろう。

  また、既に50%を出資しているJALに追加資金支援の可能性があるであろうか。

 

 

新宿ブックファースト店のセレンディピティを起こす150冊に選ばれました!

マラソン講座