お盆期間の旅客実績 国内線はキャンセル多数で予約を下回る

2020.8.18.

お盆期間の旅客実績

国内線はキャンセル多数で予約を下回る

 

国内航空各社が発表したお盆期間中(8/7-8/16)の旅客実績をとりまとめました。

移動自粛の解除で需要が回復の兆しを見せ、GO TOキャンペーンも発表されたことで、各社は

こぞって国内線の復便を急いだが、その後の感染拡大と東京がキャンペーン対象から外されたことも

あって、需要は急速に収縮し、激甚な落ち込みとなった。

        (注)国内航空会社のうち、AirAsia-Jと地方航空(ORC等)は含めていない。

数値は各社の公表値による。

 

1.         概要;  

      国内線旅客数は前年の約1/3に落ち込み117万人、

国際線は▲96%落ち込みわずか2万人。

      国内線は7月31日時点での予約よりも▲11万人も下回る結果となった。

     国際線はほぼ予約なみ。

 

2.         予約対比;

      国内線は7月31日時点の予約(129万人)からキャンセルが大手2社(特にJAL)に

多数発生、例年なら出発日までに多くみられる、いわゆる駆け込み需要が振るわず、

   7月末時点の予約数を下回る実績となった。

      大手2社は急遽減便を実施して出費の抑制を図った。

    (注)旅客が少ないと、燃油費等の変動費をカバーできず、かえって出費が嵩む。

        搭乗率34割が分岐目途と考えられる。

      旅客が少なくなったための減便か、減便によって旅客が減ったのかについては、

前者とみるのが妥当と考えられる。 

   ・   国際線は、もともと運航規模、旅客数ともに少なく、ほぼ予約並みの実績であった。

 

 

3.         前年対比;

(国内線)

・ 国内線は大手2社の減便が大きく、供給座席数は全体として約2割減となった。

一方旅客数は▲65%減(335117万人)となり、搭乗率は大幅に下落(8737%)

した。

      Vanillaを統合したPeach、路線を増強したソラシド/FDAは供給増となったが、搭乗率は低迷した。

      Jetstar-Jのみ搭乗率は60%だったが、ほかは50%に届かず、大手2社は30%台

だった。

     なお、前年のVanilla39千席/35千人)実績を足元数値に加味すれば、
    「その他会社」の席数も前年以下となる。

 

   (国際線)

      国際線は実質的にANAJALだけの数値で、Peach,Jetstar-JSFJは全便運休で

であった。

(前年はこの3社とVailla117千席/103千人の実績があり、減少率はこの表に

示されている以上に大きいといえよう。)

      ANA/JALの供給規模は前年の1割程度で、旅客数はそれを大きく下回る34%であった。

      搭乗率は3割を下回っており、収入単価がよほど高くない限り、変動費すら回収でき 

ていない状態ではないかとすら思われる。

 

 

4.         会社ごとの内訳

 

   航空会社ごとの実績は以下のとおりです。

 

以上

注目した記事9.25

台湾航空2社、上期利益が世界1位と4位に(NNA ASIA9.25)

 

https://www.nna.jp/news/show/2098206

Fly better with enhanced health and safety measures | Emirates Airline

マラソン講座