中長距離専門LCC  AirAsiaXを概観する(1/2)

中長距離専門LCC

AirAsiaXを概観する(1/2

 

201861

 

1.エアアジアグループ; 近距離LCCと中長距離LCC

東南アジア最大のLCCとして拡大を続けているエアアジアグループを俯瞰したのち、

その中でも「中長距離LCC事業モデル」である「AirAsiaⅩ」について概観しました。
(エアアジアグループのIR資料やCAPAデータ等をもとにしています。)

 

エアアジアグループは、大きくは2つの企業群に分かれていて、全体はAirAsia創設者であるトニー・フェルナンデス氏の直接、間接AirAsiaグループやTuneグループ経由)

の強い影響力のもとにある。

 

  AirAsiaグループ;「小型機x近距離」のLCC事業モデルの航空会社とその関連会社群から成る。 使用機材はA320で、席数はモノクラスの180

 AirAsia(マレーシア)を核に、合弁で5つの国に系列航空会社を展開している。

 グループの総機数は2082018.5)で、収入規模は3,700億円程度(2016年)。

 

   AirAsiaⅩグループ;「中大型機x中長距離」のLCC事業モデルの航空会社とその関連会社群から成る。使用機材はA330で、席数は12のプレミアム席を含む377

 AirAsiaⅩ(マレーシア)を核に、合弁で2つの国に系列航空会社を展開している。

 グループの総機数は312018.5)で、収入規模は1,800億円程度(2017年)。

 

 

  ここでは後者、特にその中核となっている「AirAsiaⅩ」を中心に概観する。

 

2.AirAsiaXAAX)の成り立ち

  2007年に、VirginグループのR.Brnson氏(20%)やOrix10%)の出資も得て、

  中長距離LCC事業を開始⇒ゴールドコースト線を開設(当初機材はA340)。

  中国、豪州、台湾と路線を拡げ、ロンドン線も開設(のち撤退)、機材をA330

入れ替えた。今後A330機材は-300型からneo型に切り替える(66機発注)ととも

に、A350も導入(10機発注)する

日本へは、2010年に羽田、2011年に関西、2015年には札幌に就航した。  

  201810月には福岡にも乗り入れる見込み。

  2013年にマレーシア株式市場に新規上場した。

現在のCEODATUK KAMARUDIN MERANUN氏で個人株主として筆頭であるが、Tune社等の間接所有を含めれば、取締役のトニー・フェルナンデス氏が上回る。

  Thai AAXIndonesia AAXはいずれもAAXの持ち分が49%の現地国資本との合弁

会社で、前者は2013年に、後者は2014年に就航した。

 

 

3.AirAsiaⅩグループ各航空社の路線;

 

   AirAsia;クアラルンプールをベースに29地点に就航

(日本)3;羽田、関西、札幌 (関西経由米)ホノルル

(その他)中国7、韓国3、台湾2、豪4NZ1、インドネシア1

 

インド2、ネパール1、モルジブ1、サウジアラビア2、不詳1

 

   Thai  AirAsia;バンコクLCCが多いドンムアン空港)をベースに就航 

(日本)成田、関西、札幌

 

 (その他)中国1、韓国1

 

   Indonesia AirAsia;デンパサールとジャカルタをベースに就航

 

(日本)成田 (その他)インド1

  

 ④各社の日本路線(2018.5

 

各社とも日本路線への就航便数は多く、特にThai AAX3地点に毎日5往復
    を運航している。

以上

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500