国内各社のお盆期間旅客実績

 

国内各社のお盆期間旅客実績

 

2018821

  

各社のお盆期間(夏季繁忙期間;8/1120日)の旅客実績を概観した。
 ※旅客・座席数
は各社公表のもの(一部は「日刊航空」の記事から)、搭乗率・シェア・前年対比値は 

  JAMR計算による。 

 

1.国内線の動向

 

 ① 旅客数;総旅客数は370万人で、前年より微減。 

ANAは席数が▲5%減少(B787運休の影響?)のため旅客数は6.4万人減。 

JAL3.5万人増、SKYLCC計、リージョナル2社も若干増加。 

ADOとソラシドは、供給席数減のため小幅ながら減少。

 

 【旅客数増減;千人】

 

 ② 旅客シェア; LCCシェアは9.6 

ANA1.6ポイント低下の43.8%、JAL1.0ポイント上昇の33.3%。

SKY0.2ポイント上昇の6.5%。 

中堅3社とリージョナルはほぼ前年なみ。

 

③ 搭乗率; LCCPeachJetsta-J、およびSKY90%超レベル、
JAL
と中堅3社、VanillaSpring-JおよびIBEX80%台後半~90%。
 

ANAAirAsia-JFDA80%台前半。 

 

【搭乗率;%】

 2.国際線の動向

 

 ① 旅客数;日本の航空会社の総旅客数は74万人、うち大手2社で62万人、LCC12万人。 

JALANAが増加(計+4万人)、LCCは減少(供給座席減)。 

 

                 【増加旅客数;千人】

 ② 旅客シェア;JAL2.1ポイントと上昇して40.4%に。 

ANA0.4ポイント低下して43.6%に。
LCC
のシェアは16.0%、その過半がPeach
 

LCCは供給座席減によりシェアは1.7ポイント低下) 

 

【旅客シェア;%】

 ③ 搭乗率; LLC各社は9093%、JALはそれを上回る94%。 

ANA88%。 

【搭乗率;%】

 

以上

TD(旅行流通)勉強会

旅行流通に関する世界のニュース

 

■3月18日  

2183月1日までの主要記事をまとめた海外事情を送付します。

 

今回は、以下の通り中国関連記事が4つも有りました。 

(1)Ctrip Hotel University 

(2)Yextの中国旅行者向けアプリの追加 

(3)途家CBOインタビュー 

(4)WeChatと旅行ブランド 

 

(4)の記事以外でも、10億人以上のアクティブユーザーを持つWeChatの話題が多く登場する。 

ここでは、航空では、ANAのコンテンツがAirAsiaに次いで良く閲覧されているようです。 

中国市場をターゲットにする海外旅行ブランドは、WeChat抜きには商売できなくなるかもしれません。 

(編集人)