中長距離路線への躍進著しいLCC Norwegian Air Shuttle(NAS)を概観する(2)

中長距離路線への躍進著しいLCC

Norwegian Air ShuttleNAS)を概観する(2)

 

2015525

 

1.規模の推移(20052017);

NASの成長には目覚ましいものがある。

20052013年の8年間で、座席㌔ASK9.9倍に、旅客数は6.3(旅客㌔は10.0倍)、そして収入は7.9倍になった。

長距離路線に進出して以降2017年までの4年間で、旅客数は1.6倍ながら、座席㌔は2.1倍(旅客㌔は2.4倍)に、収入は2.0倍になった。

 

 

  《図1》規模の比較(金額はNOK13.56円で換算)

 

  《図2》規模の推移

 

2.営業利益の推移(20052017);

収益性は必ずしも順風満帆とはいえない。

近距離LCCとして規模拡大してきた2013年までは比較的安定して利益を計上してきたが、中長距離路線に進出してからは、その拡大テンポが急激だったこともあってか、赤字を出している。特に2017年は▲271億円とかつてない規模の赤字となった。

 

 

  《図3》営業損益の推移

 

3.財務体質(2017年末);

NASは財務的には、巨額の航空機投資を借入金にて賄っている構図である。

総資産5902億円のうち航空機と機材前払金で71%を占めている。

一方3567億円は借入金によっている。

純資産は5%に満たず、特に留保利益等は118億円(2%)である。

 

なお4月には英国航空を中心とするIAGグループがNASの株式の4.6%を取得した。

(今後提携が進むと考えられる。)

 

また第3者割当で112億円(NOK 824百万)の資金を調達した。  

 

《図4》財務状況感略図(2017末)

 

(3に続く)

注目した記事7.9

 

国際協力銀、JALANAの航空機向け融資保証

Aviation Wire 7/8
https://www.aviationwire.jp/archives/206199

注目した記事7.8

 エアアジア株が売買停止に 

マレーシアのLCCエアアジア・グループの2019年決算に、監査法人が起業継続の 

疑念を指摘(7日夜)したことから、8日に株式の売買が停止となった。 

但し午後2時半には解除される予定。 

78日ロイターhttps://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200708-00000090-reut-bus_all

 

  

米航空10社は総額250億㌦規模の政府融資を受けるが、この都度UA5社はその主意書に署名した。 

77日ロイター 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-airlines-idJPL4N2EE39Q 

 

LHは有料PCR検査施設を空港運営会社

と共同で開設した。3時間以内の結果

通知で139ユーロ

77Traicy https://www.traicy.com/posts/20200707174841/

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座