マルチブランド(FSAとLCC)の先駆   シンガポール航空グループを概観する(1/2)

マルチブランド(FSALCC)の先駆

シンガポール航空グループを概観する(1/2

 

2018527

 

1.シンガポール航空グループの4ブランド;

シンガポール航空はサービス形態でフルサービスとLCCに、運航距離区分で近距離と中長距離にと4つのブランドに分化させてきた。特に距離区分では、近距離は小型機(A320B737)に、中長距離は中大型機(A380B777など)に集約・統一している。

但しLCCについては2016年に近距離事業のTigerairScootに統合して、地上施設や人員などの効率化を図った。

  ※シンガポール航空のIR資料による
20173月期Annual Report20183月期Financial Report等)

 

 

 《図1》シンガポール航空グループのマルチブランド

 

《図2》シンガポール航空グループの路線図(概略)

 

  (シンガポール航空)

       

        (Silk Air

         

 

         (ScootTigerairを含む

 

2.機材構成(2017年3月末、および発注);

まず距離によって会社ごとに明確に区分している。

  近距離⇒小型機(単通路の狭胴機)

  中長距離⇒中大型機(複通路の広胴機)

そしてサービス形態によって客室仕様を区分している。

  フルサービス⇒マルチクラスでゆとりある客室と座席

  LCC⇒近距離(旧Tigerair)はEYのみの高密度(すしづめ)、

中長距離はプレミアム座席を設置

 

 《図3》シンガポール航空グループの機材構成2017.3末のものであることに留意)

 

 

 

3.事業の構成(2018年3月期);

 

① 収入構成;総収入は1兆2,885億円(SID=81.52円で換算)

  シンガポール航空(旅客)の収入が8,596億円で全体の2/3を占める。

  貨物、整備受託等の収入が計2,225億円で17%。

  Silk Air814億円で6%、LCC1,250億円で10%。

 

 

 《図4》シンガポール航空グループの収入構成(億円;%)

  収入の販売地別割合;
シンガポール航空グループは、国外の売上に依存するところが多いと考えられるが、

販売地別にみた構成は以下のとおりである。

 

 

 《図5》シンガポール航空グループ収入の販売地別構成(%)

 

③ 旅客収入と旅客数の事業別構成割合

・シンガポール航空が58%の旅客数(19.5百万人)で80%の旅客収入を稼ぐ。

Silk Air14%の旅客数(4.7百万人)で8%の旅客収入を稼ぐ。

LCC28%の旅客数(9.5百万人)で12%の旅客収入を稼ぐ。

 

 《図6》シンガポール航空グループの旅客収入と旅客数の会社別構成

 

              (旅客収入)  (旅客数)

4.日本への乗り入れ(20186月);

   日本への乗り入れは、SQが週70往復、Scootが週41往復である。

   LCCであるScootの機材は全て中長距離用のB787であり、席数は3クラス制の

335席である。(ビジネス21+プレミアムEY33EY281335席)

 

 《図6SQScootの日本乗り入れ状況(2018.6月の週間便数;往復)

以上

海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。

 

 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500