ゴールデンウイークの旅客実績概観

ゴールデンウイークの旅客実績概観

201858

 

国内航空各社が発表したGW4/275/6の旅客実績*をもとに、傾向を概観した。

(注)各社公表値及び一部日刊航空の記事をもとにしている。(前年数値は変化率から逆算)

なおリージョナル航空のFDAは含めていない。

 

 

1.  概括

    期間中の旅客数は、国内線・国際線ともに供給増率を上回る好調な伸びを示した。特にANA国内線は小型化による席数微減の中で+7%(+86千人)の伸びであった。

    LCCの国内線旅客シェアは10%を超えた(座席シェアは9.3%)。

うちJetstar-J5%で、ANA系のPeachVanillaは計4.9%とこれに並ぶ。

国際線(国内航空会社のみの数値)でのLCCシェアは18%であった。

    国際線でも大手2社の旅客数の伸びは大きいものであった。

    国内線の搭乗率は、大手2社は80%弱、一方SKYLCC85%を超えた。

国際線はANA80%、JALLCC85%超であった。

 

 

 

 

2.  図表でみるGWの各社旅客実績

  (国内線旅客シェア)

 (国際線国内会社での旅客シェア)


 

     (各社の搭乗率;%)   

 

     (各社の旅客実績)  

 

以上

注目した記事10.23

アメリカンなど米航空大手3社の79月、赤字1兆円 (日経10.23)https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65354930T21C20A0000000/

 

注目した記事10.22

国産ジェット旅客機開発、凍結へ 三菱重工業のスペースジェット(共同10.22) 

https://news.yahoo.co.jp/articles/5007320467f7f42091d9faaef14749bc78fb1e90

【独自】LCCジップエア、コロナ禍で採用拡大へ…航空業界で異例の経営判断(読売10.22)

 

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20201022-OYT1T50022/

注目した記事10.5

エアアジアが12月に日本撤退 国内航空、コロナ禍で初(日経10.5)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64621680V01C20A0TJ1000/

エアアジア、日本撤退に透けるしたたかな戦略(日経ビジネス10.1) 

(全文を読むためには会員登録が必要です。)

エアアジアについての当研究所の分析も併せてお読みください。 

マラソン講座