ANA/JAL 2016年度第3四半期決算の簡易比較

ANA/JAL 2016年度第3四半期決算の簡易比較


                                                        201721

 

      この度発表されたANAJALの上期連結決算を簡単に比較した。

(注)末尾処理により別表数値(四捨五入)と発表値(切り捨て)とが一致しない箇所がある。

 

1. 収益性概観; ともに減収ながらANAは増益、JALは減益。

          営業利益はほぼ並んだ。

 

   ・両社ともに減収;

国内旅客は価格競争で収入単価が低下してともに▲1~▲2%の減。

国際旅客と国際貨物は、燃油サーチャージ減や円高為替の影響を受けて大幅減収。
但しANAの国際旅客は規模増(座㌔+12%)に旅客が伴い減収幅は小幅。

・費用; 燃油価格低下の効果などで減少したが、JALは人件費や整備費が増加して

その効果を減殺した。

   ・利益; 営業利益は1,300億円台で両社がほぼ並び、当期純利益の規模も接近してきた。

・通期予想; 第4四半期にANAは約150億円の営業利益、JAL300億円強の営業利益を見込んでいる。

 

年間最終利益はANA800億円、JALはその倍の1,610億円を見込む。

 

2. 旅客指標概観; ANAの旅客規模はJAL1.33倍(国内線)、1.07倍(国際線)。  

搭乗率はJAL34ポイント高い。

 

   ・ 国内旅客; 旅客発着収入単価はともに▲2%低下したが、旅客数は増えて搭乗率

            は向上し、ANA65.8%、JAL69.3%となった。

・ 国際旅客; 収入㌔単価はともに▲10%程度低下、この影響で両社減収となった。

ANA+11%(座席㌔)の供給増を旅客㌔の増加が上回った。

JALは短距離のアジア線で旅客減となったが、長距離の北米線等がカバーして、旅客㌔では前年を上回った。

 

搭乗率はANAが向上して75.6%となり、JAL80%をほぼ維持した。

 

3. 財務状況; ANAは、航空機ANAは建設仮勘定を含む)と有利子負債が大きく、
        JALは、それらがともに少なく、利益剰余金が多い。

        JALはまた、株主還元の一環として自己株式の取得を進めている。 

        (期末までに300億円取得の予定)

 

 

以上

世界の航空及びツーリズム最新ニュース

 3月21日より世界の航空

 及びツーリズム最新ニュースの

 掲載を始めました。

 

 最新ニュースはこちらからご覧

 頂けます。

 

■5月20日

 

ライアン航空、ROMフェンミチーノ空港から欧州域内10都市への接続便サービスを試験的に開始した

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
       第3版