ANA/JAL 2016年度第3四半期決算の簡易比較

ANA/JAL 2016年度第3四半期決算の簡易比較


                                                        201721

 

      この度発表されたANAJALの上期連結決算を簡単に比較した。

(注)末尾処理により別表数値(四捨五入)と発表値(切り捨て)とが一致しない箇所がある。

 

1. 収益性概観; ともに減収ながらANAは増益、JALは減益。

          営業利益はほぼ並んだ。

 

   ・両社ともに減収;

国内旅客は価格競争で収入単価が低下してともに▲1~▲2%の減。

国際旅客と国際貨物は、燃油サーチャージ減や円高為替の影響を受けて大幅減収。
但しANAの国際旅客は規模増(座㌔+12%)に旅客が伴い減収幅は小幅。

・費用; 燃油価格低下の効果などで減少したが、JALは人件費や整備費が増加して

その効果を減殺した。

   ・利益; 営業利益は1,300億円台で両社がほぼ並び、当期純利益の規模も接近してきた。

・通期予想; 第4四半期にANAは約150億円の営業利益、JAL300億円強の営業利益を見込んでいる。

 

年間最終利益はANA800億円、JALはその倍の1,610億円を見込む。

 

2. 旅客指標概観; ANAの旅客規模はJAL1.33倍(国内線)、1.07倍(国際線)。  

搭乗率はJAL34ポイント高い。

 

   ・ 国内旅客; 旅客発着収入単価はともに▲2%低下したが、旅客数は増えて搭乗率

            は向上し、ANA65.8%、JAL69.3%となった。

・ 国際旅客; 収入㌔単価はともに▲10%程度低下、この影響で両社減収となった。

ANA+11%(座席㌔)の供給増を旅客㌔の増加が上回った。

JALは短距離のアジア線で旅客減となったが、長距離の北米線等がカバーして、旅客㌔では前年を上回った。

 

搭乗率はANAが向上して75.6%となり、JAL80%をほぼ維持した。

 

3. 財務状況; ANAは、航空機ANAは建設仮勘定を含む)と有利子負債が大きく、
        JALは、それらがともに少なく、利益剰余金が多い。

        JALはまた、株主還元の一環として自己株式の取得を進めている。 

        (期末までに300億円取得の予定)

 

 

以上

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

513日〜24日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、3.「アマゾンと旅行」、6.「アマゾンがインドで航空便予約開始」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)