ANA/JAL 2016年度第3四半期決算の簡易比較

ANA/JAL 2016年度第3四半期決算の簡易比較


                                                        201721

 

      この度発表されたANAJALの上期連結決算を簡単に比較した。

(注)末尾処理により別表数値(四捨五入)と発表値(切り捨て)とが一致しない箇所がある。

 

1. 収益性概観; ともに減収ながらANAは増益、JALは減益。

          営業利益はほぼ並んだ。

 

   ・両社ともに減収;

国内旅客は価格競争で収入単価が低下してともに▲1~▲2%の減。

国際旅客と国際貨物は、燃油サーチャージ減や円高為替の影響を受けて大幅減収。
但しANAの国際旅客は規模増(座㌔+12%)に旅客が伴い減収幅は小幅。

・費用; 燃油価格低下の効果などで減少したが、JALは人件費や整備費が増加して

その効果を減殺した。

   ・利益; 営業利益は1,300億円台で両社がほぼ並び、当期純利益の規模も接近してきた。

・通期予想; 第4四半期にANAは約150億円の営業利益、JAL300億円強の営業利益を見込んでいる。

 

年間最終利益はANA800億円、JALはその倍の1,610億円を見込む。

 

2. 旅客指標概観; ANAの旅客規模はJAL1.33倍(国内線)、1.07倍(国際線)。  

搭乗率はJAL34ポイント高い。

 

   ・ 国内旅客; 旅客発着収入単価はともに▲2%低下したが、旅客数は増えて搭乗率

            は向上し、ANA65.8%、JAL69.3%となった。

・ 国際旅客; 収入㌔単価はともに▲10%程度低下、この影響で両社減収となった。

ANA+11%(座席㌔)の供給増を旅客㌔の増加が上回った。

JALは短距離のアジア線で旅客減となったが、長距離の北米線等がカバーして、旅客㌔では前年を上回った。

 

搭乗率はANAが向上して75.6%となり、JAL80%をほぼ維持した。

 

3. 財務状況; ANAは、航空機ANAは建設仮勘定を含む)と有利子負債が大きく、
        JALは、それらがともに少なく、利益剰余金が多い。

        JALはまた、株主還元の一環として自己株式の取得を進めている。 

        (期末までに300億円取得の予定)

 

 

以上

海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。

 

 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500