欧州で躍進中の第3のLCC、Norwegianについて

 欧州で躍進中の第3LCCNorwegianについて

 

2017226

 

 近年、欧州でノルウエーに本部を置くLCCNorwegianが急激に伸びている。

 その会社について、LCCのトップ2であるRyanaireasyJet、そして同じような地域で

 競合しているSAS(スカンジナヴィア航空)と比較しながら概観した。

        (注)数値は2016年度の各社公表資料による。但し会計期間の差がある。

           運賃比較はネット販売会社(cheapoair.com)の数値による。

 

. Norwegianの特徴;

  先行LCCであるRyanaireasyJetが単一の小型機(A320B737型)によって、もっぱら欧州内の路線を事業領域にしているのに対し、Norwegianは小型機による欧州内運航から、新鋭中型機であるB787によって大西洋線等長距離路線に進出、その規模を急拡大している。

  財務面では、急拡大は借入金(有利子負債)に依存しているため負債比率が高い。

 

2.Norwegianの運賃例

 ① 大西洋線では、既存のFSA(フルサービス会社)に比べて格段に安い運賃を提供している。

 

   下表はNorwegianが運航している主要2路線のほぼ1か月先の最安運賃について比較したものである。$→113円で換算)

 

 ② 欧州内路線でも安めの運賃を提供しているものの、先行のLCCがあるため、割安感

 

   はさほどではなく、Ryanairに比べると高めとなっている。(同上で円換算)

 

     《参考1Norwegianの就航路線

       欧州域内線; OSLSTOCPHのほか、ロンドン、スペインをベースに小型機(B737-800186席)で運航。

 

       大西洋線等; 欧州各ベースから米国等にB787291or344席)で運航。

 

. Norwegianの急躍進

  ① 下図は過去12年間の供給規模(座席㌔)の推移を、欧州域内路線(小型機による)と、長距離路線(中型のB787による)をみたものである。

    最近3か年で長距離路線が急拡大しているのがわかる。

    搭乗率は欧州域内線は80%前後で、長距離路線は90%レベルで推移している。

 

                (棒グラフは座席㌔、折線グラフは搭乗率;右目盛)

 

  ② 下図は過去14年間と、今後2年間(予定)の機材の推移をみたものである。

 

    長距離路線の拡大を企図して、より活発にB787が導入されることになっている。

 

  ③ 下図は過去12年間の営業収益と当期純利益の推移をみたものである。

    収益は一直線に伸びているが、利益はややばらつきも見られる。
2016
年度の高利益は燃油単価下落の恩恵も受けている。

 

               (NOK13.5円で換算)

 

. 他社との比較

  ① 下表は事業地域に重なりがあるSASや、主要LCC2社(RyanaireasyJet)と経営数値を比較したものである。

   SASとの比較では、規模は類似しているが、収入単価や座席コスト、高B/E&高搭乗率という点でLCCの特性がみえる。平均旅客距離は、長距離路線の影響でNorwegianが長い。

 

   LCC2社との対比では、規模、利益率、搭乗率でいずれも下回っているが、6%という利益率は決して低いものではない。

 

  ② 下表はNorwegianの財務状況を、SASと比較しつつ見たものである。

 

航空機(含前払金)の資産規模が大きく、その原資としての借入金(有利子負債)が多いことがわかる。

 

 《参考2SASの就航路線

 

. Norwegian及び長距離LCCの展望

   Norwegianの数値も踏まえて業界を俯瞰すると以下のことが言えよう。

 

    欧米では、LCCへの適合性が高い短距離路線が、LCCの飽和状態に近づいていることに加えて、コスト効率よく航続距離のより長い新鋭中大型機(B787)の登場により、今後LCCは長距離路線へと事業領域が拡大する。 これはこれまで垣根が高かった長距離路線にもLCCへの道が広く開かれたということであり、低運賃をめぐって既存FSAとの競争は全面化することになる。最近米国では自由化に逆行する兆候も見受けられるが、大きな流れは止められず、アジアなど全世界に拡大していくであろう。

(注)これまで中長距離LCC向けの機材といえば、エアアジアXに見られるように専らA330であったが、最近はより航続距離の長いB787が伸長してきている(例えばスクート)。

 

    その中でNorwegianは、堅実な欧州内LCCとしての基盤の上に、長距離LCCとしての先行優位性を目指している。 反面その急激な拡大は財務的負担というリスクも伴う。

   今後、燃油高騰があった場合や、後発会社との競争激化をどう切り抜け、どう発展していくか注目していきたい。

 

 

以上(Y.A

海外事情

 

84~16日の主要ニュース19本のうち、いつもはPhocusWire Dailyにはほとんど表れない法人旅行に関する記事が7本(目次の下線箇所)もあった。取扱高ベースで米国市場のおよそ3割が法人旅行市場にあたり、そしてそれに加えておよそ2割程度のunmanaged business 旅行市場が存在すると言われている。つまり米旅行市場のほぼ半分あるいはそれ以上が、法人旅行で構成されていることになる。それだけ大きな市場にもかかわらず、業界ニュースが少ないのに驚かされる。(尤もこれにはPhocuswrightの親会社であるNorthstar Travel Mediaが、法人旅行市場専門誌であるBTN=Business Travel Newsを編集していることも影響している。)

 

7本の記事を読むと、この市場のセルフ予約ツールの使い勝手が極めて劣悪で、法人旅行管理会社(TMC)のサービスに対しても出張者の不満が多く、その上企業の出張規定のかなり厳しい遵守の要求のために、出張者のモラルと生産性の低下が発生している可能性がある、という何やら暗い話が連続する。要するに観光旅行市場の方が法人旅行市場よりも、旅行の計画や手配のプロセスで、テックを含めてずーっと先進洗練先行しているというのだ。

 

しかし、最近になって、この遅れた法人旅行市場に目をつけた新規参入者たちが参入しつつある。そして彼らは、企業のコスト削減最優先に変えて出張者ファースト、出張者セントリックの戦略を敷いている・・・というようなことが、これらの記事に書かれている。観光旅行のベストプラクティスを法人旅行が真似ようとしている。これはFSCLCCを真似て、FSCLCCの境界線がぼやけ始めている話と似ている。出張先で仕事の前後に休暇旅行までしてしまうブレイジャーの拡大も、法人旅行のセルフインベンションの一つのきっかけとなっているのだろうか。

 

11. OTA4つの神話」は、“高い手数料をふんだくっている悪者OTA”の評判(風評?)に対するOTA の恨み節が書いてあって面白い。(編集人)

 

 

海外事情 916日号B 

 

81923日のニュースに加え、法人旅行に関する特集シリーズ3部作の第1部を掲載する。(お盆休みのために、1週間のニュース配信となります。)

 

前々号の楽天キャピタルの都市エクスペリエンスプラットフォームFever(ロンドンとマドリッドベース)出資に引き続き、「3. 楽天、東南アジアのバジェットホテルに投資」した。

 

2. 電子IDと旅行」は、プライバシーの問題について何も触れていない。生体情報は、整形手術をしない限り究極的個人情報なのでプライバシー保護には細心の、最善の、最大限の注意が必要だ。

 

6. 米司法省、セーバーのフェアロジックス買収を否認」は、この買収が実現しない場合は、SabreNDC開発に遅れが生じる可能性がある。これは、FarelogixGDS代替システムの能力に、DOJが“お墨付き”を与えたということか。(編集人)