主要空港の国際線就航会社・便数概観

 

主要空港の国際線就航会社・便数概観

20172月3日

 

日本の主要4空港(成田、羽田、関西、中部)における国際線(旅客便のみ)の就航会社と便数について概観した。

(※)数字は各空港会社の運航状況から、128日の出発便(成田/羽田/関西)、129日の
出発便(中部)をカウントして算出した。 コードシェア便は運航会社のみのカウントとした。

 

  空港別特徴

      成田; 全238便中、日本の会社は94便(39%)。

      羽田; 全111便中、日本の会社は55便(50%)、うちANA32便。

      関西; 全168便中、日本の会社は29便(17%)、その過半(15便)はLCC

       トップの中国系会社が42便、それに次ぐ韓国系が39便。欧米系は少ない。

      中部; 全 56便中、日本の会社は  8便(14%)。 トップの中国系が17便。

 

 

 《図表1》 主要空港の国際線就航状況(会社系列でみた1日の便数)

 

 ② 成田・羽田空港の会社系列別便数概観

   ・ 日本の航空会社は149便で全体の44%。

   ・ アジア系、米系会社の便数が多く、欧州・中東系も22便とかなり多い。

   ・ 韓国、中国、香港、台湾の航空会社の便数は計94便(27%)

 

 

 

《図表2》 成田・羽田空港における航空会社系列別便数
下図表;便数
右図表;便数シェア


 

 ③ 関西空港の会社系列別便数概観

   ・ 日本会社の便数は29便で、うち過半の15便がLCCによるもの。

     ⇒ ANA(7便)の内訳; 中国線x6便と、香港線

     ⇒ JAL7便)の内訳; 北米、ハワイ、アジア、中国x2、台湾

・ 中国系と韓国系を合わせると日本の3倍近い82便で、ほぼ半分を占める。

・ 欧米系の就航便数は少なく、合わせて5%。

 

 

 《図表3》 関西空港における航空会社系列別便数


 

④ 中部空港の会社系列別便数概観

   ・ 日本会社の便数は8便で、全体の14%。

     ⇒ ANA2便)の内訳; 中国線と香港線

     ⇒ JAL5便)の内訳; ハワイ、アジア、中国線x2、台湾

・ 中国系だけで17便(31%)と日本会社の2倍超。

 

 

 《図表4》 中部空港における航空会社系列別便数



以上

■JAMRレポート 

 

  2月6日掲載しました。

 

 

 

 

 

 

 

■CAPA分析 NEW!

    

  2月20日掲載しました。

 

 2017年

   特別号② 2月21日掲載

 特別号① 2月5日掲載

 

 

 

 

 

 

  

フォーカスライトJapan 海外事情  

                               

   2月20日更新しました。

 

     好評発売中!

日本のオンライン旅行市場調査
             第3版        

 

Qantas Safety Video 2017