お盆期間の実績からみる航空業界の動向

 

お盆期間の実績からみる航空業界の動向

2017822

 

各社の夏季繁忙期間(8/1020日)の旅客実績をもとに、日本の航空業界の至近の動向を概観してみた。 (数値は日刊航空の記事からPickUpし、若干の推算を加えて作成)

 

1.国内線の動向

 ① 旅客数;総旅客数は409万人で、前年に比べて19万人(+5%)増加。

ANA8万人増、JALSKYLCC計も34万人規模の増。

ADOPeachは、供給席数減のため若干ながら減少。

 

 

                  【増加旅客数;千人】

 

 ② 旅客シェア; LCCシェアは9.1

JAL0.5ポイント低下の32.4%、

ANA0.2ポイント低下の45.4%。
ADO
Peach0.2ポイント低下。

SKYLCC3社が伸ばした。

 

 

                  【シェアの変化;ポイント】

                                        【旅客シェア;%】

 ③ 搭乗率; LCC4社とSKY90%超レベル、
JAL
と中堅のADO、ソラシド(SNA)、およびリージョナル2社は80%台後半、

ANASFJ80%台前半。

 

 

                      【搭乗率;%】

 

2.国際線の動向

 ① 旅客数;総旅客数は79万人、うち大手2社で65万人、LCC14万人。

ANALCCが増加(計+5万人)、JALはわずかながら減少(供給座席減)。

 

 

                   【増加旅客数;千人】

② 旅客シェア;JAL3ポイントと大幅に低下して38.3%に。

ANA0.7ポイント上昇して44.2%に。
LCC
のシェアは17.5%、その過半がPeach

LCC2社を含むANAグループでは+2.3ポイント増の58.6%に)

 

 

                     【シェアの変化;ポイント】

                                                        【旅客シェア;%】

③ 搭乗率;全社高レベルながら、ANAは比較的に低めの89%。

 

 

            【搭乗率;%】

2017年夏季繁忙期間の旅客実績 》(8/108/20

 

 

以上

海外事情

 

2. OYO、欧州で1,000人採用」、「5. OYO データサイエンスのダナミカ買収」と、インドのユニコーンOYO2013年設立)の威勢が良い。201810月には日本にも進出、20194月には、ソフトバンクと組んで合弁会社「OYO Hotels Japan合同会社」を立ち上げた。ソフトバンク・ビジョンファンドも、作9月に数億ドルを投資している。OYOは、Airbnbに次いで宿泊施設オンライン販売のグローバル プラットフォームになりつつある。“売り”(セールスポイント)はテクノロジーのサポート。 

 

10. グーグル、バケーションレンタルにVacasa追加」、「13. グーグルのホテル最低価格保証はあるのか?」を読んでみても、Google Tripの勢いも止まらない印象だ。Googleは、自身の事業のコアコンピタンスは、あくまでオンライン広告事業であり、旅行領域の拡大は、単にそれを保管するものだと言っているのだが・・・、タビマエ・タビナカ・タビアトのエンドツーエンドの旅行サービスをこれだけ多くシームレスに一気通貫に提供するとなれば、最早 立派な総合旅行会社となっていると言われても間違いない。(編集人)