2015年度第1四半期 ANA/JAL決算比較

2015年度第1四半期 ANAJAL決算比較

 

 この度ANAJALから公表された資料をもとに、両社の収益性などを比較してみた。

 

1. 損益の状況

     両社ともに増収増益。

ANAは規模増(特に国際旅客)による増収が大きく、JALとの収入規模差は

更に拡大した。

通年では、ANAは増収増益を見込み、JALは小幅ながら減収減益を見込んでいる。

 

《図表1》 益計算書の比較


    営業利益増のほぼ全てが燃油費減の効果に帰結する勘定になる。

収入(航空運送)に対する燃油費の割合が大幅に低下。

  その影響額(試算)は、ANA 164億円*、JAL 186億円

   *他社便のコードシェア(機材費)に含まれる燃油費もあるため、実質効果はこれより大きい。


《図表2》 益計算書の比較


    ANAJALの規模差は更に拡大

  ANAの収入規模はJAL1.33倍。

  特に国内旅客の収入規模はJAL1.39倍となった。

  国際旅客もJALを抜いて、9%上回るようになった。

  貨物事業や付帯事業も多角化を図るANAが大きい。


《図表3》 収入別比較


2. 旅客収入の状況

    国内旅客;旅客単価Upで増収

  両社、旅客数はほぼ前年並みながら、単価UPで増収となった。

  供給規模の縮小があったため、搭乗率は上昇した。

  搭乗率はJALの方が高いが、ANAの対前年上昇幅が大きく、両社接近してきた。

 

    国際旅客;規模増を上回る旅客増で搭乗率大きくUP

旅客数ではANAJALを下回るが、長距離路線が多く、旅客㌔単価も高いこと

から収入規模はANAが大きい。

搭乗率はJALが大幅に上回っている。

 

《図表4》 旅客に関わる指標比較


   ③   国際旅客の路線別比較;欧州線、中国線はANAが圧倒

1)路線別に収入(試算額)をみると、JALに対してANAは、

  欧州線と中国線でJALを圧倒し、大平洋線でも大きく上回っている。

  JALが上回っているのはアジア線のみ。


《図表5》 国際旅客収入の路線別比較(試算値による)

 


2)路線別に搭乗率と旅客㌔単価をみると、

  搭乗率は、JALはどの路線でもANAを上回っており、特に太平洋線と

  中国線では大幅に高い

  旅客㌔単価をみると、両社ともに路線距離の短い中国線が約20円と高く、

大平洋線とアジア線が低めである。

  旅客㌔単価は、中国線を除き、ANAJALより高い。

 

《図表6》 国際旅客の搭乗率と旅客㌔単価の比較(試算値による)

3. コスト構造の比較

    航空運送事業について、各費用の額や営業利益を、「運送収入を100とした指数」で

比較した。       

(注)運航4費用; 燃油費、空港使用料、機材費、整備費

 

    運航4費用と粗利益; JALは粗利益率が大幅に高い

  全ての費用でANAが高い数値となり、4費用合計ではJAL47.5に対して、
ANA
59.6となっている。

  収入から運航4費用を差し引いた粗利益は、「JAL 52.5」に対して「ANA 40.4」と

大幅に差がある。 
両社の営業利益率 (ANA 4.9、 JAL 13. 2)の差にも、これが大きく影響していると

考えられる。

 

    費用項目別にみると、

  燃油費、空港使用料、整備費; JALは、機材の収益効率が高いと言えよう。

   即ち、比較的コスト効率のよい小型の機材で、搭載効率(搭乗率など)も高い

   ために、収入に対するコスト比率が低く保たれている(粗利益率が高い)と

   考えられる。

  機材費; ANAは中堅3社などからコードシェアで座席を購入しているが、

それには燃油費や人件費などの要素も含まれていることから、高い数値になっていると考えられる。

  人件費; ANAは、労務コストのかなりの部分が、機材費やその他費用(委託費等)に分類されているため、人件費としての割合が低いと考えられる。

 

《図表7》 コスト構造の比較(試算値による)


以上

Meet KLM Care-E