空港ミニ概観(羽田とLHR、JFKの比較)

 

空港ミニ概観(羽田とLHRJFKの比較)

2015830


 

羽田空港について、London Heathrow空港やNew York JFK空港と定量的に簡易比較してみた。

  (注)数値は、LHRJFK2014年の当局資料、羽田は2013年度当局資料による。

 

   年間総発着回数は、滑走路2本のLHR47.1万回(1日当り645出発便)、同4本のJFK42.2万回(同579便)。これに対し羽田(4本)は40.7万回(同558便)。

 

   年間総旅客数は、LHR7340万人と最も多く、便平均の旅客数は156人。

JFK5325万人で、便平均旅客数は126人。

羽田は6945万人で、便平均旅客数は171人であり、大型機の割合が高いことを物語っている。

 

 

《図表13空港の発着回数と旅客数


なお、20158月最終週のOAGデータをもとにしたCAPAの資料で、定期便の発着量を

時間帯別にみたのが下図である。

 

  各空港ともに06002259の発着量が多く、JFKと羽田は23001600の発着量は少ない。LHRについては23000600には定期便の発着がみられない。

06002259の間をみると、LHRの発着量が最も多く、羽田は時間当たり80

程度が万遍なく続き、JFKはややばらつきがみられる。

 

  平均座席数は、羽田が233席と多く、LHR203席、JFK169席となっている。

 

 《図表23空港の時間帯別発着回数


以上(Y.A)

旅の写真カフェ 12月5日 NEW!

 

・全国一宮 第24回 「越前国一之宮 気比神宮」

ステキすぎるクリスマス