日本の航空旅客マーケット ミニ概観

日本の航空旅客マーケット ミニ概観

2015831

 

日本の航空旅客市場について、20132014年度の当局資料や各社の資料をもとに、若干の推定を加えて、概観してみた。

 

.国内旅客市場

 2014年度の旅客数は約9,400万人、うちANAがその46%の4,300万人※。

LCCはその8%の760万人で、スカイマークや中堅3社(Air Do、ソラシド、スターフライヤー)を上回る。但し今夏繁忙期のLCC4社のシェアは10%を超えた。

(※)ANAは中堅3社やリージョナル会社とのコードシェアを活用しているが、
その旅客数は約4%にあたる350万人強と推算される。

 

 《図表12014年度国内線旅客数とシェア


 《図表22015年夏季繁忙期の国内線旅客シェア

.国際旅客市場

2013年度の旅客数は約6,000万人、うち日本の航空会社はその25%の1,500万人。

2014年度の日本の航空会社の旅客数は140万人増えて約1640万人となった。

またANAJALの旅客数はほぼ同じ規模となった。

 

 ② 2014年度の収入をもとにしてJALANAを路線別に比較すると、

   ANAは欧州線と中国線でJALを上回り、
JAL
は大平洋線とアジア&オセアニア線で上回っている。

 

 《図表320132014年度国際線旅客数とシェア


 《図表42014年度国際旅客収入の路線別JAL/ANA比較(単位;億円)

 ③ 20158月最終週の日本発着便数をみると、

   1日の便数(往復ベース)は639便で、うち日本の航空会社はその28.5%の182便。

   中国・韓国・台湾の航空会社は合計246便(38.4%)で、日本の航空会社を大きく

上回り、外国社の過半を占める。

 

(日本の航空会社の内訳)

 JAL10.9%(系列LCCJetstar-Jを合わせて11.1%)に対し、

ANA13.4%、系列LCCPeachVanillaを合わせると16.3%となる。

貨物専用会社のNCA1.1%)を除いてみれば、ANA系で日本側の約6割をを占める

に至っている。

 

   日本の航空会社の便数シェアが低いのは、地方空港発着便が殆ど無いことも影響している。(諸外国では、その国の航空会社の便数シェアが半数近くを占めているのが一般的である。)


 《図表5》日本発着便数(往復/日)とシェア(CAPA資料による)

 


 

Y.A)以上

注目した記事6.30

 

ANAの株主総会

 

629日に開催されたANAホールディングスの株主総会の模様が短く紹介されている。

 

日経では資金について、時事通信では航空会社再編の観測について述べられている。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60914750Z20C20A6000000/

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062900433&g=eco

 

またYAHOOANA/JALを評した町田徹氏の現代ビジネスの記事を紹介している。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/de3ecd8f898fefe8e278e2613f088b3032642367?page=1

 

注目した記事6.30

 

英国の2WQ規制への業界の否定的反応とエアブリッジについての記事(上)をYAHOOで紹介している。

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/masutanieiichi/20200629-00185713/

 

注目した記事6.30

 

仏、環境対策で多数の短距離航空路線を恒久廃止へ(6/29 Forbes

 

AFへの緊急援助に紐付け要請

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/7edce8187f25529bd5f0c5b272c91a1b7ef37093

 

注目した記事6.27

 

タイのLCCノックスクートが会社清算

 

多くのメディアがこれを報じています。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60881550W0A620C2FFE000/

 

http://pattayalife.net/archives/32378

 

注目した記事6.21

JAL、第71回株主総会についての記事をいくつか紹介します。 

資金調達;5000億円のメドがたち、うち2000億円は調達済み。 

「日本の航空会社の一本化」は全く考えていない。期末配当は無配。など 

トラベルWatch6.19. https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1260204.html 

YAHOO!ニュース6.19. https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1260204.html 

乗りものニュース 6.19. https://trafficnews.jp/post/97344/3

注目した記事6.21

航空旅客需要の回復についてロイターがのべている。 

国内線は来年にも可能、国際線は3-4年かかるとの声。 

ロイター 6.18. 「焦点:国内航空大手、対策徹底で旅客の呼び戻し図る」 

https://jp.reuters.com/article/air-jp-covid-idJPKBN23P0X2

注目した記事6.20

コロナ後生まれた、新しいサービススタンダードが紹介されている。

 

マスク着用でCAに求められる「目の表情で伝える・感じ取る力」。JALの羽田~福岡線に乗って分かったコロナ後の新基準(トラベルWatch6.19)

https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/tabirepo/1259855.html

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座