日本の航空旅客マーケット ミニ概観

日本の航空旅客マーケット ミニ概観

2015831

 

日本の航空旅客市場について、20132014年度の当局資料や各社の資料をもとに、若干の推定を加えて、概観してみた。

 

.国内旅客市場

 2014年度の旅客数は約9,400万人、うちANAがその46%の4,300万人※。

LCCはその8%の760万人で、スカイマークや中堅3社(Air Do、ソラシド、スターフライヤー)を上回る。但し今夏繁忙期のLCC4社のシェアは10%を超えた。

(※)ANAは中堅3社やリージョナル会社とのコードシェアを活用しているが、
その旅客数は約4%にあたる350万人強と推算される。

 

 《図表12014年度国内線旅客数とシェア


 《図表22015年夏季繁忙期の国内線旅客シェア

.国際旅客市場

2013年度の旅客数は約6,000万人、うち日本の航空会社はその25%の1,500万人。

2014年度の日本の航空会社の旅客数は140万人増えて約1640万人となった。

またANAJALの旅客数はほぼ同じ規模となった。

 

 ② 2014年度の収入をもとにしてJALANAを路線別に比較すると、

   ANAは欧州線と中国線でJALを上回り、
JAL
は大平洋線とアジア&オセアニア線で上回っている。

 

 《図表320132014年度国際線旅客数とシェア


 《図表42014年度国際旅客収入の路線別JAL/ANA比較(単位;億円)

 ③ 20158月最終週の日本発着便数をみると、

   1日の便数(往復ベース)は639便で、うち日本の航空会社はその28.5%の182便。

   中国・韓国・台湾の航空会社は合計246便(38.4%)で、日本の航空会社を大きく

上回り、外国社の過半を占める。

 

(日本の航空会社の内訳)

 JAL10.9%(系列LCCJetstar-Jを合わせて11.1%)に対し、

ANA13.4%、系列LCCPeachVanillaを合わせると16.3%となる。

貨物専用会社のNCA1.1%)を除いてみれば、ANA系で日本側の約6割をを占める

に至っている。

 

   日本の航空会社の便数シェアが低いのは、地方空港発着便が殆ど無いことも影響している。(諸外国では、その国の航空会社の便数シェアが半数近くを占めているのが一般的である。)


 《図表5》日本発着便数(往復/日)とシェア(CAPA資料による)

 


 

Y.A)以上

■4月5日 NEW!

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

TD(旅行流通)勉強会

旅行流通に関する世界のニュース

 

■4月16日  NEW!

 

 

「オフラインの世界に戻る Part 4(最終回)ハイテック対ハイタッチ ホテル」が、H.I.S.の「変なホテル」とForbes 5つ「Boston Harbor Hotel」の極端な2つのケースを比較していて面白い。宿泊業界は、ハイテックで割安なホテルと、高価であるがそれに見合う人的サービスを提供するホテルの2つのセグメントに別れるのだろう。航空業界におけるLCCFSAの違いと似通った話なのかもしれない。それにしても、Boston Harborの徹底したCRMは物凄い。

 

しかし宿泊施設では、これにホームシェアー(private lodgingとかalternative lodging facilityとも呼ばれている)の新経済が加わる。

 

 

Google 民泊拡大」は、GoogleHotel Searchにバケーションレンタル施設を加えたと報じている。

 

Expedia Groupなどの提携サイトの掲載施設をリストすると言う。これはバケーションレンタルのメタサーチ?Googleの旅行市場への参入はとどまるところを知らない。そのGoogleが、先々週、欧州委員会から独禁違反で14.9億ユーロの制裁金支払いを命じられた。これでGoogleの独禁違反は3回目となる。中核事業(特に個人情報集約)の先行きを案じて旅行業を含む事業の多角化を目指していると勘ぐる。

 

 

「エアビー5億人利用」によれば、民泊本家のAirbnbが累計で5億人の利用者獲得を達成し、600万軒の代替宿泊施設をリストしている。Booking.com570万軒を上回ったと言っているが、即予約(インスタント・ブッキング)できる施設数ではBooking.comが追い抜いていると理解している。Airbnbは、OTAHotelTonightを買収したと思ったら、今度はインドのOYO$150M~$200Mを投資したらしい。年内上場を睨んで、Airbnbの事業拡大戦略が継続している。

            (編集人)