スターフライヤーの2014年度決算概観

2015年5月3日

 

スターフライヤーの2014年度決算概観

 

先般公表されたスターフライヤーの決算について、同社の輸送実績等(推定を含む)を

加味しつつ概観した。


 

1.収支概観 (図表1参照)

「ANA提携効果で黒字化!」

  ANAとのコードシェア拡大(総座席数の3分の1以上)で、座席販売収入が大幅に増加して収益性が安定し、前年の大幅赤字から黒字(営業利益2億円)に転じた。

為替差益もあって、経常利益は9億円を計上した。

  事業規模(便数)は8%拡大したが、営業費用は4%減少したことも収支改善に繋がった。

  来年度も増収増益を見込んでいる。

 

2.収益性の指標 (図表2参照)

  自社販売座席数は▲13%減少し、旅客数も減ったが、搭乗率は2ポイント向上して

67.5%となった。

  便当り収入は4万円減少して157万円(うち座席販売収入は48万円)となったが、

費用が20万円と大幅に減少して156万円となり、利益を計上できた。

  旅客単価(自社販売分)はほぼ前年なみの約17,000円であった。

他方座席コストは、前年より9%低下して約11,400円となった。

その結果、B/Eは7367%(▲6ポイント)と大幅に改善した。 


《図表1》 2014年度の損益計算書


《図表2》 2014年度の収益性指標(含推定)


                                                                                                                   以上

TD(旅行流通)勉強会

旅行流通に関する世界のニュース

 

■2月16日

この号では、航空流通とホテル流通の面白いニュースがありました。 

 

2030年の航空会社流通 Part 1」は、少々長い読みものですが、Part 1なので、”2030年の予測としながらも、現在の航空会社の流通をわかりやすく解説しています。部分部分には、旅行業界全般にも共通した流通の問題が発見されます。Part 2以降は、次号に掲載します。