スターフライヤーの2014年度決算概観

2015年5月3日

 

スターフライヤーの2014年度決算概観

 

先般公表されたスターフライヤーの決算について、同社の輸送実績等(推定を含む)を

加味しつつ概観した。


 

1.収支概観 (図表1参照)

「ANA提携効果で黒字化!」

  ANAとのコードシェア拡大(総座席数の3分の1以上)で、座席販売収入が大幅に増加して収益性が安定し、前年の大幅赤字から黒字(営業利益2億円)に転じた。

為替差益もあって、経常利益は9億円を計上した。

  事業規模(便数)は8%拡大したが、営業費用は4%減少したことも収支改善に繋がった。

  来年度も増収増益を見込んでいる。

 

2.収益性の指標 (図表2参照)

  自社販売座席数は▲13%減少し、旅客数も減ったが、搭乗率は2ポイント向上して

67.5%となった。

  便当り収入は4万円減少して157万円(うち座席販売収入は48万円)となったが、

費用が20万円と大幅に減少して156万円となり、利益を計上できた。

  旅客単価(自社販売分)はほぼ前年なみの約17,000円であった。

他方座席コストは、前年より9%低下して約11,400円となった。

その結果、B/Eは7367%(▲6ポイント)と大幅に改善した。 


《図表1》 2014年度の損益計算書


《図表2》 2014年度の収益性指標(含推定)


                                                                                                                   以上

注目した記事6.30

 

ANAの株主総会 

629日に開催されたANAホールディングスの株主総会の模様が短く紹介されている。 

日経では資金について、時事通信では航空会社再編の観測について述べられている。 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60914750Z20C20A6000000/ 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020062900433&g=eco

 

またYAHOOANA/JALを評した町田徹氏の現代ビジネスの記事を紹介している。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/de3ecd8f898fefe8e278e2613f088b3032642367?page=1

 

注目した記事6.30

 

英国の2WQ規制への業界の否定的反応とエアブリッジについての記事(上)をYAHOOで紹介している。

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/masutanieiichi/20200629-00185713/

 

注目した記事6.30

 

仏、環境対策で多数の短距離航空路線を恒久廃止へ(6/29 Forbes

 

AFへの緊急援助に紐付け要請

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/7edce8187f25529bd5f0c5b272c91a1b7ef37093

 

注目した記事6.27

 

タイのLCCノックスクートが会社清算 

多くのメディアがこれを報じています。 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60881550W0A620C2FFE000/ 

http://pattayalife.net/archives/32378 

注目した記事6.21

JAL、第71回株主総会についての記事をいくつか紹介します。 

資金調達;5000億円のメドがたち、うち2000億円は調達済み。 

「日本の航空会社の一本化」は全く考えていない。期末配当は無配。など 

トラベルWatch6.19. https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1260204.html 

YAHOO!ニュース6.19. https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1260204.html 

乗りものニュース 6.19. https://trafficnews.jp/post/97344/3

注目した記事6.21

航空旅客需要の回復についてロイターがのべている。 

国内線は来年にも可能、国際線は3-4年かかるとの声。 

ロイター 6.18. 「焦点:国内航空大手、対策徹底で旅客の呼び戻し図る」 

https://jp.reuters.com/article/air-jp-covid-idJPKBN23P0X2

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座