お盆期間の実績からみる航空業界の動向

お盆期間の実績からみる航空業界の動向


2015年8月18日

 

各社が発表したお盆期間(夏季繁忙期間;8/716日)の旅客実績をもとに、日本の航空業界の至近の動向を概観してみた。

 

1.国内線の動向

 ① 旅客数;総旅客数は326万人で、前年に比べて16万人(+5%)増加。

うち7万人はLCC+28%)、大手2社が8万人(+3%)。

中堅の4社はソラシドを除き伸び悩み~減少。

ANAは規模増によって、JALは効率向上で、旅客増を達成。


 ② 旅客シェア;大手2社とSKYが低下、LCCは上昇。

   大手2社のシェアは8078%と低下、

LCCは上昇して10%を超えた。

    JAL+Jetstar-J38%、ANA+系列LCC50

搭乗率;LCC90%レベル、中堅4社(含SKY)は80%台、大手2社は70%台。

   ANAは規模増 ⇒中大型機や中堅3社とのコードシェア増で市場影響力の拡大を志向

   JALは効率増 ⇒小型化による搭乗率Upで収益性を志向

2.国際線の動向


 ① 旅客数;総旅客数は61万人で、前年に比べて5万人(+10%)増加。

うち大手2社が3万人(+6%)、LCC2万人(+49%)

 

 ② 旅客シェア;LCCのシェアは7% ⇒10%と大きく上昇。

JALのシェアはが▲3.5ポイント低下。

系列のJetstar-Jと合せても▲3ポイント低下して、

46%となった。

ANA+系列LCC51 54%となった。

 

 ③ ANAJALの戦略の差;

規模・基盤拡大でシェアと市場影響力の強化を目指すANA

効率向上で収益性維持強化を目指すJAL

の戦略の差が伺える。


2015年夏季繁忙間の旅客実績


以上(Y.A)

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500