お盆期間の実績からみる航空業界の動向

お盆期間の実績からみる航空業界の動向


2015年8月18日

 

各社が発表したお盆期間(夏季繁忙期間;8/716日)の旅客実績をもとに、日本の航空業界の至近の動向を概観してみた。

 

1.国内線の動向

 ① 旅客数;総旅客数は326万人で、前年に比べて16万人(+5%)増加。

うち7万人はLCC+28%)、大手2社が8万人(+3%)。

中堅の4社はソラシドを除き伸び悩み~減少。

ANAは規模増によって、JALは効率向上で、旅客増を達成。


 ② 旅客シェア;大手2社とSKYが低下、LCCは上昇。

   大手2社のシェアは8078%と低下、

LCCは上昇して10%を超えた。

    JAL+Jetstar-J38%、ANA+系列LCC50

搭乗率;LCC90%レベル、中堅4社(含SKY)は80%台、大手2社は70%台。

   ANAは規模増 ⇒中大型機や中堅3社とのコードシェア増で市場影響力の拡大を志向

   JALは効率増 ⇒小型化による搭乗率Upで収益性を志向

2.国際線の動向


 ① 旅客数;総旅客数は61万人で、前年に比べて5万人(+10%)増加。

うち大手2社が3万人(+6%)、LCC2万人(+49%)

 

 ② 旅客シェア;LCCのシェアは7% ⇒10%と大きく上昇。

JALのシェアはが▲3.5ポイント低下。

系列のJetstar-Jと合せても▲3ポイント低下して、

46%となった。

ANA+系列LCC51 54%となった。

 

 ③ ANAJALの戦略の差;

規模・基盤拡大でシェアと市場影響力の強化を目指すANA

効率向上で収益性維持強化を目指すJAL

の戦略の差が伺える。


2015年夏季繁忙間の旅客実績


以上(Y.A)

旅の写真カフェ 12月5日 NEW!

 

・全国一宮 第24回 「越前国一之宮 気比神宮」

ステキすぎるクリスマス