JAMRレポート

 

  JAMRレポートは、当研究所主席研究員による航空業界の
  今の情報を、JAMR独自の分析を行い、わかり易く解説しています。

 

  また、これらの分析のより詳しいレポートを必要とされる方は
  当研究所までご連絡下さい。


    お問い合わせはこちらから 

 

 

2015年レポート

■11月14日 NEW!


国管理空港の収支と空港ビル会社の決算


国交省が試算した国管理空港の収支試算(H25年度)と、それに対応する空港ビル会社等の決算の情報(H26年度)をもとに、簡単に分析してみた。


空港&空ビル分析(2015年11月14日).pdf
PDFファイル 612.3 KB

■11月2日 

 

2015年度上半期 ANAJAL決算比較(その1

 

この度ANAJALから公表された資料をもとに、両社の収益性などを比較してみた。

 

2015年度第上期ANA&JAL比較(その1).pdf
PDFファイル 231.1 KB

■11月2日 

 

2015年度上半期 ANAJAL決算比較(その2)

 

 

この度ANAJALから公表された資料をもとに、両社の収益性などを比較してみた。

2015年度第上期ANA&JAL比較(その2).pdf
PDFファイル 241.2 KB

■9月1日

 

Peach Aviation の収益性(試算)

 

Peach が公表した資料をもとにして、2014 年度の収益性を概算試算してみた。

LCC で利益をあげるスキームが確立したようにみえる。

 

Peach Aviationの収益性.pdf
PDFファイル 225.7 KB

■8月31日 

 

日本の航空旅客マーケット ミニ概観

 

日本の航空旅客市場について、2013~2014 年度の当局資料や各社の資料をもとに、若干

の推定を加えて、概観してみた。

 

日本の航空旅客市場ミニ概観.pdf
PDFファイル 251.7 KB

■8月30日 

 

空港ミニ概観(羽田とLHRJFKの比較)

 

羽田空港について、London Heathrow空港やNew York JFK空港と定量的に簡易比較してみた。

 

 

 

空港ミニ概観.pdf
PDFファイル 193.3 KB

■8月18日


お盆期間の実績からみる航空業界の動向


各社が発表したお盆期間(夏季繁忙期間;8/716日)の旅客実績をもとに、日本の航空業界の至近の動向を概観してみた。



お盆期間の実績からみる航空業界の動向.pdf
PDFファイル 229.5 KB

■8月14日


日本のLCCの業績と黒字化の展望(試算)


Peach AviationVanilla Air2014年度決算が公表されたのを機に、日本のLCC4社の収支財務状況について改めて横並び比較してみた。



日本のLCCの業績と黒字化の展望Rev2.pdf
PDFファイル 329.3 KB

■8月12日



中堅3社の収支財務状況概観



中堅3社の収支財務状況概観.pdf
PDFファイル 241.6 KB

■8月1日



2015年度第1四半期 ANAJAL決算比較

2015年度第1四半期ANA&JAL比較.pdf
PDFファイル 286.2 KB

■7月31日

 

 

小型機墜落の原因についての考察

 

 

小型機墜落の原因についての考察.pdf
PDFファイル 296.3 KB

■7月26日


スカイマーク再建問題について思う

 

 

スカイマーク再建問題について思う.pdf
PDFファイル 232.9 KB

■5月28日 


米国航空事情2015 (2)

【エアライン記事の読み方】



JAMRレポート【米国航空事情2015②】ver1.0 (2).pdf
PDFファイル 1.4 MB

■5月3日


スターフライヤーの2014年度決算概観


先般公表されたスターフライヤーの決算について、同社の輸送実績等(推定を含む)を

加味しつつ概観した。



スターフライヤーの2014年度決算概観.pdf
PDFファイル 169.4 KB

■5月3日


ANA/JAL決算簡易比較


この度発表されたANAJALの連結決算を簡単に比較した。

(注)末尾処理により別表数値(四捨五入)と発表値(切り捨て)とが一致しない箇所がある。



2014ANAJAL決算簡易比較.pdf
PDFファイル 241.8 KB

■4月19日


エミレーツ航空概観


エミレーツ航空は、UAEを構成するドバイ首長国の主要事業の一つとして近年急激に勢力を伸ばし、今では欧州や米国の航空事業との間で軋轢を生じるまでになった。

一方では、アブダビをベースとするエティハド航空や、ドーハをベースとするカタール航空と、同じマーケットで激しく競争している。

今回その業容を概観した。

エミレーツ航空概観.pdf
PDFファイル 382.2 KB

■4月8日


春秋航空の2014年度業績概観


この度発表された春秋航空日本の2014年度業績(2014.112月)について、国交省の発表資料も加味して若干の分析を加えて概観した。




春秋航空の2014年度業績概観.pdf
PDFファイル 211.8 KB

■3月3日    シリーズでお届けします。

 

米国航空事情2015 (1)

 

 

このレポートは米国の民間航空の現状をまとめたものである。 最近の米国発信のニュースに大きなものはない。 それは、逆に欧州のような経営不振のニュースもないということである。 その背景が何であるか関心があった。 このレポートは特別、目新しい事柄をご紹介するものではなく、米国の航空業界の動向を理解できるよう、基礎的な事柄を整理したものである。

JAMRレポート【米国航空事情_2015年①】v1.0.pdf
PDFファイル 1.3 MB

■1月3日 


PeachJetstar-Japanの経営比較


日本のLCCの両雄と考えられるPeachJetstar-Japanについて、その経営数値を比較した。


Jetstar&Peach比較R.pdf
PDFファイル 321.8 KB

海外事情

 

6 10 日から 21 日までの 2 週間のオンライン旅行流通に関係する海外主要記 事です。
この号では、「3. OTA エアビーとレートパリティー」に注目したいと思います。 Airbnb がホームシェアに加えてホテルまで販売するとなると、
泊とホテルが 一つのプラットフォーム上で横並びにリストされることになり、タイプの異な る施設同士の価格比較が難しくなって、レートパリティーの維持が困難になる と言っている・・・と理解しました。しかし「(Airbnb では)、ゲストが施設の 真のコストを判断できない不明瞭なプライシングの環境が存在する」とはイマ イチ良く理解できませんでした。Airbnb が最近導入したホストオンリーのコミ ッションモデルであれば、OTA のモデルと近似するのですから、そんなことに はならない、のではないでしょうか?
 

 

Airbnb が上場して・・・顧客獲得コストが上昇・・・ホテルの直販志向を強 くさせることになるが・・・一方でパリティー破りの悪役である格安販売のホテ ルオンリーの業者が増加するデメリットも存在する」とも言っています。しか し、ホテルにとっては、Airbnb のホテル販売開始によってチャネルがそれだけ 増えるので(OTA の中抜きのチャンスが生じるので)良いことである、と考え るのは間違っているのでしょうか?ホテルオンリーのパリティー破りは、 Airbnb とは関係のない別の次元の話では。「Airbnb のコミッションが、将来値 上げされる可能性もある」と言っていますが、EXPEBKNG との対抗上、こ の大手 OTA2社を上回ることにはならないのではないでしょうか。Airbnb の 多角化戦略は、「焦点が合っておらず・・・会社(Airbnb)は衰退する可能性が ある」とも言っていますが、ホームシェアからホテル販売を開始して、OTAHotelTonight を買収し、OYO に投資し、そしてタビナカの Experiences プロダ クトを開発して EXPEBKNG に競争を挑むのは、まさに Airbnb総合旅行 会社になるという大いなる経営ビジョンであると考えるべきだと思います。 この記事の著者(OTA Insight, Chief Commercial Officer)は、Airbnb に対して かなり否定的であるようです。中小の独立ホテルにとっては、そもそもパリティ ーに縛られたくない筈ですから、Airbnb がパリティー維持を困難にしてくれる というのであれば、これは歓迎すべきことではないのでしょうか。最後に「ホテ ルは、ますます複雑化する流通を制御することができない。ゲストが他では取得 できない並外れたエクスペリエンスを提供することに最善を尽くし続ける必要 がある」については全く同感です。 

 

恒例のメアリー・ミーカーの「インターネット・トレンド 2019」が発表されま した。「12. メアリー・ミーカー、インターネット・トレンド発表」
この 333 枚のスライドでは、日本の企業は Sumitomo MitsuiLINEMIXI の たったの3社が言及されているに過ぎません。中国は独立した章(11China) で 30 ページ以上が割かれています。日本のインターネットテクノロジーの弱さ が見て取れて、とっても悲しいことです。(編集人)