第7回:  国内旅客の概観(5)~市場別にみると~

                                      2019年4月16日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第7回; 2019年4月16日)

  

国内旅客の概観(5)~市場別にみると~  

成長は首都圏市場(羽田/成田発着路線)、ほかは伸び悩み

 

  

1.旅客が増えているのは羽田/成田発着の路線 

国内線を大きく4つの路線に分けて2000年度からの需要推移をみた。

 

      羽田/成田基幹4路線; 羽田/成田と新千歳、大阪、福岡、那覇と結ぶ路線

 

      羽田/成田ローカル路線;  羽田/成田と上記以外の空港を結ぶ路線

 

      大阪路線; 伊丹/関西/神戸と羽成以外の空港とを結ぶ路線

 

      その他の路線; 上述以外の路線

 

 

    旅客は羽田/成田発着路線で増えている(基幹4路線、羽成=ローカル線ともに) 

一方で、その他の路線は低調(特に大阪路線)

           その結果羽田/成田路線の旅客シェア(首都圏市場シェア) 

200060% →(200665% →(201767%と2/3を占めるに至った。     

 

       (路線別旅客数の推移) 単位;万人 

 

   20062017年度の動きに注目すると、2極分化がみられる。

 

2000/2006/2017の旅客数を比較、特に20062017の動きに着目すると、

 

・ どの路線もLCCの効果を大きく受けている(全路線で977万人)ものの、

 

・ /成路線(基幹4路線、ローカル線ともに)では、LCC効果がほぼそのまま旅客増につな
がっている(総旅客は+525万人←LCC588万人)のに対して、

 

・ 大阪路線その他路線は、LCCで旅客が増えた(389万人)ものの、
総旅客数はほぼ2006年度のレベルに留まっている。
即ちLCC効果は旅客拡大には機能していない(旅客減の緩和効果のみ)。
 

 

 20172006の変化に注目すると) 

      羽成基幹4路線、羽成ローカル線ともにLCC効果が需要を積み上げている
(旅客数;万人;赤はLCCシェア;%

 

       (羽成基幹4路線)          (羽成ローカル線) 

      旅客数;万人、シェア;%


 

・ 大阪路線、その他路線はLCCが需要増に繋がっていない。
(⇒LCC効果で2006年度の需要規模をかろうじて維持している)


   (大阪路線)                 (その他路線)


 

  羽田/成田基幹4路線の旅客増減 

 

/成基幹4路線について、もう少し詳しくみることにする。

 

   ・ 新千歳は緩やかな増勢が続くが、2006比ではLCC161万人に対し、総旅客は+87万人。

        (LCC効果を下回る)

 

      大阪LCC効果(+107万人)が打ち消されて、2006比ではむしろ減少(▲16万人)

 

      福岡2006比で、LCC98万人を越えて総旅客が増加(+141万人)

 

SKYSFJの参入/増便効果も機能していると考えられる

 

      那覇は高い増勢が続き、2006比でも、LCC増に対し総旅客はその倍以上の+138万人。

 

  (羽成=新千歳) 旅客数;万人        (羽成=大阪)


  (羽成=福岡)                 (羽成=那覇) 


   次回(第8回)の予定です。 

国内旅客の概観(6)~市場別にみる(続)~ 

需要けん引は「LCC」と「沖縄」

 

以上

 

海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500