第6回:  国内旅客の概観(4)~会社別にみると~ 中堅会社とLCC

                                      2019年4月15日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第6回; 2019年4月15日)

  

国内旅客の概観(4)~会社別にみると~ 

中堅会社とLCC

 

 

1.中堅会社の需要推移(2000~) 

 

    中堅3社等の旅客が565万人、ANACS便旅客が437万人2017年度) 

 

      中堅3社(ADO、ソラシド、SFJ)とIBEX2017年度旅客数は合計565万人。 

うちIBEX4万人、便当りでは約2人(座席の大半はANAが購入) 

 

      ANAがこれらの会社とのCS便で得た旅客数は437万人(推定)、 

4社の合計旅客数の約8割に相当し、ANA総旅客の中で10%を占めている。 

 

     (中堅3社、IBEXおよびANACS便の旅客数) 単位;万人  

   提携4社の規模拡大に伴って、ANACS旅客も増えている

  

2.LCCの需要推移 

 

Jetstar-JPeachVanillaが双璧

 

・ 国内線ではJetstar-J480万人(2017年度)を運びLCCの約半分を占める。 

・ Peach300万人で続くが、合併が決まっているVanillaを合わせるとほぼJetstar-J
     並ぶ。
 

・ Spring-JAirAsia-Jは合わせても50万人程度。

 

国内線拡大にブレーキ

 

・ PeachANAの子会社化されたことで戦略の転換があった。 

   国内線の幹線進出に歯止めがかかってローカル線中心の拡大となり、リソースは国際線
   に振り向けられることとなった。
 

   成田=札幌/那覇線から撤退し、新路線は関西=新潟/釧路、仙台=札幌等である。

 

 ・ 一方国内線ネットワーク網をほぼ整え、収益体質を確立したJetstar-Jも、路線拡大は従来より
  緩やかとなった。

 

・ Spring-Jも不振の国内線よりも、国際線の中国路線への展開に積極的である。

 

・ AirAsia-Jも中部以外のベースに展開する青写真も見えていない。

 

・ その結果、国内線LCCは、1000万人/シェア10%を前に足踏み状態にある。 

 

       (LCCの旅客数とシェア;右目盛り;の推移) 単位;万人、%

 

次回(第7回)の予定です。 

国内旅客の概観(5)~市場別にみる~ 

成長は首都圏需要、ほかは伸び悩み

 

以上

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

51324日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、2.(TJ)「アマゾン、印で航空予約開始」、7.「アマゾンと旅行」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。 

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)