第6回:  国内旅客の概観(4)~会社別にみると~ 中堅会社とLCC

                                      2019年4月15日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第6回; 2019年4月15日)

  

国内旅客の概観(4)~会社別にみると~ 

中堅会社とLCC

 

 

1.中堅会社の需要推移(2000~) 

 

    中堅3社等の旅客が565万人、ANACS便旅客が437万人2017年度) 

 

      中堅3社(ADO、ソラシド、SFJ)とIBEX2017年度旅客数は合計565万人。 

うちIBEX4万人、便当りでは約2人(座席の大半はANAが購入) 

 

      ANAがこれらの会社とのCS便で得た旅客数は437万人(推定)、 

4社の合計旅客数の約8割に相当し、ANA総旅客の中で10%を占めている。 

 

     (中堅3社、IBEXおよびANACS便の旅客数) 単位;万人  

   提携4社の規模拡大に伴って、ANACS旅客も増えている

  

2.LCCの需要推移 

 

Jetstar-JPeachVanillaが双璧

 

・ 国内線ではJetstar-J480万人(2017年度)を運びLCCの約半分を占める。 

・ Peach300万人で続くが、合併が決まっているVanillaを合わせるとほぼJetstar-J
     並ぶ。
 

・ Spring-JAirAsia-Jは合わせても50万人程度。

 

国内線拡大にブレーキ

 

・ PeachANAの子会社化されたことで戦略の転換があった。 

   国内線の幹線進出に歯止めがかかってローカル線中心の拡大となり、リソースは国際線
   に振り向けられることとなった。
 

   成田=札幌/那覇線から撤退し、新路線は関西=新潟/釧路、仙台=札幌等である。

 

 ・ 一方国内線ネットワーク網をほぼ整え、収益体質を確立したJetstar-Jも、路線拡大は従来より
  緩やかとなった。

 

・ Spring-Jも不振の国内線よりも、国際線の中国路線への展開に積極的である。

 

・ AirAsia-Jも中部以外のベースに展開する青写真も見えていない。

 

・ その結果、国内線LCCは、1000万人/シェア10%を前に足踏み状態にある。 

 

       (LCCの旅客数とシェア;右目盛り;の推移) 単位;万人、%

 

次回(第7回)の予定です。 

国内旅客の概観(5)~市場別にみる~ 

成長は首都圏需要、ほかは伸び悩み

 

以上

海外事情

海外事情 120日号

 

「アメニティ」という言葉が目立った。

 

1.(TJ) シェアアメニティー増加」「2.(TJ)宿泊サイトもアメニティー強化」

 

3.(TJ) 新興ガイドツアーに1.3億円」の3 つのニュースだ。1.のニュースでは、ゴルフやビーチなどのホストの会員権のシェアリングが開始すると予測。2.では、HotelByDayが、稼働率が40%と低く、余り使われていないホテルのアメニティ(スパ・プール・キャバナ、ジム・フィットネスルーム)を販売する。

 

3.の記事は、新興企業のDomioがアメニティーそのものを専門に販売する。ここでのアメニティーは、アパートのリビングルームにおける、ミレニアルやグループ旅行者向けにアピールするアメニティー(娯楽)が販売対象となる。E2E(エンドツーエンド)の様々な旅行パーツをシームレスに繋いで、トラベルジャーニーの全てのタッチポイントで、パーソナル旅行の提案をするわけなので、当然、アメニティー販売も強化されるというわけだ。 

 

今週号では、年の変わり目にあたるのか、2020年のトラベルの予想や期待の記事が多かった。「1.(TJ) シェアアメニティー増加」、「6. 2020年の旅行マーケティング進化」、「11. 2020年、エアビーの年」、「14. 2020年の空港」がそれらだ。いずれの記事も、トラベルテックのイノベーションの進化や進展に加え、新ビジネスモデルの誕生を予測している。旅行は、右肩上がりの持続的成長が約束されている数少ない産業の一つであるので、どの記事を読んでも将来の明るい展望と新たなイノベーションに期待をかけている。特に世界の人口の半分以上が集中するAPAC市場の期待は大きい。(編集人)

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500