第3回:  国内旅客の概観(1)~旅客数と事業構造~

 

                                     2019年4月8日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第3回; 2019年4月8日)

 

 

国内旅客の概観(1)~旅客数と事業構造~

 

新規会社相次ぐも、需要増効果は? 

LCC10年前の規模をクリア

  

1.旅客数の推移

 

    19852002年度; ほぼ一直線に増加して4,3789,666万人に 

45-47体制配廃止(1986)~航空法改正(2000);規制緩和→航空自由化;

 

・ 主要3社(JAL/ANA/JAS)の路線相互参入で市場活性化

 

・ 2つの新規航空会社(SKY、北海道国際航空;のちAir Do)就航

 

 

 

    20022006年度; 横ばい推移 ⇒9,697万人(過去最高)に 

JAL/JAS統合と新規参入(現ソラシド、SFJ、現IBEX);

 

新規航空会社はあいついで業績不振⇒ANAとの提携に経営の活路

 

大手2社寡頭体制とその支援を受ける新規会社、中で健闘のSKYという構図

 

この間2006年度に過去最高の9697万人を記録したものの、実質横ばい状態

 

 

 

    20062011年度; 需要減退 ⇒ 8,000万人を割り込む 

リーマンショック(2008)、JAL破綻(2010)と規模縮小、東日本大震災(2011)などの影響で
  大幅需要減

 

SFJFDAの新規参入も効果は微小 

 

    20122017年度; 需要回復 ⇒1億人をクリア 

需要回復で1億人をクリア、ボトム比では大幅増だが11年前(2006)対比では+515万人

 

相次いで参入したLCCの旅客数は計975万人、2006対比で需要上乗せに効いたのはその約半分という勘定。

 

2.指標でみる構造の変化(その1

 

  1985からの流れを指標でみると;

 

    1985から便数増と大型化が進んで座席数は大幅増; 2002年度はピークの1.5億席/

 

    大型化は1996年度をピーク(243席)に反転して、以後小型化が進行

 

2017年度の平均席数は1985年度(189席)よりも少ない168

 

    その後も便数は増えているが、総座席数はピーク時点よりもまだ少ない

 

    近年搭乗率は大きく向上し、これで旅客を積み取っている

 

 

(小型化) ・運航コスト効率のよい新鋭小型機に置き換え(JALは極端だがANAも同方向)

 

 ・新規参入会社は採算をとりやすい小型機が中心

 

    (便数増) ・羽田/成田の発着枠増が効いている 

 

      (図1; 国内線便数、座席数、旅客数の推移)

 

 (図2; 国内線平均座席数、搭乗率の推移)

  

 

 次回(第4回)の予定です。

 

国内旅客の概観(2)~旅客数と事業構造~

 

長年越えられなかった山;2006

 

以上

 

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税

 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500