第3回:  国内旅客の概観(1)~旅客数と事業構造~

 

                                     2019年4月8日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第3回; 2019年4月8日)

 

 

国内旅客の概観(1)~旅客数と事業構造~

 

新規会社相次ぐも、需要増効果は? 

LCC10年前の規模をクリア

  

1.旅客数の推移

 

    19852002年度; ほぼ一直線に増加して4,3789,666万人に 

45-47体制配廃止(1986)~航空法改正(2000);規制緩和→航空自由化;

 

・ 主要3社(JAL/ANA/JAS)の路線相互参入で市場活性化

 

・ 2つの新規航空会社(SKY、北海道国際航空;のちAir Do)就航

 

 

 

    20022006年度; 横ばい推移 ⇒9,697万人(過去最高)に 

JAL/JAS統合と新規参入(現ソラシド、SFJ、現IBEX);

 

新規航空会社はあいついで業績不振⇒ANAとの提携に経営の活路

 

大手2社寡頭体制とその支援を受ける新規会社、中で健闘のSKYという構図

 

この間2006年度に過去最高の9697万人を記録したものの、実質横ばい状態

 

 

 

    20062011年度; 需要減退 ⇒ 8,000万人を割り込む 

リーマンショック(2008)、JAL破綻(2010)と規模縮小、東日本大震災(2011)などの影響で
  大幅需要減

 

SFJFDAの新規参入も効果は微小 

 

    20122017年度; 需要回復 ⇒1億人をクリア 

需要回復で1億人をクリア、ボトム比では大幅増だが11年前(2006)対比では+515万人

 

相次いで参入したLCCの旅客数は計975万人、2006対比で需要上乗せに効いたのはその約半分という勘定。

 

2.指標でみる構造の変化(その1

 

  1985からの流れを指標でみると;

 

    1985から便数増と大型化が進んで座席数は大幅増; 2002年度はピークの1.5億席/

 

    大型化は1996年度をピーク(243席)に反転して、以後小型化が進行

 

2017年度の平均席数は1985年度(189席)よりも少ない168

 

    その後も便数は増えているが、総座席数はピーク時点よりもまだ少ない

 

    近年搭乗率は大きく向上し、これで旅客を積み取っている

 

 

(小型化) ・運航コスト効率のよい新鋭小型機に置き換え(JALは極端だがANAも同方向)

 

 ・新規参入会社は採算をとりやすい小型機が中心

 

    (便数増) ・羽田/成田の発着枠増が効いている 

 

      (図1; 国内線便数、座席数、旅客数の推移)

 

 (図2; 国内線平均座席数、搭乗率の推移)

  

 

 次回(第4回)の予定です。

 

国内旅客の概観(2)~旅客数と事業構造~

 

長年越えられなかった山;2006

 

以上

 

注目した記事7.9

 

国際協力銀、JALANAの航空機向け融資保証

Aviation Wire 7/8
https://www.aviationwire.jp/archives/206199

注目した記事7.8

 エアアジア株が売買停止に 

マレーシアのLCCエアアジア・グループの2019年決算に、監査法人が起業継続の 

疑念を指摘(7日夜)したことから、8日に株式の売買が停止となった。 

但し午後2時半には解除される予定。 

78日ロイターhttps://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20200708-00000090-reut-bus_all

 

  

米航空10社は総額250億㌦規模の政府融資を受けるが、この都度UA5社はその主意書に署名した。 

77日ロイター 

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-airlines-idJPL4N2EE39Q 

 

LHは有料PCR検査施設を空港運営会社

と共同で開設した。3時間以内の結果

通知で139ユーロ

77Traicy https://www.traicy.com/posts/20200707174841/

 

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座