貨物事業(2)~国内貨物(2)~

 

                                                                                                              2019年6月6日

(マラソン講座)データから読み解いた航空事業 

(第24回;2019年6月6日) 

 

貨物事業(2)~国内貨物(2) 

 

1.国内貨物・郵便; 貨物・郵便ともに減少 

 

    総需要; 貨物は一時(2008年度)の100万トン規模から減、
      郵便は小包がなくなって大幅減

 

      貨物; 横ばい~減少傾向にある。 陸送に押されているためか?
     (

郵便; 2007年の郵政民営化で小包が宅配化(郵パック)して貨物に移った。  

 

   収入推移; 貨物はJAL減少、ANA横ばい、郵便は両社減少
        (JAL破綻のため途中データなし)

 

  2006度と比較すると、

 

・ 貨物; JALは物量減 ⇒収入減。
         ANAは物量は小幅増えて、収入はほぼ横ばい。

 

      郵便; 両社、物量、収入ともに大幅減少。 

      重量ではJAL/ANA拮抗、収入ではJALの方がやや多い。

 

      収入単価; 貨物は両社ともに低下。
      郵便の上昇は、客体構成の差が働いていると考えられる。
     (低単価の小包がなくなったこと)
 

 

 以上

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500