第21回:  国際旅客概観(7)~JAL/ANAの路線便数構造~

 

                                                                                                              2019年5月25日

(マラソン講座)データから読み解いた航空事業 

(第21回;2019年5月25日)

 

国際旅客概観(7)~JAL/ANAの路線便数構造~   

羽田とLCCで圧倒のANA、次はハワイへ 

 

 

2018年度冬ダイヤ(2019.年1月)をもとに、JAL/ANA国際定期旅客便の週間便数
「路線 x 発着空港」で眺めたものです。

 

① 総便数; ANAは傘下のLCC便でJALを圧倒
JAL
529便/週、ANA571便/週だが、ANAには傘下のLCCPeach/Vanilla)が210便ある。
JAL提携のLCCJetstar-J63便)    
 

  ほかに両社ともに1000便を超える外国社とのコードシェア便がある。 

 

 (JAL/ANAの便数内訳)

 

    空港別にみた便数; ANAは羽田でJALを圧倒、両社CS便を幅広く活用
JAL
ANAともに羽田/成田を中心に便を張っている。
両社ともに関西/中部は少なく、それ以外の空港発着便はない。
 

特にANAは羽田/成田への集中傾向が強い(自社便の91%)。 

 

両社の便の差は主に羽田発着で発生(ANA238便、JAL154便)。 

羽田増枠でANAに傾斜配分されたことによる。

 

ANA傘下のPeachは、深夜早朝枠でソウル/台北/上海便を運航。
またPeachVanillaは那覇、福岡、札幌の地方空港をカバーしている。

 

また両社ともにCS便を活用し、自社便数を遥かに上回っている。

    羽田便数のJAL/ANA比較; 長距離便でANAが圧倒

  便数でANAが圧倒し、その差は特に枠の価値が大きい(便収入の大きい)長距離の米州/欧州、
アジア線で大きい。

 

    (羽田発着便の路線別内訳)

 

   両社の便数を路線別に比べると;  JALが上回るのはハワイ線のみ 

      米州/欧州線; 両社ともに自社便+それとほぼ同数規模のC/S便から成る。 

自社便はANAの方が多い(主に羽田)。

 

      アジア線; ANAは自社便で多いことに加え、C/S便が圧倒的に多い。 

       (シンガポール航空、タイ航空、ベトナム航空、ガルーダ航空、フィリピン航空等)

 

      中国/香港線; ANAは自社便が圧倒的に多く、これに傘下LCC便が加わる。 

JALはその差をC/S便(中国東方、中国南方航空)でカバーしている。

 

      韓国/台湾線; ANAは自社便が少なく、LCC便への置き換えが進んでいる。 

JALはその差をC/S便(大韓航空、中華航空)の多さでカバーしている。

 

      リゾート/オセアニア線; JALはハワイ線で圧倒している。 

2019年のANA超大型A380の就航でこの勢力図がどう変化するかが注目される。 

 

      (JAL/ANAの路線x便数構成)

 

 

《参考》 JAL/ANAの週間便数; 2019年1月ダイヤより 

 

      (発着空港別にみたJALの週間便数)

 

       (発着空港別にみたANAの週間便数)

 

 以上

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500