第20回: 国際旅客概観(6)~日本発着便を俯瞰する~

 

                                                                                                              2019年5月23日

(マラソン講座)データから読み解いた航空事業 

(第20回;2019年5月23日)

 

国際旅客概観(6)~日本発着便を俯瞰する~  

JAL/ANA4空港集中、羽田で圧倒的強さのANA

 

 

 2018年夏ダイヤから定期旅客便の週間便数を「空港 x 航空会社」にみたものである。 

 

    総便数は週間4926便(出発ベース); 本邦社28%、成田/羽田で49 

 

      外国社は3,561便、本邦会社は1365便(全体の27.7%)。 

      成田/羽田発着便は2,423便(49.2%)、関西発着は1,169便(23.7%)

 (本邦社と外国社の割合)        (発着空港の割合)


 

   本邦会社の内訳; JAL515便、ANA590便、LCC4社で261便

 

   ・ JALANAの発着便は成田、羽田、関西、中部の4空港発着便に限っている。 

・ JALANAの差は主に羽田発着便で生じている
   ・ LCCは地方空港にも乗り入れている。 

・ 本邦会社は、
羽田/成田では44%の便数シェアにあるが、中部/関西では17%、その他の空港では5%にすぎない。       
     

    ・ JAL/ANAは、非乗入れ空港については外国社便のコードシェアで対応している。

    空港別にみた便数総覧; ANAは羽田でJALに圧倒

 

      本邦社は、羽田/成田ではかなりのシェアにあるが、その他の空港では2割に満たない。 

      JALANAの差は羽田発着便で大きく、ANAJAL1.6倍の232便。 

    ・ Peachは羽田の深夜早朝枠でソウル/台北/上海便を運航。 

    ・ 日本のLCCは那覇、福岡、札幌、仙台にも乗り入れている。
・ その他の空港は外国社の独壇場(JAL/ANAは外国社とのコードシェアで対抗)。
 

 

      (発着空港&乗り入れ会社の週間便数;2018夏ダイヤ)

   

  次回(第21回)の予定です。 

国際旅客概観(7)JAL/ANAの路線便数構造~ 

羽田とLCCで圧倒のANA、次はハワイへ   

 

以上

 

注目した記事9.25

台湾航空2社、上期利益が世界1位と4位に(NNA ASIA9.25)

 

https://www.nna.jp/news/show/2098206

Fly better with enhanced health and safety measures | Emirates Airline

マラソン講座