第18回: 国際旅客概観(4)~本邦会社の旅客数~

                                      2019年5月19日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第18回; 2019年5月19日)  

 

国際線旅客概観(4)~本邦会社の旅客数~   

外国社は大幅積み取り増、本邦社はシェア低下

  

 

① 20172000年度の旅客数について、外国社と本邦社に分けて推移をみた。

 

      外国社; 2000年の3000万人弱から徐々に旅客を伸ばし、2012年以降急伸した。

 

      本邦社; 2000年の2000万人弱をピークに、それを下回る実績を続けてきたが、2016年になってやっとそれを超え、2017年は過去最高の2200万人を記録した。

 

      外国社と本邦社の旅客数の差は大幅に拡大、本邦社のシェアは24%まで落ち込んだ。 

 

      (外国社/本邦社の旅客数推移;万人、シェアは%)

 

② 20172000年度の外国社と本邦社の週間便数(旅客便)の推移をみると、 

最近10年で大きく開いてきていることがわかる。

  

      (外国社/本邦社の週間便数の推移; 出発便/週)

 

    本邦社の路線別旅客数について、20062017年度の変化をみた。 

~ 本邦社は多数の路線で旅客減、増加の路線も外人需要の伸びに比べると微小 ~ 

 

      中国路線; 約100万人の増加。 中国人旅客が1270万人増える中での増加としては 

極めて微小と思われる。 

      韓国路線; 約40万人の減。 韓国人旅客が約1000万人増える中でのこと。 

      アジア路線; ほぼ倍増して1000万人となった。 総需要は1460万人の増。 

      米大陸路線; 約90万人増加。 

      ハワイ/グアム線; ▲36%の旅客減。 

      欧州路線、オセアニア路線も、外人需要が伸びる中で邦人社は需要減。

  

外国人需要が大きく伸びる中で、本邦社は多くの路線で需要を落としている。 

増やした路線も、アジア路線を除いては外国人需要の伸びに比べれば極めて小さい。 

特に+2200万人という大規模な市場拡大の中国路線、韓国路線で、それを殆どつかみ取れていないという、本邦社にとって極めて厳しい実態がある。 

ひとつの理由として、LCCが近隣外国に比べて立ち遅れていることもあげられよう。 

 

      (本邦社の路線別旅客数推移;万人)

  

  次回(第19回)の予定です。 

国際旅客概観(5)~本邦会社の内訳~ 

JALを抜いてANAが拡大、LCCも伸長

 

  

以上

海外事情

 

2. OYO、欧州で1,000人採用」、「5. OYO データサイエンスのダナミカ買収」と、インドのユニコーンOYO2013年設立)の威勢が良い。201810月には日本にも進出、20194月には、ソフトバンクと組んで合弁会社「OYO Hotels Japan合同会社」を立ち上げた。ソフトバンク・ビジョンファンドも、作9月に数億ドルを投資している。OYOは、Airbnbに次いで宿泊施設オンライン販売のグローバル プラットフォームになりつつある。“売り”(セールスポイント)はテクノロジーのサポート。 

 

10. グーグル、バケーションレンタルにVacasa追加」、「13. グーグルのホテル最低価格保証はあるのか?」を読んでみても、Google Tripの勢いも止まらない印象だ。Googleは、自身の事業のコアコンピタンスは、あくまでオンライン広告事業であり、旅行領域の拡大は、単にそれを保管するものだと言っているのだが・・・、タビマエ・タビナカ・タビアトのエンドツーエンドの旅行サービスをこれだけ多くシームレスに一気通貫に提供するとなれば、最早 立派な総合旅行会社となっていると言われても間違いない。(編集人)