第18回: 国際旅客概観(4)~本邦会社の旅客数~

                                      2019年5月19日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第18回; 2019年5月19日)  

 

国際線旅客概観(4)~本邦会社の旅客数~   

外国社は大幅積み取り増、本邦社はシェア低下

  

 

① 20172000年度の旅客数について、外国社と本邦社に分けて推移をみた。

 

      外国社; 2000年の3000万人弱から徐々に旅客を伸ばし、2012年以降急伸した。

 

      本邦社; 2000年の2000万人弱をピークに、それを下回る実績を続けてきたが、2016年になってやっとそれを超え、2017年は過去最高の2200万人を記録した。

 

      外国社と本邦社の旅客数の差は大幅に拡大、本邦社のシェアは24%まで落ち込んだ。 

 

      (外国社/本邦社の旅客数推移;万人、シェアは%)

 

② 20172000年度の外国社と本邦社の週間便数(旅客便)の推移をみると、 

最近10年で大きく開いてきていることがわかる。

  

      (外国社/本邦社の週間便数の推移; 出発便/週)

 

    本邦社の路線別旅客数について、20062017年度の変化をみた。 

~ 本邦社は多数の路線で旅客減、増加の路線も外人需要の伸びに比べると微小 ~ 

 

      中国路線; 約100万人の増加。 中国人旅客が1270万人増える中での増加としては 

極めて微小と思われる。 

      韓国路線; 約40万人の減。 韓国人旅客が約1000万人増える中でのこと。 

      アジア路線; ほぼ倍増して1000万人となった。 総需要は1460万人の増。 

      米大陸路線; 約90万人増加。 

      ハワイ/グアム線; ▲36%の旅客減。 

      欧州路線、オセアニア路線も、外人需要が伸びる中で邦人社は需要減。

  

外国人需要が大きく伸びる中で、本邦社は多くの路線で需要を落としている。 

増やした路線も、アジア路線を除いては外国人需要の伸びに比べれば極めて小さい。 

特に+2200万人という大規模な市場拡大の中国路線、韓国路線で、それを殆どつかみ取れていないという、本邦社にとって極めて厳しい実態がある。 

ひとつの理由として、LCCが近隣外国に比べて立ち遅れていることもあげられよう。 

 

      (本邦社の路線別旅客数推移;万人)

  

  次回(第19回)の予定です。 

国際旅客概観(5)~本邦会社の内訳~ 

JALを抜いてANAが拡大、LCCも伸長

 

  

以上

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500