第17回:  国際旅客概観(3)~発着空港でみた旅客数~

                                      2019年5月16日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第17回; 2019年5月16日)  

 

国際線旅客概観(3)~需要の日本人内訳~  

羽田/関西/地方3空港が大幅増、成田は微増 

 

   20172006年度の発着旅客数について地方別に推移をみた。 

 

  ① 基幹7空港(※)で国際線旅客の96%をカバー、
中でも羽田/成田/関西で4分の3をカバー。
 

    一方7空港以外の地方空港の旅客規模は4%。 

       (※) 成田/羽田/関西/中部/福岡/那覇/新千歳 

 

    この間羽田が1621712万人と10倍超に増加。
成田は+2%(+306万人)の微増に留まっている。

 

    関西も約1200万人と倍増、他方中部は+7%(+80万人)の小幅増。
一方で福岡、那覇、新千歳の地方3空港は高い増率、中でも那覇は13倍に。

 

 20172006年度空港別発着旅客数) 

      羽田シェア急増、成田と中部のシェアは低下

   関西、地方3空港もシェアUP

 

      (2017年度空港別旅客割合)   (2006年度空港別旅客割合) 


 

   那覇を筆頭に、地方3空港の旅客は大幅に増加 

 

            (20172006年度空港別旅客規模の変化)

 

  次回(第18回)の予定です。 

国際旅客概観(4)~本邦会社の旅客数~ 

外国社は大幅積み取り増、本邦社はシェア低下

 

以上

 

注目した記事7.31

世界の航空需要の回復、24年に遅れ IATA予測を1年先送り(日経7.29)

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62024070Z20C20A7000000/

 

お盆の航空各社予約率はほぼ半分。

お盆の国内線予約数、昨年の半分以下 新型コロナで伸び鈍化

(AVIATIONWIRE7.31) https://www.aviationwire.jp/archives/207800

注目した記事7.26

中国の運航は約8割、旅客数は7割近くまで回復とのこと。

7/26 AFP 中国民間航空の運航、コロナ前の約8割まで回復

https://www.afpbb.com/articles/-/3295591

 

 

注目した記事7.25

エミレーツ航空、新サービスで乗客の新型コロナ医療費を負担(AFP7.24)

 

https://www.afpbb.com/articles/-/3295482

注目した記事7.22

JAL、来年度の採用中止へ 社長「回復に3年かかる」(朝日7.21)

https://www.asahi.com/articles/ASN7N7S6JN7NULFA00K.html

注目した記事7.17

カンタス、国際線予約来年3月末まで保留(NNA ASIA7.17)

https://www.nna.jp/news/show/2070101

COVID-19関連 JAMRレポート

マラソン講座