第16回: 国際旅客概観(2)~需要の日外人内訳~

                                      2019年5月15日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第16回; 2019年5月15日)  

 

国際線旅客概観(2)~需要の日本人内訳~  

中国・韓国・アジアが急伸、日本人を上回り国際線客の過半に

 

1. 外国人の国別旅客数; 急伸の原動力は中国・韓国・東南アジア  

  下図はVisit Japan事業開始の2003年以降の外国人旅客を、観光庁の統計をもとに国別

  に推計したものです。

 

   ・      2003年以降急伸しているのは、中国・韓国・台湾・香港・東南アジア(※)からの需要です。

    (※)ここではタイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム人旅客 

    ・  2017年度で、これらの国の旅客が占める割合は84%です。 

       (2006年度は70%でした)  

 

2. 2006年度からの変化をみると; 中国圏・韓国・東南アジア客が国際線の過半に 

 

      国際線旅客の20172006年度の増加は3,900万人 

      この間日本人は微減、通過は大幅減、外国人のみが+4,100万人の増  

      外国人のうち中・韓~東南アジアで+3,700万人、その旅客割合は7084%に増加

          特に中国は1651,439万人+1274万人)8.7倍に。 

      韓国・台湾・香港も大きく伸びて3倍を超す規模に。 

      東南アジア6国も100570万人と大幅増、特に大きく伸びたのがタイとベトナム 

         タイ; 26193万人(12倍)、 ベトナム; 560万人(18倍)

 

      上記以外の国/地域も約2倍に増加。

 

        2006年度は、旅客の3分の2が日本人であった。 

      2017年度は、中韓台香東南アの旅客規模が国際線旅客の過半を占め、
日本人旅客を大きく上回っている。
 

 

     (2017年度旅客割合;推定)    (2006年度旅客割合;推定)


 

次回(第17回)の予定です。 

国際旅客概観(3)~発着空港でみた旅客数~ 

羽田/関西/地方3空港が大幅増、成田は微増

 

以上

 

海外事情

 

2. OYO、欧州で1,000人採用」、「5. OYO データサイエンスのダナミカ買収」と、インドのユニコーンOYO2013年設立)の威勢が良い。201810月には日本にも進出、20194月には、ソフトバンクと組んで合弁会社「OYO Hotels Japan合同会社」を立ち上げた。ソフトバンク・ビジョンファンドも、作9月に数億ドルを投資している。OYOは、Airbnbに次いで宿泊施設オンライン販売のグローバル プラットフォームになりつつある。“売り”(セールスポイント)はテクノロジーのサポート。 

 

10. グーグル、バケーションレンタルにVacasa追加」、「13. グーグルのホテル最低価格保証はあるのか?」を読んでみても、Google Tripの勢いも止まらない印象だ。Googleは、自身の事業のコアコンピタンスは、あくまでオンライン広告事業であり、旅行領域の拡大は、単にそれを保管するものだと言っているのだが・・・、タビマエ・タビナカ・タビアトのエンドツーエンドの旅行サービスをこれだけ多くシームレスに一気通貫に提供するとなれば、最早 立派な総合旅行会社となっていると言われても間違いない。(編集人)