第15回: 国際旅客概観(1)~需要推移~

                                      2019年5月11日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第15回; 2019年5月11日)  

 

国際線旅客概観(1)~需要推移~ 

近年需要急伸、本邦会社シェア低落

 

  19852017年度の国際線旅客需要と、本邦会社の積み取り旅客需要について概観しました。

 

 

1.総需要と本邦会社旅客数; 旅客数は1億人目前、本邦会社シェアは24 

 

① 総需要(発着旅客数);  

      19852000年; 1700万人から一直線に伸び5000万人時代に。 

      2012年; 5000万人台で横ばい推移。 

      2017年; 急伸して9333万人に(1億人が目前)。 

 

② 本邦会社旅客数; 

      19852000年; 650万人から一直線に伸び2000万人にあと一息に迫る。 

      2011年; 1700万人規模で低迷のあと、リーマンショック影響、JAL破綻、東日本大震災影響 等で1200万人台に減少。 

      2017年; 回復から続伸へ、2000万人を突破して2200万人超に。 

 

③ 本邦会社の旅客シェア;  

      19852004年; 35%前後でほぼ横ばいの推移(19861987は約40%)。 

      2010年; JALの規模縮小もあって30%を割り込む。 

      2017年; ANAの規模拡大やJALの回復も、外国社の拡大規模は遥かに大きく
        2017年度には24.0%となった。

 

2.日外人別旅客数; 拡大は外人のみ、日本人は20年前と変わらず 

    (注) 法務省統計をもとに国際線旅客を日外人別に推計したものです。 

 

① 日本人需要; 20年間横ばい推移 

          19851996年; 1000万人から一直線に伸び3500万人規模に。 

      2017年; 3500万人規模で今日までの20年間はほぼ横ばい推移が続いている。

  

② 外人需要; 漸増から急伸へ、2015年には日外人が逆転、2017年は5600万人  

      19852002年; 400万人規模から漸増で1000万人規模に。 

      2015年; 需要増が加速して日本人需要と逆転、4000万人規模に。

          2017年; 需要増が更に加速して2017年には5600万人に。 

 

    通過需要; 2005年をピークとして減少へ

          19852005年; 外人需要とともに通過旅客も増加、400万人を突破 

      以後日本を経由地とする乗り継ぎ旅客が減少し、2017年は220万人に。
(機材の航続距離が延伸して、米州=アジア/中国等の直行化が進行している。)
 

 

 次回(第16回)の予定です。 

国際旅客概観(2)~需要の日外人内訳~ 

中韓アが急伸、日本人を上回り国際線旅客の過半に

 

以上

 

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

51324日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、2.(TJ)「アマゾン、印で航空予約開始」、7.「アマゾンと旅行」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。 

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)