第12回:  JAL/ANAの国内線事業構造(3)

                                      2019年4月30日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第12回; 2019年4月30日)  

 

JAL/ANAの国内線事業構造(3) 

両社の機材構造はどう違う?

 

   20192月の時刻表をもとにした比較の続編、機材構成を比較しました。 

 

1JAL/ANAの機材構造比較

 

     国内線の便数を機材の大きさで5分類しました。 

     ・大型機; B777型(300席以上のワイドボデイ機)

 

     ・中型機; B787型及びB767型(200席超~300席未満のワイドボディ機)

 

     ・小型機; B737型及びA320/A321型(100席超~200席未満の単通路機)

 

     ・リージョナル機; ERJ型及びCRJ型(50席~100席未満のJet機)

 

     ・プロペラ機; DHC型、ATR型、SAAB型(100席未満)

 

 

    便数比較; ANAが大型機運航の多さ、JALはリージョナル機運航の多さが特徴。

 

ANA) 大型機運航がJALより多い。全便の半数が小型機による。
 自社ではリージョナル機を保有していない。

     中小型機によるCS便が多く、リージョナル機のCS便(IBEX)もかなりある

         プロペラ機はオリエンタルエアブリッジとのCS便。

 

JAL) 自社便は小型機とリージョナル機で便数の6割以上を占める。 

 CS便はFDAのリージョナル機と天草エアラインのプロペラ機。

  

    自社便の供給座席数;  

ANAは過半の席数を大中型機で、JALは過半を小型機とリージョナル機で供給

 

・ JAL22%(93便)の大中型機便数で、43%の座席(29千席)を供給、 

  ANA30%(120便)の大中型機運航で、過半(54%;43千席)を供給。

 

・ JALは小型機とリージョナル機の266便(62%)で51%(35千席)を供給。 

  ANAは小型機の便が194便(50%)で39%(31千席)の座席を供給。

 

(機材の大きさによる便数比較)          (機材による供給座席数比較

 

自社便数はJALが多い。               自社便座席数はANAJAL1.2倍。

ANAは大型機の便がJALより多く、          ANAは大型機による座席が多い。

   小型機便は全体の半分。
   JALは小型機とリージョナル機で座席の    

   JALはリージョナル機の便が多く、小型機を

   過半を供給。

   あわせれば6割以上。

  

  (自社便数の比較)                (自社便席数の比較) 

    JAL     ANA               JAL     ANA


 

2.JAL/ANAの客室仕様の差; 

 

  客室仕様については、JAL/ANAに戦略上の大きな差がある。 すなわち、

 

   JAL 中間クラス(J-クラス)重視が特徴、小型機以上には設けている。 

        ファーストクラスを設置しているのは中大型機で運航する特定の便に限られる。

 

   ANA; ファーストクラス(プレミアムクラス)できるだけ多くの普通席の配置が特徴で、中間クラス 

  は設けていない。 

       小型機以上の機材では、同型機でもANAの方が座席数が多い 

       特に777-200型機ではJAL375席に対し、ANA405席と30席(8%)多い。 

        (従って同旅客数ならば搭乗率はJALの方が高めとなる。)

 

 

 

B777-200型の客室仕様)

   JALはファースト14+中間クラス82+普通席279 ⇒計375が基本

   ANAはファースト(プレミアム)クラス21+普通席384 ⇒計405が基本

 

B767型の客室仕様)

    JALは中間クラス42+普通席219 ⇒261が基本

 

 

    ANAはファースト(プレミアム)クラス10+普通席260 ⇒270が基本

                            出典:各種シートマップはJAL/ANA HP

 

3.コードシェア(CS)便; ANAが機材の大きさ、便数、席数で圧倒

 

    JALANACS便を提携航空会社別にみると; 

      JALFDAと天草エアラインの33便 

      ANAは中堅3社、IBEX、オリエンタルエアブリッジの5社/147便 

      中堅3社は小型機以上の機材であり、羽田やその他の基幹空港と結ぶ便も多い。

 

  

  次回(第13回)の予定です。 

JAL国内線事業構造の変化(その1 

破綻前からどう変わった? 

  

以上

 

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

51324日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、2.(TJ)「アマゾン、印で航空予約開始」、7.「アマゾンと旅行」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。 

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)