第11回:  JAL/ANAの国内線事業構造(2)

                                      2019年4月25日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第11回; 2019年4月25日)  

 

JAL/ANAの国内線事業構造(2) 

路線便数構造はどう違う? 最近の時刻表より

 

 

  20192月の時刻表をもとに、機材構成も含め比較をみました。 

なおここでは路線の括りを前回(第10回)と若干変えています。 

 

1JAL/ANAの構造比較; JALは便数多い、席数大幅少ない、小型機 

                     ANAはコードシェア便が多い

 

当然ながら、20192月の路線便数構造も2017年実績とほぼ同じです。

 

・ 1日の便数はJAL427便に対しANA391便 ⇒JAL36便=9%多い。

 

・ 一方座席数は、JAL66.7千席に対しANA80.2千席 ⇒JALが▲17%も少ない。

 小型の機材が多いためである。(平均席数;JAL156 vs ANA205席)

 

・ ANACS便が147便(ANA便に対し38%)と多く、それによって全体の便数も 

 ANAJAL78便も上回っている。

2.JAL/ANAの路線構造比較; JALは純ローカル線が多い

 

ここでは突出した大市場の羽田を独立して扱い、それに次ぐ基幹空港 (成田/伊丹・ 

大阪・神戸/新千歳/中部/福岡/那覇)、その他の空港(ローカル)を区分した。

  

① 羽田=基幹7空港 (成田は含まず) ANAは機材の大きさとCS便で優位 

便数はANAがやや多いが、機材の大きさから席数はANA23%多い。 

CS便を加味すれば便数でもANA4割超多い。 

羽田と大空港を結ぶ路線でANAが大きく優位にあることがわかる。 

 

② 基幹空港間 (成田を含む); ANA席数はJALの倍 

ANAが便数、席数ともに多く、CS便を加えれば座席数はJALのほぼ2倍。 

JALが中部ベース路線が少ないこと、神戸への就航がないことも要因。

 

 

③ 羽田/成田=ローカル空港との路線; ANACS便で圧倒 

便数ではJALがやや多いが、席数ではANAが多い。 

但しANACS便が52便と多いため、総便数ではJAL1.3倍超。 

 

        これをさらに細分してみると; 

        羽田=北海道路線(除新千歳)、羽田=九州7空港(除福岡) 

        自社便数はJALが多いが、ANA中堅3社(ADO、ソラシド、SFJ)とのCS便が
  多いため、
総便数ではJALを大幅に上回る
 

        とりわけ顕著なのが羽田=九州7空港路線で、便数はJAL39に対してANA
 64
便となっている。

 

         (羽田=九州7空港路線の便数内訳)

 

④ 基幹空港とローカル空港との路線; ANAは中部路線とCS便でJALを上回る

 

・便数ではJALがやや多いが、席数ではANAが多い。 

     ・ ここでもANAは中堅3社やIBEXとのCS便の効果で総便数は多い。

     ・ JALは中部空港とローカル空港をつなぐ路線はない。 

     ・ JALは小牧空港から路線撤退し、それを受け継いだFDAとのCS便でカバーして

                   いる。

  

⑤ 純ローカル路線; ANAは自社便なく、CS便だけ

 

・ ANA便は運航されておらず、IBEXORCとのCS便がある。 

・ JALは北海道内を傘下のHAC(北海道エアシステム)が、鹿児島/奄美地域をJACが、 

  沖縄離島間をRACが運航するとともに、本州内はFDAとのCS便がある。

 

 

 次回(第12回)の予定です。 

JAL/ANAの国内線事業構造(3 

両社の機材構造はどう違う? 

 

 

 

以上

 

海外事情

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500