第11回:  JAL/ANAの国内線事業構造(2)

                                      2019年4月25日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第11回; 2019年4月25日)  

 

JAL/ANAの国内線事業構造(2) 

路線便数構造はどう違う? 最近の時刻表より

 

 

  20192月の時刻表をもとに、機材構成も含め比較をみました。 

なおここでは路線の括りを前回(第10回)と若干変えています。 

 

1JAL/ANAの構造比較; JALは便数多い、席数大幅少ない、小型機 

                     ANAはコードシェア便が多い

 

当然ながら、20192月の路線便数構造も2017年実績とほぼ同じです。

 

・ 1日の便数はJAL427便に対しANA391便 ⇒JAL36便=9%多い。

 

・ 一方座席数は、JAL66.7千席に対しANA80.2千席 ⇒JALが▲17%も少ない。

 小型の機材が多いためである。(平均席数;JAL156 vs ANA205席)

 

・ ANACS便が147便(ANA便に対し38%)と多く、それによって全体の便数も 

 ANAJAL78便も上回っている。

2.JAL/ANAの路線構造比較; JALは純ローカル線が多い

 

ここでは突出した大市場の羽田を独立して扱い、それに次ぐ基幹空港 (成田/伊丹・ 

大阪・神戸/新千歳/中部/福岡/那覇)、その他の空港(ローカル)を区分した。

  

① 羽田=基幹7空港 (成田は含まず) ANAは機材の大きさとCS便で優位 

便数はANAがやや多いが、機材の大きさから席数はANA23%多い。 

CS便を加味すれば便数でもANA4割超多い。 

羽田と大空港を結ぶ路線でANAが大きく優位にあることがわかる。 

 

② 基幹空港間 (成田を含む); ANA席数はJALの倍 

ANAが便数、席数ともに多く、CS便を加えれば座席数はJALのほぼ2倍。 

JALが中部ベース路線が少ないこと、神戸への就航がないことも要因。

 

 

③ 羽田/成田=ローカル空港との路線; ANACS便で圧倒 

便数ではJALがやや多いが、席数ではANAが多い。 

但しANACS便が52便と多いため、総便数ではJAL1.3倍超。 

 

        これをさらに細分してみると; 

        羽田=北海道路線(除新千歳)、羽田=九州7空港(除福岡) 

        自社便数はJALが多いが、ANA中堅3社(ADO、ソラシド、SFJ)とのCS便が
  多いため、
総便数ではJALを大幅に上回る
 

        とりわけ顕著なのが羽田=九州7空港路線で、便数はJAL39に対してANA
 64
便となっている。

 

         (羽田=九州7空港路線の便数内訳)

 

④ 基幹空港とローカル空港との路線; ANAは中部路線とCS便でJALを上回る

 

・便数ではJALがやや多いが、席数ではANAが多い。 

     ・ ここでもANAは中堅3社やIBEXとのCS便の効果で総便数は多い。

     ・ JALは中部空港とローカル空港をつなぐ路線はない。 

     ・ JALは小牧空港から路線撤退し、それを受け継いだFDAとのCS便でカバーして

                   いる。

  

⑤ 純ローカル路線; ANAは自社便なく、CS便だけ

 

・ ANA便は運航されておらず、IBEXORCとのCS便がある。 

・ JALは北海道内を傘下のHAC(北海道エアシステム)が、鹿児島/奄美地域をJACが、 

  沖縄離島間をRACが運航するとともに、本州内はFDAとのCS便がある。

 

 

 次回(第12回)の予定です。 

JAL/ANAの国内線事業構造(3 

両社の機材構造はどう違う? 

 

 

 

以上

 

海外事情

 

エアビーが上場を延期した「14. エアビー上場延期」。オフイスシェアの米デカコーンであるWeWorkの上場延期の直後の出来事である。918日付の日経は「事業モデルや企業統治への懸念が払拭できず、投資家からの評価が高まらなかった」と書いてある。1月には470億ドル(約5兆円)の想定時価総額を半値に落としたが投資家の懸念は払拭できなかったと言う。

 

5月に上場したカーシェアのUberの株価も何とか$40台をキープしていたが、最近では $30台前半におよそ▲25%も下がっている。3月上場のLyftの株価も冴えない。上場初値 $78は、920$4659%も値を下げた。加州ではUberの運転手のようなギグワーカーを従業員として雇用することを義務付ける法案が準備されている。この法案が施行されれば、Uberのコストは20%も増加すると言われているのだから、ここでも事業モデルそのものが懸念されてしまうことになる。エアビーの事業モデルに懸念はないのだろうか・・・。この会社は、WeWorkUberとは違って、少なくとも2017年と2018年にはEBITDA利益をちゃんと計上している。

 

5. トラベル マーケティング、ミッドファンネルへの注力必要」は、アトリビューションマーケティングが重要だと言っている。旅行流通モデルの進化と共に、新たなマーケティング手法が生まれている。そういえば、カンバセーションマーケティングも登場していたっけ。

 

8. 旅行計画 3.0」は、タビマエ → タビナカ → タビアトの全てをシムレスにカバーするソリューションが必要だと問うている。タビナカにおけるイレギュラリティー発生時には、ライブの自動旅程再予約が必要だと言っている。旅行流通モデルの進化が進んでいる。(編集人)

 

海外事情 中国特集

海外事情 中国特集

 

これは、PhocusWire Daily が今年の2月、中国正月である春節のタイミングで編集した4つの記事にまたがる中国特集である。中国市場は、その巨大な人口をバックに2019年に1,900万人が国際旅行すると予測している。その49%が中華圏の香港・マカオ・台湾行きの旅行で、残りの51%がその他の海外旅行となる。最近の香港の社会的混乱と台湾への個人観光旅行の実質的全面禁止により中国人の海外旅行比率はますます高まるだろう。海外旅行では、韓国への旅行が韓国THAAD配備による影響で減少を余儀なくされており、日本旅行が漁夫の利を得る形で大きく中国人の訪日需要を伸ばしている(1月〜8月前年同月比 13.6%増)。

 

中国は、巨大なアウトバウンドを外交上のカードに使い始めている。日本だって、日中関係が何らかの影響でこじれたりすれば、あっという間に中国人の日本旅行が減少することになるだろう。事実、日韓関係悪化で訪日韓国人需要は8月に48%減少した(1月〜8月前年同月比 9.3%減)。

 

訪日4,000万人への道のりは国際政治の問題も介在して厳しいものがある。

(編集人)

旅の写真カフェ

 

10月15日 NEW!

 

全国一宮 第28回 「美濃一宮 南宮大社」