第8回: 国内旅客の概観(6)~市場別にみると(続)~

                                      2019年4月19日

 

(マラソン講座)データから読み解く航空事業 

(第8回; 2019年4月19日)

  

国内旅客の概観(6)~市場別にみると(続)~  

20062017需要けん引は「LCC」と「沖縄」

  

1.羽田/成田ローカル線は増加基調 

 

   羽田基幹4路線と同じように増加基調を示している。 

   (20062,751→(20063,015→(20173,189万人

 

更に路線細分してながめると、

 

      羽田/成田=北海道(除札幌)や本州各地と結んでいる路線の旅客数は2006比で減少。
⇒ 新幹線の影響も大きい。 (富山・小松・青森・函館の4地点で▲203万人)

 

      羽田/成田=四国、九州(除福岡)は増勢にあり、ソラシド、SFJLCCの効果も出ている。 

 

      沖縄(宮古、石垣)も増勢にある。  

 

 

2.大阪線はLCCによる増が打ち消されている 

 

   大阪路線全体では、20002006年度に旅客は減少、→2017年度には+30万人増えた

   ものの、LCCが積み取った276万人には遥かに及ばず、LCC効果がほとんど消えている状態。

  

      九州(含福岡)、四国路線は低減傾向にあり、LCC効果でも減少に歯止めかからず。

 

      北海道路線(含札幌)LCC効果によって辛うじて2006比で増加。

 

      その中で沖縄線だけは増勢が続き、LCC効果を上回って増加。

 

  .   その他路線もLCC効果(仙台等)で辛うじて増加。

 

3.その他路線も大阪路線と似た傾向 

 

   その他の路線(羽田成田や大阪が絡まない路線)全体では、20002006年度に旅客は減少、
2017年度にはLCC113万人積み取ったものの、全体の減少幅はそれより大きい
即ち、LCCは減少幅を緩和したにすぎないということになる。
 

 

      中部/名古屋(含小牧)発着路線(含札幌行)、及び札幌発着路線(含福岡行)LCCが稼いだ
旅客数よりも市場縮小の規模の方が大きい。
JAL
が中部発着便を縮小したことも一因であろう。

 

      福岡発着路線(含那覇行)は那覇との路線の増加+59万人)が寄与して増加。

 

      那覇発着路線(既述空港を除く本土との路線や石垣、宮古等との路線、LCCは現時点では未就航)は増加傾向が続いている。

 

      その他の路線(大規模空港が絡まない純ローカル路線)は市場縮小傾向が続いている。 

 

  次回(第9回)の予定です。 

国内旅客の概観(7)~空港別にみた需要動向~ 

需要けん引は「首都圏」、「LCC」、「沖縄」

 

以上 

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

51324日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、2.(TJ)「アマゾン、印で航空予約開始」、7.「アマゾンと旅行」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。 

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)