ADO/ソラシドエアの 2018年度の業績について

  

201963

  

ADO/ソラシドエアの 2018年度の業績について

 

  

この度発表されたAir Do(ADO)とソラシドエアの2018年度実績を概観しました。 

分析にあたり、一部当方で概算推定した部分もあります(該当箇所にその旨記載)。 

 

1.          両社の事業概要 

 

    機材・路線; 
ADO
 中型のB767-300型(290席弱)と小型のB737-700型(144席)計14機で
     羽田=北海道各空港、札幌=地方空港等を運航している。

 

ソラシド; 小型のB737-800型(174席)13機で、羽田=九州各空港、那覇=地方
空港等を運航している。

 

 

    2018年度の収益規模; ADOは減収、営業増益、ソラシドは増収減益

 

両社ともに400億円強の収入(含ANAへの座席販売収入)で30億円規模の営業利益を上げている。

 

ADOは、札幌=岡山、広島線を廃止したことで前年比で減収となったが、営業利益は若干増の30億円となった。

 

ソラシドは、中部=那覇線増便と中部=鹿児島線就航で増収ながら、営業利益は
若干減の32億円であった。

 

また2019年度は両社ともに増収ながら、営業利益はほぼ半減の見込み。 

 

 

2.          両社の2018年度業績(推定を含む) 

 

    ADO; 座席減ながら(ANAへの販売席数減で)自社席は▲6
便数は▲15%と大幅減、但し小型機の路線、かつANAへの販売座席の多い路線でもあったため総供給座席数は推定▲10%、自社座席数で▲6%であった。

 

一方旅客㌔は▲2%に留まって搭乗率は7275%と大きく改善、これが増益に繋がった。 

 

    ソラシド; 4%の便数増ながら(ANAへの販売席数増で)自社座席㌔は▲1
便数は+4%増加、これに連動して総座席数も増えたが、増加席数は主にANAへの座席販売分に廻った(推定)ため、ソラシド自体の座席㌔はむしろ微減(▲1%)であった。
一方旅客㌔は+1%増で、搭乗率は6970%と改善した。

 

   ANAのコードシェア座席(推定);

  ADOとのコードシェア席数は大幅減(推定▲20%)で、ADOから購入した座席数は、推定で全席数の34%(平均68席程度)であった。

 

ソラシドとのコードシェア席数は推定10%超の増加で、全座席数の39%(平均68席程度)と推定される。 

 

    実績数値および概算推定値は以下のとおりです。
概算推定値については、数値そのものでなく、傾向値としてお受け留め下さい。

 

以上

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。 

 

海外事情

 

513日〜24日の主要ニュースを集めたこの号で目立った記事は、3.「アマゾンと旅行」、6.「アマゾンがインドで航空便予約開始」の2つです。前号3.の「アマゾン、異なる方法で旅行に参入?」の記事と合わせて、アマゾンの旅行領域への参入が何やら本格化している気配が感じられます。

 

世界の旅行業界が恐れているように、アマゾンが旅行業界に参入すれば、とてつもない大きな影響を既存のインターメディアリー(仲介業者)、特にOTAに与えることになるのでしょう。Googleが本格的にメタサーチに手をだして、今度はアマゾンが参入して来るようなことにでもなれば、GAFAの2強が入ってくるのですから大変なことなりそうです。

 

Googleは、あくまでオンライン広告ビジネスの一環としての旅行領域への間接的参入ですが、アマゾンの場合はどのようになるのでしょうか?Amazon Payのメニューを拡大するためなのか? 前号3.の記事に書いてあった通り、クラウドのAWSAmazon Web Services)の販売先として旅行業界を取り入れようとしているのか?はたまたパーソナルアシスタントAlexaのスキルの対象として旅行を取れて行くのか?は良くは分かりませんが、何れにしてもアマゾンのことなので間接的であれ直接的であれ、どのような方法であっても対応する能力を備えている、と考えるのが妥当なのでしょう。今後の動きから目が離せません。(編集人)