国内各社2019年夏期繁忙期の旅客実績

 

2019820

 

国内各社2019年夏期繁忙期の旅客実績

 

 

 

各社が発表した夏期繁忙期間(8/918日)の旅客実績を概観した。
(数値は各社および「日刊航空」による。)

 

大型台風の影響を受けて国内線旅客は前年を下回り、国際線も前年並みに留まった。

 

国際線は日韓関係悪化の影響もあるもよう。
 ※未発表のAirAsia-Japan(国内線の供給規模は0.2%程度)は含まない。

 

なお前年の数値と前年差は、今年の数値の増率から逆算した値である。 

 

 

1.国内線の動向  総旅客数は微減(▲4万人=▲1%)
ANA
は席数減の中で旅客シェアUP

 

         LCCではJetstar-Jが旅客増、ANA2社は旅客減→シェア低下 

 

 

 ① 旅客数; ANAJALの席数減の影響が大きく、総座席数が減少(▲2%)、総旅客数は359万人で、前年より▲3.8万人(▲1%)の減。

 

ANA; 席数▲3%減ながら搭乗率の大幅改善で旅客数は微減にとどまり、旅客シェアは高まって44.1%となった。

 

JAL; 席数▲3%で旅客数は▲2%。 搭乗率は更に上昇したものの旅客シェアは低下。

 

SKY; 搭乗率が更に上昇して92.6%に。 旅客シェアもUPして6.7%に。

 

中堅3社; 搭乗率低下(ADO、ソラシド)や供給減(SFJ)で旅客は減少。

 

LCC; ANA2社(PeachVanilla)は規模縮小で旅客減、
Jetstar-J
Spring-Jが規模拡大で旅客増。
 

 

 

 【旅客数増減(千人)とシェアの変化(ポイント;右目盛)】(リージョナル2社は省略)

 

        ② 旅客シェア; LCCシェアは9.6%と10%の壁はなお厚い。 

                    ANA0.2ポイント上昇の44.1%、JAL0.6ポイント低下の32.9%。
                    SKY
0.1ポイント上昇の6.7%。中堅3社とリージョナル2社も微減。
 

 

                      【国内線旅客シェア(%)】

 

 ③ 搭乗率; PeachSKYが突出して高く、他のLCC3社が約90%で続く。 

   JALと中堅3社は80%台半ば~後半(ソラシドは最も低く83.8%)。

 

 

【国内線搭乗率(%)】

 

2.国際線の動向  供給増・搭乗率低下 → 旅客数は前年並み
Vanilla、Jetstar-Jは減、 Peach、Spring-Jは増
 

 

 ① 旅客数;日本の航空会社の総旅客数は73万人でほぼ前年並み。
うち大手2社で61万人、LCC11万人。

 

PeachSpring-J(対前年倍増)は増加したが、Vanillaは大幅規模減、Jetstar-J
も減で全体としてLCC旅客は減少。

 

国際線再参入のSFJ4千人を獲得。 

 

 

 ② 旅客シェア; ANAJALのシェアはほぼ前年並み。

 

   LCCのシェアはVanillaJetstar-Jが減少した影響で低下して16.0%を割り込んだ。
再参入のSFJ0.6%。
 

 

【旅客シェア;%】

 

 ③ 搭乗率; Peachは▲3.8ポイント低下して90%を割り込んだ。

           他のLCC90%超。 

    Jetstar-JとSpring-Jの搭乗率は大きく改善した。

 

    JAL93.4%とLCC並みの高さ、ANA87.8%。

 

    国際線の業績改善を目指しているSFJ74.5%と目立って低い。

 

【搭乗率(%)】

 

2019年夏期繁忙期間の旅客実績 》(8/98/18

 

以上

海外事情

 

Thomas Cook Groupが倒産した「3. トーマスクック倒産」。デジタル化への遅れが原因で、顧客のパッケージ離れが原因ではないとSkiftの記事「14. トーマスクック倒産後の欧州パッケージツアー」が述べている。アウトバウンド観光大国の英国とドイツでは、国際(海外)パッケージ旅行者がそれぞれ年間2,000万人存在して、国際旅行需要の40~43%を構成すると言う。観光庁統計によると2018年度の海外募集型企画旅行は191万人なのだから、日本と比べて欧州のパッケージ市場は10倍も、とてつもなく大きいことが分かる。尤も観光庁統計は、たったの50社程度の主要旅行業社の統計であり日本の市場の全体を表してはいない。その上欧州は、欧州連合域内を国内旅行とみなして把握するべきかもしれないので単順な比較は困難だ。日本の国内募集型企画旅行者は3,370万人だ。

 

規模の比較は別にして、このSkiftの記事では「OTAのダイナミックパッケージに対してパッケージの大きな利点の1つは、ツアーオペレーターがプロダクトとエクスペリエンスをエンドツーエンドでコントロールして、より高いレベルのサービスを提供できることである」と説く。そして「Ryanair会長のMichael O’Leary の発言『パッケージは終わった』は間違っている」と伝える。

 

この記事は、パッケージ離れが進んでいると言われている日本の旅行業界にとって、誠に参考になる話だ。 

 

4. DMOはグーグルに勝てるか」で登場する英DMOVisit Greenwichが、「自分たちが集めるローカルコンテンツは、Googleのお粗末な情報とは段違いだ」とえらい自信のほどを見せている。Googleより優れているとは俄かに信じがたい話ではあるが、DMOは本来、Visit Greenwichのようにならなければならないのだろう。日本では、GoogleDMOとも協力して地方の“町おこし”に積極的に取り組んでいる。

 

Visit GreenwichVR(仮想現実)やAR(拡張現実)のデバイスを旅行者誘致に活用すると言っている。そういえばFacebook925日、VR端末向けの新たなSNSHorizon」を2020年に始めると正式発表した。VRARが旅行にも広く使われるようになる時代がやってくるかもしれない。そうなれば、パーソナルなエクスペリエンスの旅行の新時代となる。(編集人)

 

海外事情 中国特集

海外事情 中国特集

 

これは、PhocusWire Daily が今年の2月、中国正月である春節のタイミングで編集した4つの記事にまたがる中国特集である。中国市場は、その巨大な人口をバックに2019年に1,900万人が国際旅行すると予測している。その49%が中華圏の香港・マカオ・台湾行きの旅行で、残りの51%がその他の海外旅行となる。最近の香港の社会的混乱と台湾への個人観光旅行の実質的全面禁止により中国人の海外旅行比率はますます高まるだろう。海外旅行では、韓国への旅行が韓国THAAD配備による影響で減少を余儀なくされており、日本旅行が漁夫の利を得る形で大きく中国人の訪日需要を伸ばしている(1月〜8月前年同月比 13.6%増)。

 

中国は、巨大なアウトバウンドを外交上のカードに使い始めている。日本だって、日中関係が何らかの影響でこじれたりすれば、あっという間に中国人の日本旅行が減少することになるだろう。事実、日韓関係悪化で訪日韓国人需要は8月に48%減少した(1月〜8月前年同月比 9.3%減)。

 

訪日4,000万人への道のりは国際政治の問題も介在して厳しいものがある。

(編集人)