ゴールデンウイークの旅客実績概観

 

201958

 

ゴールデンウイークの旅客実績概観

 

 

 

国内航空各社が発表した2019GW4/265/6)の旅客実績を概観した。

 

(注)各社数値をまとめた日刊航空の記事をもとにしています。(前年数値は変化率から逆算)

 

なおAirAsiaJapanはこれに含まれていない。

 

 

 

1.          概括

 

    期間中の旅客数は国内線が極めて好調で、前年同期比50万人増(+14%)で
搭乗率も大幅にUP。 特にこれまで比較的に低い搭乗率だった大手2社や中堅会社が向上したことで全社平均で88%に達した。

 

    国際線も供給増に需要が伴い(+4%)、84%という前年並みの高い搭乗率を
維持した。

 

    LCCの国内線旅客シェアは10%を前に、足踏み状態が続いている。

 

    JALANAを比較すると、対前年の旅客人数増は国内/国際ともにANAが上回ったが、増率ではJALが上回ってシェアを若干回復させた。

 

 

 

 

2.    図表でみるGWの各社旅客実績

 (国内線旅客シェア)              (国際線国内会社での旅客シェア)

 

ANA43%、JAL33%               ANA43%、JAL38
LCC
に厚い10%の壁               LCC18%のうち14%がANA系 
                        (PeachVanilla14%)


 

(各社の国内線搭乗率;%)    

 

     大手や中堅会社の搭乗率もほぼLCC並みのレベルを達成

 

     Peachと統合が決まっているVanillaは低調であった。

 

 以上

出版物のご案内

好評発売中!

 

当研究所の丹治隆主席研究員がこの度本を出版しましたのでお知らせいたします。

 

著書名 :「どこに向かう日本の翼---LCCが救世主となるのか---

 

出版:2019/09/30 晃洋書房

定価:2600円+税

 

 

好評発売中!

 

日本のオンライン旅行市場調査 第4版」 

 

フォーカスライトJapan(代表 牛場春夫)が、「日本のオンライン旅行市場 第4版」(全14章、220ページ)

を発行します。これは、2012年から2年おきに発行しているシリーズの最新版で、第4版ではダイナミックに変化し続けている2017年度の日本のオンライン旅行市場の概況をレポートしたものです。 

 

総合電子書籍販売サイBookWay―ブックウェイ―(https://bookway.jp/

 ・ BookWayヤフーショップhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/bookway/

 

定 価:

「電子書籍」販売価格13,900

「電子書籍+紙書籍」販売価格 18,500