ゴールデンウイークの旅客実績概観

 

201958

 

ゴールデンウイークの旅客実績概観

 

 

 

国内航空各社が発表した2019GW4/265/6)の旅客実績を概観した。

 

(注)各社数値をまとめた日刊航空の記事をもとにしています。(前年数値は変化率から逆算)

 

なおAirAsiaJapanはこれに含まれていない。

 

 

 

1.          概括

 

    期間中の旅客数は国内線が極めて好調で、前年同期比50万人増(+14%)で
搭乗率も大幅にUP。 特にこれまで比較的に低い搭乗率だった大手2社や中堅会社が向上したことで全社平均で88%に達した。

 

    国際線も供給増に需要が伴い(+4%)、84%という前年並みの高い搭乗率を
維持した。

 

    LCCの国内線旅客シェアは10%を前に、足踏み状態が続いている。

 

    JALANAを比較すると、対前年の旅客人数増は国内/国際ともにANAが上回ったが、増率ではJALが上回ってシェアを若干回復させた。

 

 

 

 

2.    図表でみるGWの各社旅客実績

 (国内線旅客シェア)              (国際線国内会社での旅客シェア)

 

ANA43%、JAL33%               ANA43%、JAL38
LCC
に厚い10%の壁               LCC18%のうち14%がANA系 
                        (PeachVanilla14%)


 

(各社の国内線搭乗率;%)    

 

     大手や中堅会社の搭乗率もほぼLCC並みのレベルを達成

 

     Peachと統合が決まっているVanillaは低調であった。

 

 以上

■4月5日

 

日本や世界の航空事業について諸々のデータから読み解く「マラソン講座」

の掲載を開始致します。

どうぞご期待ください。